防犯が必要とされる太陽光発電所に適した「らくらくメッキフェンス」

太陽光発電所の防犯フェンス

 

当店では、

全国1200ヵ所の太陽光発電所に導入されている、

防犯に適した「らくらくメッキフェンス」を販売しています。

 

太陽光発電所の防犯向け「らくらくメッキフェンス」

 

らくらくメッキフェンスは施工方法がシンプルなため、

短期間で設置ができ施工費用を抑えることができます。

また、資材価格も安価なので、

全国の太陽光発電所や屋外設備に防犯目的で数多く導入されています

 

お見積もりもとってもらくらくです!

商品ページの見積依頼フォームに、

フェンスの高さ、長さ、門扉の数、発送予定先などを入力して

送信してください。

ご指定の宛先(メール・FAX・郵送)へ後日見積書をお送りします。

 

また、自動で見積書を発行できる「自動見積作成フォーム」も

ご利用頂けます。

 

 

太陽光発電所には「防犯」の意識が重要


 

フェンスの設置されている太陽光発電所

 

ここ数年で、全国各地に多くの太陽光発電所が設置されました。

日本の発電事情においては、

今後も更に再生可能エネルギーの割合を増やす取り組みが進んでいます。

 

地熱や風力よりも、設置がし易く比較的費用の安い太陽光発電所は、

企業や個人が多く設置を進めています。

発電した電力の一部を家庭用として使用することはもちろん、

発電した電力の全量を売電してしまうパターンも多くあります。

 

FIT法による買取価格が設定されているため、投資目的での設置も多く、

今後も太陽光発電所は増え続けると予測されています。

 

 

 

フェンスの無い太陽光発電所

しかし、写真のように防犯フェンスや防犯カメラを設置していない

太陽光発電所は未だに多く存在します。

 

このような太陽光発電所では、太陽光パネルや電線などの

発電資材が盗難やイタズラの標的となる可能性があります。

そのため、防犯フェンスや防犯カメラを設置することが推奨されています。

 

また、発電設備は感電や崩落の危険もあるため、

人の立ち入りを制限することは

太陽光発電所の運営を継続していく上で

とても重要なことなのです。

 

様々な背景があり、改正FIT法によって

太陽光発電所へのフェンス設置が明記されました。

フェンスの設置は、上記のような防犯目的や侵入防止のため、ひいては安全のためとされ、

現在は全国の太陽光発電所にフェンスの導入が進められています。

 

太陽光発電所の各機材は、

とても高価なものばかりです。

太陽光パネル、パワーコンディショナー、架台など、

多くの資材が太陽光発電所には使われています。

 

太陽光発電所をイタズラや盗難から防ぐためにも、

しっかりと防犯をすることが求められているのです。

 

 

太陽光発電所の「防犯」に掛かる費用


通報システム

防犯を考えた場合、防犯カメラや防犯センサーの設置をする方も多くいます。

しかし、これらのシステムを導入するには

それなりの金額の初期費用と、その後のランニングコストが掛かります。

 

例えば、年間¥1,000,000の売電収入が得られる太陽光発電所を運営していて、

年間¥200,000の防犯システム維持費が掛かってしまっては、

太陽光発電所を運営する意味が少なくなってしまいます。

 

そのため、できるだけ費用を抑えつつ、

太陽光発電所の防犯をすることが求められています。

 

 

太陽光発電所の防犯には「フェンス」が最適


そうなると、太陽光発電所の防犯をするためには、

フェンスを設置することが最も適しています。

 

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(メガソーラー)

【太陽光発電所に設置されている防犯フェンス①】

 

太陽光発電所などの屋外設備防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

【太陽光発電所に設置されている防犯フェンス②】

 

 

そういった背景もあり、

太陽光発電所の防犯として一番多く導入されているのは、

敷地の周囲に設置する防犯フェンスです。

 

ある程度耐久性の高い防犯フェンスを設置すれば、

長期間の防犯として利用することができます。

また、ランニングコストもそれほど掛からないため、

多くの太陽光発電所は防犯としてフェンスを導入しているのです。

 

太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」


SN3U0416

 

らくらくメッキフェンスを太陽光発電所に導入

太陽光発電所の防犯で導入されている「らくらくメッキフェンス」

 

 

当店で販売している太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は、

基礎工事の必要無い、省コストで設置可能な防犯フェンスです。

太陽光発電所の侵入やイタズラ対策の防犯フェンスとして、

全国各地に設置されています。

 

 

らくらくメッキフェンスは、北海道から鹿児島まで、

全国各地の太陽光発電所に導入されています。

その理由は、施工のしやすさ、フェンス本体資材の価格の安さ、耐久性の高さなどにあります。

 

 

らくらくメッキフェンス設置方法

フェンス設置の主な4工程①~② フェンス設置の主な4工程③~④

 

 

このようにシンプルな工法なので、

特別な工事は必要ありません。

基礎ブロックなどの基礎工事に使う資材が不要なので、

短期間で防犯フェンスを設置することができます。

そのため、

防犯フェンスの設置に掛かる費用を大幅に抑えることができるのです。

 

 

本体価格の安さ

らくらくメッキフェンスは、一般的なメッキフェンスに比べ

約半額くらいの金額となっています。

価格を抑えられるのは、資材を大量生産することで

生産コストを抑えているためです。

 

 

強度の高さ

らくらくメッキフェンスは強度試験を行っており、

かつ国内の工場で生産されています。

高強度かつ国内生産品として、安心してご利用頂けます。

 

太陽光発電所を長期間安定して運営をするため、

より安全で安心なフェンスを導入することが重要です。

 

Fieldsaver.comは、らくらくメッキフェンスの生産&販売をつうじて、

全国の太陽光発電所の運営を防犯の面からサポートしていきます。