• ご相談・お見積もり無料
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • フェンス注文申し込み書を発行

「ハイクカムLT4G」撮影データ送信型・屋外防犯トレイルカメラ

商品番号 hy0008
販売価格 ¥ 74,580 税込
送料込
撮影データ送信型・屋外防犯トレイルカメラ「ハイクカムLT4G」 (必須)

 

 

ご購入前にこちらの「注意事項」を必ずお読みください。

※ハウジング(ボディ)が改良され、防水キャップ・セキュリティボックスの仕様が変更になっております。

【ご注意】防水キャップ・セキュリティボックスの使用について(PDFファイル)

※こちらの商品は【ハイクカムLT4G本体のみ】です。

【ハイクカムLT4G SIMカード付】はこちら

 

センサー撮影した動画や静止画をメール送信。通信速度が大幅にアップした屋外防犯トレイルカメラです。

ハイクカム LT4G 商品説明

ハイクカム LT4Gは高速LTE通信に対応した乾電池式のIoTセンサーカメラです。

撮影した画像・動画データは設定したメールアドレスに送信され、外出先でもスマホやタブレット、パソコンなどで確認することができます。
最新プラットフォームとLTE高速通信モジュールを搭載し1920x1080PフルHD動画撮影に対応、最大解像度1200万画素の静止画を無線送信することができます。
最大60秒(QVGA)までの動画※1を無線送信でき、フルHD動画送信も可能※2です。

ハイクカム製品はユーザーの声を反映しファームウェアの無償アップデートにより次々と機能追加、性能向上していく「進化するトレイルカメラ」です。 ハイクカムLT4Gの新機能「専用高利得ワイドアンテナ」は、これまでのアンテナよりも高感度でNTTドコモのLTE/FOMAエリアをカバーします。
また、NTTドコモ相互接続性試験をクリアし、NTTドコモIoTプランをサポートしました。

ハイクカムLT4Gはお客様の通信環境に合わせた初期設定済みで納品しております。製品到着後、面倒なネットワーク設定なしでカメラのメニュー上でメールアドレスの設定を行っていただくことで、すぐにご使用いただくことができます。
※1 QVGA(320x240P)設定時。条件により異なる
※2 フルHD(1920x1080P)の場合、最大10秒間(25MBまで)

ハイクカム LT4Gの特長

ハイクカム LT4Gの主な特長

  • 新機能!LTE高速通信モジュール(Band19対応)搭載
  • 新機能!自動時刻同期機能
  • 新機能!GPS情報Exif付与機能
  • 新機能!高利得LTEワイドアンテナ
  • 音声付 1920x1080P フルHD動画撮影&無線送信
  • カメラ情報レポート機能
  • ファームウェア更新により機能を続々追加
  • 専用スマホアプリで遠隔操作、撮影、設定変更
  • トリガースピード0.65秒&リカバリータイム2秒
  • 防塵防水規格 IP65を取得
  • オプション※で最大1年間稼働
    ※外部バッテリー併用時

通信SIMカードについて

ハイクカム LT4Gの通信機能を利用するためにはSIMカードのご契約が必要です。

SIMカードをまとめてご購入の場合は、下記商品ページよりご購入ください。

ハイクカムLT4G SIMカードセット(SMS機能有り)

LTE高速通信モジュール搭載

ハイクカム LT4GはNTT DocomoのLTEエリアをサポートし、同エリア内で高速通信を行うことができるようになります。
通信の高速化により1データの送信に要する時間を従来モデルより大幅に短縮し、消費電力を軽減します。
また、山間部に強いLTE(4G) Band19およびFoma(3G)プラスエリアに対応、電波が届きにくい場所に強い電波をサポートしています。

山間部に強いLTE エリア Band19/28をカバー

ハイクカム LT4Gは山間部に強いLTE(4G)プラチナバンド Band19、Band28およびFoma(3G)プラスエリアに対応。
山林内で使用するカメラだから日本で一番広いNTTドコモのエリアをカバーし電波が届きにくい場所に強い周波数帯をサポートしています。
下記の画像の紫色(LTE 800MHzプラチナバンドエリア)でも高速通信が可能で、ピンク色(FOMA/FOMAプラスエリア)でも通信が可能です。
※下記の画像はNTT Docomo 2019年8月25日更新のエリア画像です。
 最新マップはコチラからご参照ください。

▼画像をクリックして拡大
ハイクカム通信マップ

ハイクカム 前モデルとの通信スペック比較

自動時刻同期機能

ハイクカム LT4Gは毎週日曜日午前3時に自動的にインターネット時刻を取得してカメラに反映させます。電池残量が少なくなり、低電圧による時計の狂いを解消し、日時設定を忘れて現場に設置してしまった場合も1週間以内に正しい日時へ自動更新することが可能になりました。

高利得LTEワイドアンテナ

ハイクカム LT4GはLTE対応の高利得ワイドアンテナを採用しました。
より高い感度かつ広い範囲をカバーし、安定した電波受信が可能になりました。

スマホアプリで遠隔操作

ハイクカム LT4G/CL4G用のiPhone / Androidアプリ HykeWorksでカメラのほぼ全ての設定変更ができるようになりました。 例えば今すぐ撮影して送信する「撮影&送信」、静止画モードを動画モードに変更、撮影時間を指定するスケジュール設定、タイムラプス撮影設定や送信するメールアドレスの追加、削除など。 その他にアプリでカメラを設置した場所をGoogleMap上に記録、カメラ設定を仲間と共有する機能を追加しました。カメラを設置した現場が遠方でも高山帯でもスマホから自由にハイクカムを操作することができます。

GPS情報Exif付与機能

カメラメニュー上で設置するカメラ毎に緯度経度を設定できるようになりました。GPS情報は画像のExifに書き込まれ、どこで撮影した画像かをGoogleMap上などで確認することが可能です。

※Exifに追加される画像はオリジナルサイズ(300-1200万画素)のみです。圧縮した送信画像には付与されません。

最長60秒間の動画無線送信をサポート

 

ハイクカム LT4Gは、LTE高速通信モジュールにより、上り通信速度最速50Mbpsを実現。前モデル SP4Gでは不可能だった60秒間(QVGA)の動画送信が可能になりました。また、同じサイズの画像を送信する場合でも前モデルと比較して短時間で送信が完了するため、大幅な省電力化も実現しました。
※低速SIMカードプランでは送信不可

NTTドコモ LTEエリア(4G)・FOMA/FOMAプラスエリア(3G)を利用し、LT4Gで撮影した画像をサーバ経由で設定したメールアドレス宛に画像を添付して送ることができます※1。
NTTドコモ エリア圏外の場所では通信機能はご利用になれません。

※1. LTE高速通信にはLTEをサポートしているSIMカードのプランが必要です。

 

無線送信が可能なデータサイズ

無線送信が可能なデータサイズは以下の通りです。(※)

 

【静止画】
1200万画素、800万画素、500万画素、300万画素、120万画素(1280x960)、30万画素(640x480)

【動画】
フルHD(1920x1080P)、HD(1280x720P)、WVGA(800x480)、QVGA(320x240)

※ 送信できる1本のデータ容量は最大25MBです。

<20MBの目安>
フルHD(1920x1080P)設定 約10秒間 / HD(1280x720P)設定 約20秒間 / 
WVGA(800x480)設定 約30秒間 / QVGA(320x240)設定 約60秒間

※1)低速SIMカードプランは、大容量データ(最大10MB)の送信が出来ません。
※2) 撮影したデータをサーバーにアップロードしようとしますが、低速のためタイムアウトしてしまいます。

送信時間テスト

送信時間テスト

※当社レンタルSIMカード使用時(SIMカードの通信速度により異なります)

25MBを超えた動画を送信する設定(例:フルHD 20秒動画)にした場合、LT4Gはメールにて通知した後、自動的に10MB以下の動画サイズ WVGA 10秒設定に変更するスマートビデオレングス機能を搭載しております。

1920x1080P フルHD音声付動画撮影

ハイクカム LT4GはフルHD動画をサポートしました。トレイルカメラとしては最高クラスの解像度となり、非常にきれいで滑らかな動画を撮影します。

静止画+動画+静止画送信モード

ハイクカム LT4Gは静止画+動画モードにより、
【1】 静止画撮影(1-10枚)
【2】 動画撮影(1-30秒)
【3】 1で撮影した静止画(最初の1枚)をメール送信
することが可能です。

このモードにより、カメラが静止画と動画を撮影したことがメールで通知され、その時の画像も報告される非常に便利な機能です。動画はもちろんSDカードに保存され、後ほど確認することができます。

カメラ情報レポート機能

撮影したデータを添付するメールの本文に、以下のカメラの状況を毎回レポートしてくれます。
現場に行かずに現場の様子やカメラの状況がわかる新機能です。
1. 撮影日時
2. 電波状況
3. 電池残量
4. 気温(℃)
5. 合計撮影画像数・動画数
6. SDカードサイズ・SDカード空き容量

カメラ情報レポート機能

格安SIM(MVNO)に対応

LT4GはNTTドコモ系格安SIMカード(MVNO)に対応。MVNO SIMカードを利用することで月々コストを大幅に安くすることができます。動作確認済みのSIMカードについてはこちらをご参照ください。

格安SIMカード

※FREETELおよびSORACOM SIMは従量課金のため動画送信には不向きです。
※各SIMプロバイダー(MVNO)により、カメラのAPN設定が異なります。

データ使用量の目安

データ使用量の目安
※FHDは10秒動画で約20MBと10MBを超え、送信できないため5秒間動画で計算

 

トリガースピード0.65秒


トリガースピードは、センサーが対象物を感知してからシャッターを切る、もしくは録画をはじめるまでの時間です。ハイクカムLT4Gは、トリガースピードが0.65秒と、感知から撮影までのタイムラグを大幅に短くしたことで撮影成功率を上げることができます。

リカバリータイム 2秒

リカバリータイムはカメラが撮影を終えてから次の撮影準備ができるまでの回復時間です。実際には下記の処理をカメラ側で行っております。
1. 低下したバッテリー電圧の回復
2. フラッシュの回復
3. 撮影された画像、映像のSDカードへの保存
通常、これらの処理には10秒以上のリカバリータイムを要します。
ハイクカムLT4Gは、高速処理チップを内蔵しているので、高画質であるにも関わらず、動画モード時は2秒以内で次の撮影に移ることができます。リカバリータイムが短いことで対象を逃さず、より多く撮影できます。

日本語表示


ハイクカムは全てのメニューを日本語化しています。英語が苦手な方でも分かりやすくお使いいただけます。

送信画像属性データ

送信される画像の下の帯に様々なデータを付与しています。

ハイクカム LT4Gから送信されてきた画像には下記のデータが表示されています。

1.カメラID

カメラのメニューで5バイトまでの任意のIDを設定できます。IDを付与することで、どのカメラで撮影された画像かを判別することができます。


2.撮影モード

M=モーション(センサー撮影画像)、T=タイムラプス(周期撮影画像)、S=SMS(SMS遠隔操作撮影画像) E=イベント


3.日時

年/月/日/時間 撮影された日時が付与されます


4.温度(℃)


5.カメラの電池残量

メールで送信されてきた画像から4段階でカメラの電池残量を知ることができます。

画像右下の電池残量表記が減っていき、電池交換時期を画像から判断することができます。

タイムラプス スケジュール機能

タイムラプスモードでは長期間設置してその土地の変化を記録し、コマ送り動画を作成することができます。
また、ハイクカムLT4Gは、センサー撮影・タイムラプス撮影の2つのモードを2パターンのタイムスケジュールで組むことができます。これにより今までできなかった動物が通った時のモーション感知撮影と定点観測を時間毎に使い分けることが1台で可能になります。

省電力設計&外部バッテリーオプション

ハイクカム LT4Gは前モデル SP4Gより待機電力が約30%(SMSオフ時)省電力になりました。さらに通信速度が上がったため、同じサイズのデータを送信する時間も短縮されたことで通信時も省電力になりました。 
テスト結果:新品アルカリ12本使用時 1分間タイムラプス 昼夜半々
【静止画送信モード時】

・30万画素設定時 約5000枚送信
・130万画素設定時 約3000枚送信

また、より長期間動作させるためにオプションの外部バッテリーと組み合わせて最大15倍の動作時間を延長させることも可能です。
単1電池バッテリーボックス EX24C-6V

 

 

防塵防水規格 IP65を取得

ハイクカム SP2/SP4G/LT4Gは国内の防塵防水テスト認定機関において[IP65]を取得し、野外での長期設置に確かな防塵防水性能があることが証明されました。

※試験の様子

 

ハイクカム LT4G取扱説明【動画】

1.基本情報【取扱説明】

※サイズ、各部分の名称などをわかりやすくご紹介いたします。

2.初期設定【取扱説明】

※トレイルカメラを使用する前の設定や準備の説明をいたします。

3.通信設定【取扱説明】

※通信設定することで遠隔地での画像の受け取り、遠隔操作ができるようになります。

構成品

ハイクカムLT4G 構成品

・ハイクカム LT4G 本体
・高感度ワイドアンテナ (ゴムパッキン付)
・樹木取付用ストラップ
・USBケーブル
・日本語マニュアル

※ハウジングが改良されより使いやすくなりました。

オプション

ハイク 防水キャップ付き ※オプション

【ご注意】防水キャップ・セキュリティボックスの使用について(PDFファイル)

 

新ハウジングへの変更に伴い、防水キャップ・セキュリティボックスも新タイプになりました。
新ハウジングのハイクカム SP2/LT4Gには新ハウジング対応のハイク防水キャップ・セキュリティボックスをご使用ください。
 (旧)カメラ本体 + (旧)防水キャップ・セキュリティボックス → 〇
 (新)カメラ本体 + (新)防水キャップ・セキュリティボックス → 〇
 (旧)カメラ本体 + (新)防水キャップ・セキュリティボックス → ×
 (新)カメラ本体 + (旧)防水キャップ・セキュリティボックス → ×

 

ハイク防水キャップは、カメラの防水性を高め大雨や台風による浸水故障率を大幅に軽減できるハイクカム専用オプションです。 自動撮影カメラ(トレイルカメラ)の故障の約7割は、雨の浸水による基板上の部品のサビによるものです。ハイク防水キャップを装着することで、故障率を大幅に軽減することができます。

ハイクカムSP2 防水キャップ

 

セキュリティパッケージ ※オプション

新ハウジングへの変更に伴い、防水キャップ・セキュリティボックスも新タイプになりました。
新ハウジングのハイクカム SP2/LT4Gには新ハウジング対応のハイク防水キャップ・セキュリティボックスをご使用ください。
 (旧)カメラ本体 + (旧)防水キャップ・セキュリティボックス → 〇
 (新)カメラ本体 + (新)防水キャップ・セキュリティボックス → 〇
 (旧)カメラ本体 + (新)防水キャップ・セキュリティボックス → ×
 (新)カメラ本体 + (旧)防水キャップ・セキュリティボックス → ×

 

セキュリティボックスとパイソンロック5mmを追加したセキュリティパッケージ(+8,700円/税別)です。
簡単には切断できないパイソンロックをスチール製で強固なセキュリティボックスの穴に通してカギをかけることでカメラが取り外せなくなり、盗難やいたずらを防止します。

ハイクカムLT4G セキュリティボックス

ハイクカムLT4G セキュリティボックス

ACアダプター ※オプション

電源の取れる環境であれば、乾電池が不要なACアダプターセットがオススメです。

ハイクカムSP2 ACアダプター

 

ダイレクトカメラブラケットセット ※オプション

自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を直接取り付け、樹木へ固定するダイレクトカメラブラケットセット(+8,800円/税別)です。水平角最大60°(樹木に対してネジを垂直にした状態)、傾斜角最大180°と調整幅が大きく、高い位置からカメラを下向きに設置する用途に適しています。

ハイクカムLT4G ダイレクトカメラブラケットセット

外部バッテリーオプション(※別売り)

ハイクカム専用外部バッテリーと組み合わせて動作時間を延長させることも可能です。

単1電池バッテリーボックス EX24C-6V

単1電池バッテリーボックス EX24C-6V
単1電池24本を設置してトレイルカメラの動作時間を大幅に伸ばすことができる外部電源装置です。


単1電池バッテリーボックス EX24C-6V

ハイク コンプリートバッテリーシステム
ソーラーパネル+大容量バッテリーでトレイルカメラの動作時間を大幅に伸ばすことができる外部バッテリーシステムです。

仕様

特徴
  • LTE高速通信モジュール(Band19対応)搭載
  • 自動時刻同期機能
  • GPS情報Exif付与機能
  • 高利得LTEワイドアンテナ
  • 音声付 1920x1080P フルHD動画撮影&無線送信
  • カメラ情報レポート機能
  • ファームウェア更新により機能を続々追加
  • 専用スマホアプリで遠隔操作、撮影、設定変更
  • トリガースピード0.65秒&リカバリータイム2秒
  • 防塵防水規格 IP65を取得
  • オプションで最大1年間稼働(外部バッテリー併用時)
撮影対象 人間 車両 中型・大型哺乳類
対応撮影方法:静止画、動画、静止画+動画
おススメ用途:屋外の防犯 中型・大型哺乳類の動物相モニタリング
サイズ 【ハイクカムLT4G】
・幅120×高さ150×奥行72mm(+アンテナ高170mm)
・重さ 450g(バッテリー含まず)

 

【ハイク防水キャップ】※ハイク防水キャップ付きに付属
・サイズ(外径)横 162 x 縦 35 x 奥行 90mm
・重量 160g
・素材 シリコン

 

【セキュリティボックス】※セキュリティパッケージに付属
・スチール製
・外径 縦 170(195) x 横 135 x 奥行 80mm
・重量 1kg

 

【パイソンロック】※セキュリティパッケージに付属
・長さ(ケーブル部)180cm
・太さ(直径)5mm

 

【ダイレクトカメラブラケット】
※ ダイレクトカメラブラケットセットに付属
・サイズ 85x80x50mm(ネジ長含まず) 
・重量 220g(本体のみ) 
・ストラップ 25x1800mm 
機能
  • 照射ライトの種類:940nm赤外線ノーグローライト
  • フラッシュ照射距離:20m
  • F.O.V(画角):52°
  • 静止画:昼間(カラー)・夜間(白黒)
  • 動画:昼間(カラー)・夜間(白黒)
  • センサー有効範囲:最長25m/最大50°
  • トリガースピード(※1):0.65秒
  • センサーインターバル(※2):0秒~60分で設定可能
  • リカバリータイム(※3):静止画、動画ともに2秒
  • タイムラプス撮影:あり(30秒, 1, 3, 5, 10, 20, 30分, 1, 2, 3, 4, 6, 8, 12, 24時間)
  • スケジュール機能:あり(1日に2通り)
  • 録音機能:あり (オン/オフ可)
  •  

  • 静止画画素数:1200万画素/1000万画素/800万画素/500万画素/300万画素から選択可能
  • 連写可能枚数:1~10枚(静止画+動画モード時:1枚)
  • 静止画記録形式:Jpeg
  • 動作時間目安[静止画]:最大 25,000枚
  • 動画サイズ(px):QVGA 320×240/WVGA 800×480/HD 1280×720(30fps)/フルHD 1920×1080(30fps)ピクセル
  • 動画記録時間:5, 10, 20, 30秒, 1分
  • 動画記録形式:MOV
  • 動作時間目安[動画]:最大 2,500本(10秒動画設定)
  •  

  • 記録媒体:SD/SDHCカード 最大32GB (Toshiba/SanDisk推奨)
  • モニター:2.0インチカラーディスプレイ
  • 撮影データ確認種類:静止画、動画
  • バッテリー(乾電池本数):6V 単3電池4本×3組=最大12本
  • 外部ポート:電源ポート(6V DC) / miniUSB (マスストレージ)
  • メニュー画面言語:日本語、英語切替可能
  • カメラネジ:あり(カメラ下部)
  • 防塵防水規格:IP65
  • 製品保証:ご購入日より1年間

 

※1:センサーが対象物を感知してから、シャッターを切る、もしくは録画をはじめるまでの時間差を表します
※2:センサー反応後、次にセンサーを有効にするまでの時間間隔(設定可能)
※3:撮影終了後、次の撮影準備ができるまでのカメラの回復時間(設定不可)
通信
  • 撮影データ無線送信機能:あり(静止画・動画)
  • 画像無線送信方式:メール送信
  • 無線送信画像サイズ:30/130/300/500/800/1000/1200万画素
  • 無線送信動画サイズ: 最大25MB QVGA 約60秒間/ WVGA 約30秒間/ HD 約20秒間/ フルHD 約10秒間
  • SMS遠隔設定機能(※4):あり (iPhone/Androidに対応)
  • 専用アプリ:HykeWorksアプリ (iPhone/Android)
  • SIMカード:標準サイズ/NTT docomo系MVNO対応
  • 4G:LTE(B1/B3/B19/B28)/ 3G:FOMA&FOMAプラスエリア
  •  

    ※4:LT4Gとスマホ両方ともSMS送信できるSIMカードである必要あり SMS送信料は別途1送信につき2~3円かかります。

     

    ※記載の数値はメーカー仕様書または実験によるものです。  使用環境によっては記載内容と異なる場合があります。
注意事項
  • 無線送信機能はフィーチャーフォン・キャリアメール(docomo/au/Softbankメールアドレス)には対応していません。
  • 本製品の通信可能環境は、NTTドコモのLTE/FOMAエリア圏内となりますが、同圏内であっても電波の状況等によっては、通信ができない場合があります。
  • 電池、メモリーカードは付属していません。別途ご用意下さい。
  • 大雨や多湿などは避けてください。野外での使用を前提とした仕様となっておりますが、大雨や多湿といった水の影響を大きく受ける環境下では、カメラ内部が浸水する可能性があり、カメラの故障の原因となります。
    よって水の影響を大きく受ける環境は避けて設置することをお勧めします。
    ※浸水による故障は、保証の対象外となります。
  • カメラを設置する際には、設置目的等を明確にした標識等も一緒に設置することをおすすめします。
    ※通信機能の付いたトレイルカメラを利用する場合、SIMカードの契約やカメラ設置環境の電波状況の確認、遠隔操作による撮影や設定変更が問題なく行えるかなど、 事前にチェックしなくてはいけない事項が多くあります。
    そのため、トレイルカメラを購入してから実用するまでの調整期間として1ヶ月程度のテスト期間を設けることをお勧めいたします。
    ※商品の外観・仕様・価格などは商品改良のために予告なく変更することがありますので、あらかじめご了承ください。