太陽光発電所の事業化事例【企業ビルの屋上に太陽光パネルを設置】

東日本大震災の教訓を生かし、

津波からの非難場所として企業のビルを使用する

「津波避難ビル」という認定が進められているそうです。

 

そういったビルの屋上に太陽光パネルを設置し、

災害時にも電力を供給する機能を持たせるという

新たな事業例が最近になって生まれたそうです。

 

 

 

 

 

 

企業ビルの屋上スペースに太陽光パネルを設置することで、

普段は社内の照明やOA機器に電力を使うことができ、

災害時は蓄電池を使うことで非常用電源の確保ができるというシステムです。

 

企業としては、環境に配慮したエネルギー供給と、

地域の避難場所としての非常電源確保という、

多くの意味を持つ優れた事業と言えるのではないでしょうか。

 

 

ライン 黄緑①

 

 

【Fieldsaver.com】の販売製品

らくらくメッキフェンス 紹介画像①

省コスト&高耐久の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」