太陽光パネルは国内・国外の多くのメーカーが販売しています

 

ここ数年で急速に普及した太陽光発電所には、

多くの太陽光パネルが使用されています。

 

ちなみに太陽光パネルですが、

一体どれくらいの企業が生産をしているのでしょうか?

 

太陽光発電所の専門誌の巻末にある問い合わせ一覧を見ると、

メーカーの数は国内海外併せて、60社以上も掲載されていました。

 

太陽光パネルの国内メーカーといえば、

パナソニックやシャープといった大手電機メーカーや、

三菱、京セラ、東芝といった有名企業も多く手掛けています。

 

一方、価格帯が安く太陽光発電所に導入しやすいと言われる

海外メーカーですが、

中国や韓国といったアジア企業や、ドイツやノルウェーといった物づくりに定評のある欧州など、

こちらも様々なメーカーが存在しています。

 

これだけ多くのメーカーがしのぎを削る太陽光パネル市場は、

どのメーカーも次世代の太陽光パネルの開発に意欲的です。

 

どれだけ発電効率を高められるか。

どれだけ軽量化できるか。

どれだけ薄型にできるか。

どれだけコストを抑えられるか。

 

あらゆる課題をクリアし続けることで、

今後の太陽光発電は今以上に便利になると思います。

 

今では遊休地や一軒家の屋根などが、

太陽光パネルの設置に必須条件でした。

今後は太陽光パネルの小型化や発電の効率化により、

小さなスペースでも多くの発電が期待できます。

 

マンションやアパートといった限られた居住空間においても、

多くの人が太陽光発電を導入できる時代が来るかもしれません。