太陽光発電における周囲フェンスの重要性

ここ数年で急速に普及した太陽光発電。

規模の大小にかかわらず、

休閑地や私有地を活用し、

発電を収益につなげられる新たな資産形成は

多くの人に注目されています。

 

 

20年前に比べると、

太陽光発電システムの導入コストは

十分の一程度まで下がったようですが、

それでも1kwあたりの設備導入には

¥200,000~300,000程度の予算が

必要となります。

 

高価な設備であり、電気を扱うキケンな設備です。

安易に他人が触れることのないよう、

太陽光発電システム周りには

立ち入りを制限する囲いを設置することが

推奨されています。

 

 


「一般社団法人 太陽光発電協会」

10kw以上の一般用電気工作物太陽光発電システムの

基礎・架台の設計・施工のチェックリストと留意点【第1.6項より】

 

地上設置型は発電所内へ人の立ち入りを制限することが必要です。

ただし、農地に設置する場合は特定行政庁と協議を行ってください。

地上設置の場合「メンテナンスを除いて架台下の空間に人が入らない」

ことが外形的に判断できる場合として

・太陽光発電設備の最高の内法高さが1.4メートル以下である場合

・太陽光発電設備の周囲に囲いが設置される等の

立入り禁止措置が講じられている場合

人の侵入を防止する囲いを設置することが好ましいと言えます。


 

 

このように、10kw以上の地上設置型太陽光パネルにおいては、

周囲に柵やフェンスを設けることが望ましいとのことです。

 

人が立ち入ってしまうと、

感電や太陽光パネルの崩落といった重大な事故につながるリスクがあります。

また、盗難やイタズラといったリスクもあるので、

双方の対策として侵入防止対策が必要となります。

 

 

一方で、フェンスを設置するには

それなりの費用が掛かるため、

太陽光発電システムの所有者の多くは

頭を悩ませています。

 

フェンスの設置に掛かる費用は

こちらのブログにもまとめてありますので、

参考までにご覧ください。

参考ブログ:フェンスの工事費を抑えることのできる「らくらくメッキフェンス」

 

 

太陽光発電システムの防犯対策としてフェンスは必要ですが、

できればのフェンス設置に掛かる諸々の費用を抑えたいと皆さんは考えています。

 

その際、考えられることとしては

 

①フェンス本体の購入費用を抑える

②フェンス設置に掛かる工事費用を抑える

 

この2点をクリアできれば、

フェンス設置に掛かる合計費用を

およそ1/2まで抑えることができるのです。

 

一般的なメッシュフェンスよりも本体価格が安く、

かつ基礎工事が必要無いタイプのフェンスは

太陽光発電システム周囲だけでなく、

多くの屋外設備周囲でも設置されています。

 

 

パネル式・簡易区画フェンス-002--06 パネル式・簡易区画フェンス-002--08

 

SN3U0414

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

 

従来のメッキフェンスに比べ格安であり、

地面に杭を打ち支柱を立てる仕様なので、

基礎工事が必要ありません。

そのため、設置に掛かる費用を

およそ半分に抑えることができるのです。

 

大切な設備や資産を守るため、

当店は防犯フェンスや防犯カメラで皆さまをサポートします。