フォークリフト・ゴルフカート 夏場の猛暑対策用冷却ミスト装置「エヴァポ・クーラー」

「最終更新日:2021年4月1日」

フォークリフト・ゴルフカートの熱中症対策向け冷却ミスト装置「エヴァポ・クーラー」

 

当店では、夏場の猛暑対策としてフォークリフトやゴルフカートに取り付けるミスト発生装置「エヴァポ・クーラー」を販売しています。

空調の効かない屋外での作業やレジャー向けに、エヴァポ・クーラーは企業中心にあらゆる場所へ導入が進んでいます。

企業が従業員に対する労働環境改善にはもちろん、レジャー施設の利用者の熱中症対策や利用満足度にも貢献できます。

 

 

※エヴァポ・クーラー本体

 

フォークリフトやゴルフカートの猛暑対策「エヴァポ・クーラー」

 

 

 

近年増加する猛暑日・平均気温の上昇

 

 

猛暑日の増加

ここ10年くらいで、夏場に35°以上を記録する「猛暑日」がとても多くなりました。

特に全国の都市部における観測場所のデータでは、札幌や新潟以外の都市部は目に見えて増加傾向にあります。屋外で業務をする人にとって、昔に比べて夏場は特に辛い環境となっていると思います。

参照HP:大都市における猛暑日日数の長期変化傾向

 

 

平均気温の上昇

猛暑日が増えたということは、過去に比べ平均気温が高くなったことが原因に挙げられます。昔に比べスキー場の積雪が少なくなったり、夏の暑さが過酷に感じるのは、決して気のせいではありません。

欧米の各地でも熱波による被害が増えており、地球温暖化は日本のみならず、世界的な環境問題となっています。

参照HP:日本の年平均気温偏差の経年変化(1898〜2020年)

 

 

こういった時世であることから、暑さの厳しい夏場に対する姿勢も年々変わってきました。できる限り涼しい室内で過ごすことや、猛暑対策グッズを積極的に取り入れる等、猛暑対策を取る企業もとても増えているかと思います。

 

一方で、業務の性質上どうしても屋外の作業が発生してしまう業種も少なくありません。例えばフォークリフトでの作業が必要となる、工場や配送センターなども、暑さ対策が必要な業種と言えます。

猛暑から身を守るのは、働いている人たち本人の対策も重要ですが、やはり企業側が積極的に対策に取り組むことも重要です。

 

 

夏場のフォークリフト作業には猛暑対策が必須

 

気温だけではない、フォークリフト作業で熱中症を起こしやすい理由

フォークリフトの作業は、工場・配送センター・市場などで行われていることが多いです。室内と屋外を行き来する多く、そのような環境下ではずっと空調の効いた室内で作業ができるわけではありません

作業が室内だけに限らないことが、フォークリフト作業が暑さを避けられない理由の一つです。

また、ヘルメットや作業着を装着することにより、より暑くなってしまうことも理由に挙げられます。ただ、こればかりは安全上の対策のため、疎かにすることはできません。今ではヘルメットや作業着にも暑さ対策を施した製品も増えており、様々な付加価値が生まれています。

 

 

運転席と相性の悪い「空調タイプ作業着」

猛暑対策として、作業着に空気を送り込むタイプの製品を使っている企業も多くあります。今ではホームセンターなどでも目にすることが多くなった製品です。

確かに通常の暑さ対策であれば、効果的な方法ではあります。ただ、フォークリフトの利用者によると、フォークリフトの場合では必ずしも涼しくなるわけではないそうです。

 

というのも、フォークリフトの場合は運転席に座ることで、作業着に取り付けられている空気吸入口が塞がれることがあるそうです。そのため、立ち仕事などに比べると、空気を取り込む量が少なくなってしまうそうです。

作業の性質によって、猛暑対策グッズもより適切なものを選ばなくてはなりません。

 

 

熱中症による症状

熱中症になった場合、立ちくらみ、呼吸や脈が速くなる、頭痛、めまい、吐き気などを起こします。そのため、予め適切な猛暑対策・暑さ対策をしないと、結果的に業務に支障を及ぼしてしまいます。

業務の運営をより安定させ、生産性を維持するためには、暑さで体調を崩さないように少しでも効果的な対策を講じた方が良いと思われます。

 

 

 

このように、フォークリフトや小さな建機を使う場合、業務の性質により屋外での作業がどうしても発生します。その結果、熱中症を引き起こしやすくなります。

もちろん熱中症は屋内でも発生しますが、やはり気温の高い屋外や身体を動かしている時にこそ一層の注意が必要なのです。

 

 

ただ、熱中症の危険性は仕事に限った話ではありません。

 

スポーツやトレッキング、キャンプや海水浴など、レジャーの多くは屋外で行われます。中でもゴルフは、激しい運動ではない一方で、直射日光を多く浴びやすいスポーツと言われています。

そのため、夏場のゴルフ場も、熱中症の多いシチュエーションの一つとして挙げられます。

 

 

夏場のゴルフ場は直射日光に注意

 

日陰の少ない環境のため直射日光を浴びやすい

天気の良い日のゴルフはとても気持ちいいものですが、夏場となると途端に過酷な環境となります。

実際にゴルフ場の多くは、夏場の営業期間に何度か救急搬送が行われるそうです。その原因の多くは、熱中症によるものだと言われています。

 

 

ゴルフにおいて熱中症の危険を高めるのは、広く開けた環境であるため、コースの主となる部分のほとんどに日が差していて、日影が少ないこととされています。そのため、暑くても涼を取ることがしづらい環境と言えます。

例えば、こまめにカートに戻って日差しから身を守ったり、日傘を差したりするだけでも熱中症の予防には繋がります。

 

 

まとまった休憩が取りづらい

また、ゴルフコースを回る際は、前後のプレイヤーにも配慮をしないといけないため、速やかなプレーが求められます。

そのため、ゆっくりと休む時間は9ホール回った後の昼休憩くらいで、午前と午後の2時間ずつくらいは、炎天下でのプレーが求められる状況となります。

できるだけ速やかなプレーを、暑さ対策をしながら行うというのは、慣れていないと難しいと思われます。ゴルフコースによっては、毎年夏場に何回か救急車を呼ぶ事態となるそうですので、プレーの際はしっかりと事前に暑さ対策をしましょう。

 

ただ、こまめな水分補給をしていたとしても想像以上の暑さで体調を崩すこともあるため、少しでも涼しい環境を整えることが熱中症を防止する最も効果的と言えます。

 

 

このように、仕事においてもレジャーにおいても、夏場は適切な猛暑対策が求められます。

 

当店Fieldsaver.comでは、フォークリフトやゴルフカートなどの「気密性の無い車両」に取り付けることのできる冷却装置「エヴァポ・クーラー」を販売しています。

夏の暑さ、猛暑対策に効果的な取り付け型ミストクーラーです。

 

 

夏場の猛暑対策向け冷却ミスト装置「エヴァポ・クーラー」

 

エヴァポ・クーラーが身体を冷やす仕組み

エヴァポ・クーラー設置イメージ写真

 

エヴァポ・クーラーは、フォークリフトやゴルフカート等に設置できるタイプのミストクーラーです。

ミストが気化することによって冷却された空気を、ファンを使って首筋に吹きつけます。首には太い血管が通っていることから、身体を効率的に冷やすことができます。

気化熱により首筋の温度を下げることで、全身を巡る血液をつうじて体温を下げる効果が期待できます。

 

エヴァポ・クーラーのファンに取り込まれた水は、2流体ノズルで気体の流れにより液体を粉砕・微粒化されます。そのため、身体を濡らしすぎることなく、涼しく快適に過ごすことができます。
なおエヴァポ・クーラーは、フォークリフトやゴルフカートだけでなく、小さな建機でも使用することができます。夏場の建設現場も非常に暑い環境となるため、猛暑対策が重要な役割をはたします。

 

ミストによる体温の変化やサーモグラフィなどは、商品ページより資料を確認することができますので、参考までにご確認ください。

 

 

猛暑対策をすることのメリット

上記で説明したように、エヴァポ・クーラーは業務やレジャー(ゴルフ)における熱中症の予防につながります。

また、暑さは集中力や注意力の低下につながると言われており、こういった観点からも事故の防止にも寄与します。

暑さで集中力を欠いたことでによる、フォークリフトや建機の運転ミスなど、暑さで危険なのは何も熱中症だけではありません。

 

屋外において、暑さでどうしようもない環境下であっても、エヴァポ・クーラーを使うことで熱中症や事故のリスクをまとめて低減させることができるのです。

 

 

エヴァポ・クーラーの設置イメージ

 

※フォークリフトに設置

フォークリフト後方にある左右の支柱に、ファンを1つずつ取り付けて使用します。ファンの固定には、付属している「結束バンド」を使用してください。

本体も「本体ケース固定ベルト」を使うことで支柱に固定することができ、安全に使用することができます。

 

 

※小型建機に設置

小型の建機についても、フォークリフトと同様の方法で設置ができます

ファンの設置位置を調整することで、ミストの当たり方を変えることができるため、実際にエヴァポ・クーラーを使用しながら適切な位置に動かしてください。

 

 

エヴァポ・クーラーの電源

 

エヴァポ・クーラーは、消費電力わずか65Wと少ない消費電力で、バッテリーに負担をかけずに最大限の冷却効果を発揮します。

12Vバッテリー搭載のエンジンフォークリフトの場合、フォークリフトのバッテリーから直接電源を取ることができます。

また、12V以外のバッテリーを搭載しているフォークリフト(電動フォーク)の場合も、DC-DCコンバーターを使いフォークリフトのバッテリーにつないでください。

※48V(または他の電圧)から12Vに変換する必要がありますのでご注意ください。

 

 

優れたコストパフォーマンス

エヴァポ・クーラーには、専用の水タンクは付属されていません。市販の2Lペットボトルに水道水を入れて使います。そのため、付属されているボトルホルダーには、2Lのペットボトルが入る形状になっています。

ペットボトルを使うことで、タンク内の汚れによる洗浄の手間を抑えることができます。汚れたり壊れたりしてもすぐに交換ができるので、安心して使い続けることができます。

 

 

組み立て・設置が簡単

エヴァポ・クーラーは、本体やファンなどがすべて揃った状態で納品されます。

主な部材も、「本体」「ファン」「給水ホースなどの配線」「ペットボトルホルダー」など、シンプルな構成となっています。

そのため、プラスドライバーなどの一般的な工具があれば、簡単に組み上げることができます。

 

 

 

説明書には配線の方法も詳しく書かれていますので、どなたでも簡単につなげることができます。また、車両のバッテリーへの接続方法も取扱い説明書に記載されているので、スムーズに行うことができます。

 

 

製品についてのお問い合わせ

Fieldsaver.comは、エヴァポ・クーラーの販売店です。

屋外の活動において便利な製品を多く扱っています。また、防犯や防災といったカテゴリーの製品も扱っているので、詳しくは各商品ページをご確認ください。

 

エヴァポ・クーラーについてご不明な点等ありましたら、商品ページをご確認の上、お気軽にご相談ください。

 

エヴァポ・クーラー商品ページ