小規模~大規模の太陽光発電所の防犯フェンス

小規模から大規模のあらゆる太陽光発電所に導入されている

防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は、

Fieldsaver.comで生産&販売をしています。

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

小規模~大規模あらゆる太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

先日の改正FIT法の施行により、

太陽光発電所の周りにはフェンスや柵塀を設置する必要があります(一部例外有り)。

「らくらくメッキフェンス」は改正FIT法の前から、

全国の太陽光発電所の多くに設置されている防犯フェンスです。

 

 

らくらくメッキフェンスの見積書発行はとても簡単です。

商品ページの見積依頼フォームに、フェンスの高さや長さなどを入力して送信してください。

また、フリーダイヤルでも見積依頼を承っております。

小規模~大規模あらゆる太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年で、全国には小規模から大規模まで、

あらゆる規模の太陽光発電所が増えました。

 

小規模なものは、住宅の正面の敷地や農地転用などの私有地が多く、

大規模なものは法人が広大な土地に多くの太陽光パネルを設置をする

メガソーラー等が多く見受けられます。

 

ここ数年で、太陽光発電所の設営に関するルールであったり

家庭用や産業用別の売電価格など、太陽光発電事業は

いくつかの変更を経てきました。

そして平成29年度の改正FIT法により、太陽光発電所は小規模大規模問わず

周囲にフェンスや柵を設置することが必須になりました。

 

 

 

これから作られる太陽光発電所はもちろんですが、

既に作られている太陽光発電所にもフェンスを設置する必要があります。

※太陽光発電所の設置場所によってはフェンス設置が免除となる場合もあります。

 

改正FIT法によるフェンス設置の情報をまとめたブログはこちらになります。

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

 

 

しかし小規模な太陽光発電所であっても、

フェンスの設置距離が100m以上になるケースがほとんどです。

一般的なフェンスであった場合、フェンス1mを設置する際のコストが

約10,000円と言われています。

※フェンス本体資材、基礎、工事費用など全体の費用を含んでいます。

 

 

仮に100m設置するとなると、その費用は100万円前後となり、

発電事業者にとって大きな出費となるのは間違いありません。

 

太陽光発電所の管理者の方々としてみれば、

少しでも太陽光発電所に掛かるコストを抑えることを考えなければなりません。

かといって、改正FIT法により

フェンスそのものは設置しなければなりません。

 

 

こういった場合、太陽光発電所のフェンスを少しでもコストを抑えて設置したい時に

当店の「らくらくメッキフェンス」が多く利用されています。

 

 

費用を抑えて設置ができる防犯フェンスとして、当店の「らくらくメッキフェンス」

小規模から大規模、あらゆる太陽光発電所に設置されています。

 

らくらくメッキフェンスは、耐用年数が約25年と長く、

長期間運用をする太陽光発電所に適しています。

 

また、基礎工事不要で設置ができるため、

短工期かつ省コストで設置ができる防犯フェンスです。

 

 

 

 

 

 

 

一般的なフェンスでは、

上の写真のように、コンクリートの独立基礎や、

すき間に流し込むモルタルといった基礎部材を使って

フェンスの支柱を固定する必要があります。

 

支柱の本数だけ独立基礎とモルタルが必要になるため、

基礎工事の材料費は多くかかってしまいがちです。

 

 

 

 

当店のらくらくメッキフェンスは、

基礎資材を使わず杭パイプを地面に直接打ち込んで施工を行います。

そのため、独立基礎の材料費やモルタルの乾燥などの手間を省くことができ、

施工費用を大幅に抑えることができるのです。

 

フェンス設置に掛かる総コストが安いため、

費用対効果が高い防犯フェンスフェンスです。

そのため、小規模な太陽光発電所にはもちろん、

メガソーラーのような大規模な太陽光発電所にも

らくらくメッキフェンスは多く導入されています。

 

 

 

 

 

長期間にわたって運営していく太陽光発電所だからこそ、

強度の高いフェンスが必要になります。

かつフェンスの設置費用を抑えることで、

より費用対効果の高い運営を実現できます。

 

らくらくメッキフェンスは防犯のみならず、

太陽光発電所敷地内への人の出入りを防止することで、

周辺への安全管理にも貢献ができるフェンスです。