コストパフォーマンスに優れた省コスト&高耐久防犯フェンス

頑丈で価格が安く設置がしやすい、

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は

Fieldsaver.comで生産と販売を行っています。

 

 

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

一般的なメッキフェンスに比べて資材はとても安く、それでいて耐久性に優れています。

基礎工事無しで設置ができるタイプなので、工期を短くできるため

省コストで設置をすることができます。

 

らくらくメッキフェンスは見積書の発行もとてもらくらくです。

商品ページの見積依頼フォームやフリーダイヤルにて

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

太陽光発電所の周囲など、屋外設備の周囲には

必ずと言っていいほど防犯フェンスが設置されています。

 

防犯フェンスを設置する理由は、もちろんイタズラや資材盗難を防ぐためにあります。

しかし太陽光発電所では、2016年度より改正FIT法が施行されており、

フェンスの設置が必須になっています。

こうなってくると、フェンスの設置をするしないではなく、

必ずフェンスを設置しなくてはなりません。

 

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

また、太陽光発電所に限らず、

一般的な発電所や変電所などにもフェンスは設置しなくてはなりません。

イタズラや盗難対策というより、人が近づいたら危険なのが大きな理由です。

 

しかし単純にフェンスを設置するといっても、

敷地を囲うにはある程度の距離のフェンスを購入しなくてはなりません。

 

 

50kw野立て設置イメージ図①

例えば50kw分の野立て太陽光発電所の場合、

周囲にフェンスを設置すると、

およそ100m程度のフェンスが必要になることが多いです。

参考ブログ:50kw太陽光発電所のフェンス設置距離

 

また、フェンスを設置するための基礎工事として、

基礎ブロックやモルタルといった基礎資材に費用が掛かります。

 

 

基礎資材の費用だけではなく、

基礎ブロックを地面に埋めたりモルタルを乾燥させるなど、

施工費用も発生します。

 

そのためフェンスを1m設置するためには、

10,000円ほどの費用が掛かってしまうことが多いのです。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

いかにしてフェンス設置費用を抑えるかは、

どなたでも考えることだと思います。

 

 

かと言って安価なフェンスを購入すると、

明らかに強度が弱かったり、すぐに錆びたりするため、

とてもコストパフォーマンスが悪くなります。

 

フェンスを設置して7~8年で取り換えると、

新たなフェンス設置費用に加えて

フェンス撤去費用も必要となるからです。

 

 

「できるだけ費用を抑えて防犯フェンスを設置したい」

「できるだけ頑丈なフェンスがいい」

 

 

そういった場合、当店のらくらくメッキフェンスは

とてもコストパフォーマンスに優れている防犯フェンスとして

コストを抑えて設置をすることができます。

 

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

当店のらくらくメッキフェンスは、基礎工事不要で設置ができる防犯フェンスです。

そのため、一般的なフェンスに比べ

およそ半分程度の費用で設置をすることができます。

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

杭パイプを地面に直接打ち込み、支柱を固定するタイプなので、

基礎工事をせずにフェンスを設置できます。

 

 

 

また、一般的なメッキフェンスに比べて本体価格が安く、

かつ強度に優れています。

 

らくらくメッキフェンスは他社フェンスより格安です③

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

※らくらくメッキフェンス 強度試験の様子

 

低価格なメッキフェンスで強度に優れ、

かつ設置費用を抑えられるため、

とてもコストパフォーマンスに優れた防犯フェンスです。

 

費用を抑えてコストパフォーマンスを重視する企業様や個人様の注文により、

らくらくメッキフェンスは全国各地の太陽光発電所や

屋外設備の周囲に導入されています。

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスについてのお問い合わせは、

当店のフリーダイヤルや問い合わせフォームをご利用ください。

屋外防犯用トレイルカメラ「トロフィーカム」シリーズ【乾電池式】

Fieldsaver.comでは、

屋外防犯用トレイルカメラ「トロフィーカム」の

販売を行っています。

 

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカムXLT 24MPローグロウ

 

 

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカム 20MPノーグロウ

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカム 20MPローグロウ

 

 

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカムHD3エッセンシャル

 

 

 

現在はオフィスやマンションだけでなく、

あらゆる場所で防犯カメラを見かけるようになりました。

特に最近では警察でも防犯カメラの写真や動画を証拠として重視しており、

あらゆる場所への防犯カメラ導入が進んでいます。

 

 

 

 

特に屋外においては、イタズラや盗難といったリスクを感じてしまう場所が多いはずです。

駐車場や資材置き場、

私有地の畑や山林などの人目の少ない場所、

太陽光発電所や屋外設備の周囲など、挙げればたくさんあります。

特に高価な機材が屋外に置かれている環境下では、

フェンスが設置されていたり防犯ライトが設置されていたりと、

その周囲には何かしらの対策はされているかと思います。

 

 

しかしそういった場所では、必ずしも都合よく電源が取れるわけではありません。

特に山林や自然の多い場所では電柱や街灯も少なく、防犯カメラへの給電がとても難しいです。

たまたま住宅の近くであったりすればコンセントを利用することもできますが、

そもそも電源の取れない場所にこそ防犯カメラを設置したいというシチュエーションが

とても多くあるのです。

 

 

 

電源の取れない環境=人が少なく人目につきづらい

そのような環境下では不法投棄なども発生しやすい条件が揃っています。

一度不法投棄やイタズラが行われた場所は、その後も犯罪が行われやすい傾向にあるそうです。

そういった場所には防犯カメラを設置し、取り締まる自治体も多くなりました。

 

 

電源の取れない環境で防犯カメラを設置したい場合や、

コストを抑えて防犯カメラを導入したい場合など、

当店の屋外防犯用トレイルカメラ「トロフィーカム」が

とても便利です。

 

 

屋外防犯トレイルカメラ「トロフィーカム」

 

 

トロフィーカムは、乾電池で作動するタイプの屋外防犯トレイルカメラです。

人勧センサー(赤外線パッシブセンサー)の範囲内で熱を感知すると、カメラが作動します。

撮影方法は、静止画や動画、あるいはそのどちらも撮影する静止画+動画モードがありますので、

設置環境に応じた設定が可能です。※機種によっては静止画+動画モードは備わっていません。

 

昼間の撮影はもちろんですが、光が不十分な場所や夜間には

ナイトビジョンフラッシュ機能により、モノクロ撮影を行うことができます。

 

 

自動撮影カメラ(トレイルカメラ)の仕組み

※画像はトロフィーカム XLT4MPの説明内容となります。

 

 

日中撮影(カラー)

日中、光のある場所での撮影(カラー)

※上記画像はトロフィーカムXLT 24MPノーグロウの撮影画像です。

 

 

夜間撮影(モノクロ)

日中、光のある場所での撮影(カラー)

※上記画像はトロフィーカムXLT 24MPノーグロウの撮影画像です。

 

 

センサーが感知する有効距離は約30mです。

前方約48°の角度に入った人や動物にセンサーが反応し、瞬時に撮影を行います。

 

センサー反応とトリガースピードに優れているため、

撮り逃しを少なくすることができます。

 

※屋外防犯トレイルカメラ「トロフィーカム」撮影イメージ

 

 

トロフィーカムは電源不要の乾電池タイプです。

乾電池は単三を8本使用してください。

電源の無い場所でも簡単に防犯カメラを導入することができるので、

手間や設置コストを抑えることができます。

 

※トロフィーカムHD3 エッセンシャルの写真

 

 

当店で取り扱っている屋外防犯トレイルカメラの機種では、

特にセンサーやリカバリータイムに優れた機種です。

スペック比較表を確認して頂き、

より使いやすいタイプを選ぶことができます。

 

 

当店で販売中の屋外防犯トレイルカメラの性能比較表です。

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

トロフィーカムは、優れた光学機器を取り扱う北米の老舗メーカー

「Bushnell(ブッシュネル)」の製品です。

 

製品につきましてご不明な点などございましたら、

当店までお気軽にご相談ください。

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」は、

全国の太陽光発電所など

あらゆる場所の防犯フェンスに導入されています。

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」

 

当店ではらくらくメッキフェンスの生産と納品を行っており、

北は北海道から南は九州まで

あらゆる場所へフェンスを発送しています。

 

近年はあらゆる場所で防犯に向けた動きが活発となっており、

先日の改正FIT法の施行では

太陽光発電所の周りにはフェンスや柵塀を設置することが必要になりました(一部例外有り)。

 

 

らくらくメッキフェンスは、見積書発行もとても簡単です。

商品ページの見積依頼フォームに、フェンスの高さや長さなどを入力して送信してください。

また、フリーダイヤルでも見積依頼を承っております。

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電所のような屋外設備の周囲には、

必ずと言っていいほどフェンスが設置されています。

 

フェンスを設置する主な理由は、

資材や機材へのイタズラや盗難を防ぐことにあります。

また、発電設備などの場合は周りの人の安全を守るために

設置されるケースもあります。

 

2017年の改正FIT法による太陽光発電所へのフェンス設置については、

まさに防犯と安全を兼ねた施策と言えるでしょう。

 

 

 

※らくらくメッキフェンス 設置写真

 

 

フェンスを設置することは、防犯や安全を考えると

とてもシンプルで分かりやすい対策方法です。

しかしフェンスを設置するためには、基礎工事や施工をしてもらう業者の方が必要になるなど、

意外と多くの費用が掛かってしまいます。

フェンスの設置に必要な費用につきましては、

当店のブログにて情報を掲載しています。

参照ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

フェンスの設置にできるだけ費用を掛けないためには、

簡単な施工方法で設置ができるタイプがおススメです。

 

特に基礎工事が要らない、支柱を地面に直接打ち込む工法であれば、

コンクリートやモルタルといった基礎資材が必要ありません。

更にコンクリートを乾燥させる手間も無いので、

とても工期を短くすることができます。

 

 

少しでもフェンス設置費用を抑えたい場合、

基礎不要の簡単設置で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」が

適しています。

 

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」

 

らくらくメッキフェンスは、基礎が要らないタイプの

短工期&省コストフェンスです。

 

 

独立基礎固定  img_4773_thumb SONY DSC

一般的なフェンスでは、

写真のような独立基礎、モルタルといった部材で

フェンスの支柱を固定します。

しかしらくらくメッキフェンスは、

杭パイプを地面に直接打ち込み支柱を設置するため、

基礎工事に必要な資材や手間が掛かりません。

 

 

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

 

そのため、基礎資材の材料費やモルタルの乾燥などの手間を省くことができ、

一般的なフェンスの約半分程度の費用で簡単にフェンスを設置することができるのです。

 

 

フェンス本体資材も一般的なメッキフェンスに比べると安く、

フェンスの購入費用と設置費用の両方で費用を抑えることができる

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンスなのです。

 

 

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

あらゆる地域において、フェンスを簡単に設置をして

費用を抑えたいという要望を頂くことができました。

そういった積み重ねもあり、

らくらくメッキフェンスは全国500ヵ所以上で

導入がされています。

 

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスについてのご質問は、

問い合わせフォームやフリーダイヤルにてお気軽にご相談ください。

 

当店は簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」の生産と納品を通じて、

皆様の屋外における安全に貢献していきます。

全国の太陽光発電所に設置されている丈夫で安い高耐久フェンス

当店で生産と販売を行っている「らくらくメッキフェンスシリーズ」は、

丈夫で長持ちな屋外防犯フェンスの定番商品です。

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

 

 

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」

 

 

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

 

 

本体資材(パネル・支柱・杭)には溶融亜鉛メッキを施しており、

錆や腐食に強い丈夫で長持ちなフェンスです。

屋外環境で25年間の使用を想定した設計となっており、

太陽光発電所や屋外設備の周囲で多く導入されています。

 

見積書が必要な場合は、それぞれの商品ページにある

見積依頼フォームをご利用ください。

 

 

 

 

太陽光発電所の多くには、周囲にフェンスが設置されています。

フェンスを設置する理由として、

太陽光パネルのイタズラや盗難を防ぐためであったり、

太陽光発電設備の崩落や感電などがあるため、

フェンスで人の立ち入りを制限することが挙げられます。

 

そして何より、2017年度の改正FIT法により、

太陽光発電所の周囲にフェンスや塀柵を設置することが義務付けられたからです。

もともと立ち入りがしづらい土地や地形においてはフェンスの設置が免除されるケースがあるものの、

ほとんどの太陽光発電所には改正FIT法により項目が追加された

フェンスや看板の設置などに対応する必要があります。

 

 

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

【資源エネルギー庁 改正FIT法 新制度に関するよくある質問】

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/fit_2017/faq.pdf

 

 

そういった太陽光発電所にフェンスを設置する場合、

多くの人がフェンスに頑丈で耐久性に優れた丈夫なものを選んでいます。

 

というのも、太陽光発電所が20年以上の運用を前提として設置されているため、

その期間中も耐えられる強度の丈夫なフェンスの設置が求められているからです。

 

 

ただ、どれだけ頑丈なフェンスでも、

フェンス本体資材の価格が高かったりフェンスの施工費用が高いと、

設置するためには大きな費用が掛かってしまいます。

そのため太陽光発電所のユーザーは、

丈夫で耐久性に優れた格安なフェンスを求めています。

 

 

こういった要望が多くあり、

当店のらくらくメッキフェンスは省コスト&高耐久の防犯フェンスとして

全国各地の太陽光発電所に導入されています。

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスは、フェンス本体資材に溶融亜鉛メッキを使用した、

屋外環境において長期間使用できる丈夫で高耐久なフェンスです。

 

耐久性に優れた頑丈なフェンスなので、全国各地の太陽光発電所などの

屋外設備周囲に多く導入されています。

 

※写真をクリックすると大きな画像が開きます。

パネル式・簡易区画フェンス-001--01
 
太陽光発電所に設置①

パネル式・簡易区画フェンス-001--02
 
太陽光発電所に設置②

パネル式・簡易区画フェンス-001--03
太陽光発電所に設置③

パネル式・簡易区画フェンス-001--04
 
太陽光発電所に設置④

SN3U0676
太陽光発電所に設置⑤

田んぼ沿いへ設置
田んぼ沿いへ設置

線路沿いへ設置2
線路沿いへ設置①

線路沿いへ設置1
線路沿いへ設置②

貯水池の周囲に設置
貯水池の周囲に設置

畑の周囲に設置
畑の周囲に設置

 

 

 

 

また、らくらくメッキフェンスには更に頑丈な「強化型らくらくメッキフェンス」や、

フェンス資材にブラウン塗装を施した「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」もあるので、

フェンス設置場所の状況に応じて仕様や製品を選ぶことができます。

 

 

太陽光発電所や広い土地を利用した屋外設備などは、

人の少ない地域に設置されていることも少なくありません。

そういった場所を継続的に運用し、かつイタズラや盗難対策をするためには、

周囲にフェンスを設置することはとても大切なことなのです。

 

らくらくメッキフェンスはシンプルな施工方法で短期間で設置ができるため、

急なスケジュールにも対応することができる利点があります。

フェンス本体資材は国内で生産されているため、

高品質かつ高耐久な製品です。

 

 

当店フェンスにつきましてご不明な点などございましたら、

メールやフリーダイヤル等でお気軽にご相談ください。

メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

当店のらくらくメッキフェンスは、

メガソーラーなどの大規模な産業用太陽光発電所に設置されています。

 

メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

フェンス本体は屋外環境でも長持ちする溶融亜鉛メッキ仕様です。

丈夫で安価、かつ基礎不要で設置ができるため、

メガソーラーのようにフェンスを長距離設置する場合にも

コストを抑えて設置をすることができます。

 

見積依頼はとても簡単です。

商品ページにある見積依頼フォームや問い合わせフォーム、

フリーダイヤルにて承っております。

 

ここ数年で、太陽光発電などの再生可能エネルギーの発電量は

着実に増え続けています。

特に太陽光発電所は、再生可能エネルギーの中で

最も発電所が多く、全国で数万か所も存在します。

 

遊休地や農地転用にて野立てをする太陽光発電所が多く、

小規模のものから大規模のものまでその大きさは様々です。

 

その中でも特に大規模な発電所は「メガソーラー」と呼ばれており、

出力1メガワット(1000キロワット)以上の大規模な太陽光発電を指します。

1メガワットのメガソーラー1施設で

約300世帯分の年間使用電力がまかなえると言われており、

安全性や環境性の高さが注目されています。

 

ただ、メガソーラーを運営するには2ヘクタールほどの広大な土地が必要となり、

ゴルフ場の跡地のように広いスペースがある場所や、山林を利用して設置されるケースが多いそうです。

現在は全国で5000ヵ所以上が稼働していると言われており、

今後も更にその数は増えていく見込みです。 

 

 

そしてメガソーラーを運営する上で欠かせないのが、

敷地内への侵入による太陽光パネルへのイタズラや、

太陽光パネルや銅線の盗難対策です。

 

写真のように、太陽光発電所には

敷地を囲うフェンスが必要となります。

2017年の改正FIT法により、太陽光発電所は

その規模の大小を問わずフェンスや塀柵の設置が義務付けられました。

※崖沿いなど侵入が困難な立地等は設置が除外されるケースもあります。

 

 

太陽光パネル(フェンス無し②)

 

上の写真の太陽光発電所のように周囲にフェンスが設置されていない場合

今後フェンスを設置しなければなりません。

 

太陽光発電所の敷地内に人が立ち入ってしまうと、

 

感電やパネルの崩落といった重大な事故につながるリスクがあります。

また、太陽光パネルそのものの盗難やイタズラといったリスクもあるので、

双方の対策として、防犯フェンスを設置する等の侵入対策はとても重要です。

 

 

しかし、メガソーラーのような広大な敷地をフェンスで囲うには、

とても多くのフェンス資材が必要となります。

 

地形や傾斜などによって設置距離は変わりますが、

メガソーラー1か所あたりのフェンス設置距離は

1,000mを超えることが多くあります。

 

通常のフェンスを設置する場合、

フェンス本体資材だけでなく、基礎ブロックやコンクリートなどの基礎資材も必要になります。

加えてフェンスを施工するための人件費も発生するため、

一般的にはフェンス1mを設置するのに約10,000円ほど

費用が掛かることが多いです。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

仮にメガソーラーの周囲にフェンスを1,000m設置するとなると、

1,000m×10,000円=10,000,000円 となり、

とても大きな費用負担となってしまいます。

 

そういった、少しでもフェンス設置に掛かる費用を抑えたい場合、

当店のらくらくメッキフェンスが利用されています。

 

 

メガソーラーの防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

メガソーラーなどの多くの太陽光発電所に設置されているらくらくメッキフェンスは、

省コスト&高耐久の防犯フェンスです。

 

溶融亜鉛メッキが施された本体部材は耐久性に優れ、

屋外環境での使用に適しています。

 

※らくらくメッキフェンス 強度試験の様子

強度試験も行っており、

屋外環境で25年間の使用を想定した設計となっています。

 

 

フェンス本体資材のコストは一般的なメッキフェンスに比べると割安です。

メガソーラーのようにフェンスを長距離設置する場合に

費用を抑えることができます。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

 

フェンスの施工は基礎不要で設置をすることができます。

杭パイプを地面に直接打ち込む施工方法なので、

工期の短縮と資材費を抑えることができます。

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

省コストで設置に手間が掛からないタイプのフェンスなので、

メガソーラーなどの太陽光発電所に多く導入されています。

 

 

 

 

 

また、らくらくメッキフェンスには強化型とブラウン仕様もありますので、

設置場所の都合によりお選び頂けます。

 

 

 

【更に高耐久のフェンスをお探しの方へ】

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」

 

 

 

【ブラウン色のフェンスをお探しの方へ】

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

 

また、メガソーラーの敷地内に区画表示をすることができる

高さ30cmの低丈フェンスもあります。

 

区画表示用の低丈フェンス「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

当店フェンスにつきましてご不明な点などございましたら、

フリーダイヤルや問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976354号】

施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス

施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

当店Fieldsaver.comは、

太陽光発電所に必要なフェンスの施工・設置工事の費用を抑えられる

屋外防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」を販売しています。

 

基礎工事不要で短い工期で設置ができるため、

通常のフェンスに比べ約半分の費用で

フェンスの施工・設置工事をすることができます。

 

フェンス資材の金額を調べるために必要な見積依頼も、

商品ページの見積依頼フォームより簡単に行えます。

 

 

2017年より施行された改正FIT法により、

太陽光発電所の周囲にはフェンスの設置が必要になりました。

 

上の写真のように、太陽光発電所の周囲には

人が容易に立ち入れないよう

フェンスで囲う必要があります。

 

ただ、設置場所が崖に面していたり、

人が立ち入れないと思われる地形であれば、

フェンスの設置を免除されるケースがあります。

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

 

 

 

しかし、この2枚の写真のように、

誰でも簡単に太陽光パネルや周辺機器に触れられる環境においては、

周囲にフェンスを設置することは必須と言えます。

 

 

太陽光発電所にフェンスを設置する第一の理由として、

感電や太陽光パネルの崩落による

怪我を防止することが挙げられます。

 

 

一般的な発電所においても、

発電所の周囲にはフェンスが設置されているのが分かります。

これは内部に人が立ち入ることで、

感電などのリスクを防ぐ必要があるからです。

太陽光発電所も、電気を発電している時点でれっきとした発電所です。

そのため、周囲には人が立ち入りづらくするように

フェンスや柵を設置することが求められているのです。

 

 

また、太陽光発電所の周囲にフェンスを設置する理由は、

イタズラや盗難への対策でもあります。

 

 

太陽光パネルは重量があるものの、

トラックなどの車両で運ばれる危険性があります。

また電線や銅線、パワーコンディショナーなどは比較的運びやすく、

盗難などの被害に遭う可能性があります。

そのため、上の写真のように誰でも太陽光パネルに触れるような環境を作らないことが、

太陽光発電所の運営において大切なことになります。

 

特に野立ての太陽光発電所に言えることですが、

都心部より郊外に設置されるケースが多くあります。

郊外の場合、あまり人通りの無い場所へ設置されることも多く、

そうなると盗難の危険性が高まります。

 

そのため、防犯フェンスを太陽光発電所の周囲に設置するだけでなく、

センサーライトや防犯システムも併せて導入する方が

より長期的な運営には向いていると思われます。

 

 

 

しかし太陽光発電所の周囲にフェンスを設置するにあたり、

施工・設置工事には多くの費用が掛かります。

 

一般的には、1mのフェンスを設置する場合、

①フェンス本体価格

②基礎資材

③基礎工事を含めた施工・設置工事費用

これら3つを併せて、約10,000円掛かると言われています。

 

フェンス100mを設置する場合、

施工・設置工事にかかる費用はおよそ100万円前後となるため、

それなりの費用となってしまいます。

 

太陽光発電所にフェンスを施工・設置工事する費用については、

以下のブログにも情報をまとめています。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

 

少しでもフェンスの施工・設置費用を抑えて

太陽光発電所にフェンスを導入したい場合、

当店のらくらくメッキフェンス

あらゆる費用を抑えて設置をすることができます。

 

 

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

施工・設置工事の費用を抑えられる太陽光発電所のフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスは、基礎工事不要でフェンスを設置できます。

短い工期で施工できるので、フェンス設置に掛かるコストを抑えることができます。

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

基礎資材を使わず短い工期で施工・設置工事が行える理由として、

シンプルな工法が挙げられます。

 

 

 

【らくらくメッキフェンス 施工手順】

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

このように、らくらくメッキフェンスは

杭パイプを直接地面に打ち込むため、

短工期&省コストでフェンスを設置することができます。

 

設置における手間暇が最小限のため、

フェンスの施工・設置工事の費用を抑えることができるのです。

 

 

 

 

当店ではらくらくメッキフェンスの生産と納品までのご案内となりますので、

フェンスの設置につきましては購入者の方々で都合して頂く必要があります。

太陽光発電所の近くの工務店や施工店に問い合わせて頂き、

フェンスの設置費用を問い合わせて頂くのが通常の流れとなります。

 

ただ、フェンスの設置距離が短い場合は

自らフェンスを設置をされる方もいます。

 

当店フェンスにつきましてご不明な点などございましたら、

当店フリーダイヤルかお問い合わせフォームにて

お気軽にご相談ください。

 

 

小規模~大規模の太陽光発電所の防犯フェンス

小規模から大規模のあらゆる太陽光発電所に導入されている

防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は、

Fieldsaver.comで生産&販売をしています。

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

小規模~大規模あらゆる太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

先日の改正FIT法の施行により、

太陽光発電所の周りにはフェンスや柵塀を設置する必要があります(一部例外有り)。

「らくらくメッキフェンス」は改正FIT法の前から、

全国の太陽光発電所の多くに設置されている防犯フェンスです。

 

 

らくらくメッキフェンスの見積書発行はとても簡単です。

商品ページの見積依頼フォームに、フェンスの高さや長さなどを入力して送信してください。

また、フリーダイヤルでも見積依頼を承っております。

小規模~大規模あらゆる太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年で、全国には小規模から大規模まで、

あらゆる規模の太陽光発電所が増えました。

 

小規模なものは、住宅の正面の敷地や農地転用などの私有地が多く、

大規模なものは法人が広大な土地に多くの太陽光パネルを設置をする

メガソーラー等が多く見受けられます。

 

ここ数年で、太陽光発電所の設営に関するルールであったり

家庭用や産業用別の売電価格など、太陽光発電事業は

いくつかの変更を経てきました。

そして平成29年度の改正FIT法により、太陽光発電所は小規模大規模問わず

周囲にフェンスや柵を設置することが必須になりました。

 

 

 

これから作られる太陽光発電所はもちろんですが、

既に作られている太陽光発電所にもフェンスを設置する必要があります。

※太陽光発電所の設置場所によってはフェンス設置が免除となる場合もあります。

 

改正FIT法によるフェンス設置の情報をまとめたブログはこちらになります。

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

 

 

しかし小規模な太陽光発電所であっても、

フェンスの設置距離が100m以上になるケースがほとんどです。

一般的なフェンスであった場合、フェンス1mを設置する際のコストが

約10,000円と言われています。

※フェンス本体資材、基礎、工事費用など全体の費用を含んでいます。

 

 

仮に100m設置するとなると、その費用は100万円前後となり、

発電事業者にとって大きな出費となるのは間違いありません。

 

太陽光発電所の管理者の方々としてみれば、

少しでも太陽光発電所に掛かるコストを抑えることを考えなければなりません。

かといって、改正FIT法により

フェンスそのものは設置しなければなりません。

 

 

こういった場合、太陽光発電所のフェンスを少しでもコストを抑えて設置したい時に

当店の「らくらくメッキフェンス」が多く利用されています。

 

 

費用を抑えて設置ができる防犯フェンスとして、当店の「らくらくメッキフェンス」

小規模から大規模、あらゆる太陽光発電所に設置されています。

 

らくらくメッキフェンスは、耐用年数が約25年と長く、

長期間運用をする太陽光発電所に適しています。

 

また、基礎工事不要で設置ができるため、

短工期かつ省コストで設置ができる防犯フェンスです。

 

 

 

独立基礎固定

 img_4773_thumb

SONY DSC

一般的なフェンスでは、

上の写真のように、コンクリートの独立基礎や、

すき間に流し込むモルタルといった基礎部材を使って

フェンスの支柱を固定する必要があります。

 

支柱の本数だけ独立基礎とモルタルが必要になるため、

基礎工事の材料費は多くかかってしまいがちです。

 

 

当店のらくらくメッキフェンスは、

基礎資材を使わず杭パイプを地面に直接打ち込んで施工を行います。

そのため、独立基礎の材料費やモルタルの乾燥などの手間を省くことができ、

施工費用を大幅に抑えることができるのです。

 

フェンス設置に掛かる総コストが安いため、

費用対効果が高い防犯フェンスフェンスです。

そのため、小規模な太陽光発電所にはもちろん、

メガソーラーのような大規模な太陽光発電所にも

らくらくメッキフェンスは多く導入されています。

 

 

 

長期間にわたって運営していく太陽光発電所だからこそ、

強度の高いフェンスが必要になります。

かつフェンスの設置費用を抑えることで、

より費用対効果の高い運営を実現できます。

 

らくらくメッキフェンスは防犯のみならず、

太陽光発電所敷地内への人の出入りを防止することで、

周辺への安全管理にも貢献ができるフェンスです。

高さ30cmの簡単に設置ができるフェンスパネル

らくらくメッキフェンスシンプルミニは、

フェンスパネルに基礎アンカーが一体化した

設置の簡単なフェンスパネルです。

 

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976354号】

 

 

高さが30cmなので、簡単にまたげる程度の高さのフェンスパネルです。

侵入防止などではなく、区画を表示するためのフェンスパネルとして利用することができます。

例えば、歩行経路を示すために道沿いに設置をしたり、

花壇や芝生などの足を踏み入れてもらいたくない場所を囲うように設置をすることができます。

 

 

 

 

また、本体パネルと基礎アンカーが一体化しているので、

コンクリートブロックやモルタルを使わずに

フェンスパネルを設置することができます。

 

 

 

設置のしやすいアンカー一体型のフェンスなので、

ハンマーがあれば簡単に設置をすることができます。

 

屋外設備周囲の進入禁止区域の周りや、

足を踏み入れてほしくない敷地の周囲、

歩道を示すために道の脇に設置するなど、

様々な使い方ができるフェンスパネルです。

 

 

らくらくメッキフェンスシンプルミニについて

ご不明な点などがありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

 

【フリーダイヤル】

 

メールでのお問い合わせはこちらから

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>