景観配慮型ブラウンフェンスを低コストで導入

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

高耐久性のメッキフェンスにブラウン塗装を施した、

強度と景観配慮に長けた防犯フェンスです。

 

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

 

土や樹木に近いブラウン色でメッキフェンスを塗装しているため、

景観配慮が必要な地域にも導入することができます。

 

また、フェンスの施工は基礎工事不要の簡単施工なので、

短工期&省コストで防犯フェンスを導入することができます。

 

見積依頼もらくらくです。

商品ページの見積依頼フォームに

フェンスの高さやフェンスの長さなどを入力し送信するだけです。

フリーダイヤルでも見積依頼を承っておりますので、

お気軽にご相談ください。

 

 

 

屋外設備や私有地の周囲、工場や資材置き場、道路や線路沿い、

あらゆる場所にはフェンスが設置されています。

 

 

こういったフェンスを設置する大きな理由としては、

人の侵入を防止することにあります。

 

 

屋外設備の周囲では、機材の盗難やイタズラなどを防ぐために

フェンスを設置していることが多いです。

また、発電所などでは感電や設備の崩落などによる危険が伴います。

そういった危険から人を守る意味でも、フェンスを設置することはとても重要なのです。

 

 

私有地でフェンスを設置する理由は、もちろん不審者の侵入を防ぐことにあります。

また、普段は利用していない空き地などでは不法投棄などの迷惑行為が発生する場合があります。

管理している土地として分かるようにし、かつ安易にゴミを持ち込めないようにするため、

周囲にフェンスを設置することが多いそうです。

 

 

工場や資材置き場においては、屋外で資材を保管していることが多く、

こういった資材の盗難を防ぐためにフェンスが多く設置されています。

フェンスを設置することにより人の侵入を防げるのはもちろんですが、

近くまで車両を乗り付けられなくなるので、二重の意味で資材の盗難対策となるのです。

 

 

道路や線路沿いへフェンスを設置されているのは、

人の侵入を防止することが第一の理由です。

それに加えて、道路や線路には野生動物が侵入することがあり、

車両との接触事故の危険性があります。

こういったリスクを回避する意味でも、フェンスはとても重要な役割を果たします。

 

 

こういったあらゆる場所における防犯や安全のために、

当店のフェンスは全国各地に設置されています。

 

 

 

最近では観光地や自然環境の豊かな場所でもフェンスは設置されており、

そういった場所では景観配慮型のフェンスを設置する傾向にあります。

 

景観配慮型のフェンスとして何よりも重要なのが、

周囲に馴染みやすい色合いであることです。

 

 

 

観光地では、公共の建物や案内看板なども

茶色を基調とした色合いが多いです。

また、田畑の周囲や山林などでも、

人が多く訪れる場所では景観に配慮した色のフェンスが

設置されている場所が増え続けています。

 

 

景観にも配慮ができる色合いで、

かつ高耐久なフェンスが必要との要望が当店にも多くありました。

そういったご要望に応える製品として、

既に全国各地に設置されている「らくらくメッキフェンス」に

ブラウン塗装を施した新規格を販売開始しました。

 

 

 

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

屋外防犯フェンスとして多くの導入実績のあるらくらくメッキフェンスに

ブラウン塗装を施した、景観配慮型の防犯フェンスです。

 

らくらくメッキフェンスの特長であった、省コスト&高耐久はそのままに、

ブラウン色のフェンスが必要な場合にも活用できます。

 

 

 

 

 

※ブラウン色とメッキ色の比較

 

濃いブラウンの塗装をすることで、

景観に馴染みやすく、直射日光の照り返しを抑えた仕様となっています。

 

 

 

 

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

また、らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは

基礎工事不要で設置をすることができます。

コンクリートやモルタルなどの基礎資材が要らず、かつ工期も短くすることができるので、

フェンス設置に掛かる費用を大幅に抑えることができます。

 

 

 

らくらくメッキフェンスにはこういった多くのメリットがあるので、

屋外設置型の防犯フェンスとして全国各地に導入されています。

 

 

屋外設備の新規導入やインフラの整備が続く以上、

今後も屋外での防犯フェンスは多くの場所に設置されると思われます。

 

そういった時、少しでもフェンスの設置費用を抑えたいという要望や、

周囲の景観に配慮したタイプを使用したいという要望に応えられるフェンスが

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートなのです。

 

らくらくメッキフェンスシリーズについてご不明な点などございましたら、

当店の問い合わせフォームやフリーダイヤルをご利用ください。

各種防犯フェンスを揃えた屋外防犯製品の販売サイトです

当店Fieldsaver.comでは、

基礎工事不要で費用を抑えて設置のできる防犯フェンスを

多く取り揃えています。

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」

 

 

 

自然環境の色に馴染みやすい「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

 

軽量で運びやすい&設置しやすい「軽々ブラウン柵」

 

 

それぞれのフェンスですが、設置をしたい場所やその目的によって

使い分けをしてもらっています。

ここではそれぞれのフェンスの特長についてご案内をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

①省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

当店のフェンスで最もスタンダードなフェンスが、

こちらの「らくらくメッキフェンス」です。

屋外防犯向けの防犯フェンスですが、その大きな特徴として、

 

①本体価格が安い

②基礎工事不要

③設置が簡単

 

この3つが挙げられます。

省コストで耐久性の高い防犯フェンスを導入できるため、

あらゆる屋外設備の周囲、道路や線路の境界、私有地、企業の敷地、資材置き場などに

数多く設置されています。

具体的には、

太陽光発電所やゴルフコースの周囲、道路や線路の侵入防止用、資材置き場の盗難防止用などが

導入実績として多いです。

一方で、らくらくメッキフェンスには

設置場所の状況に応じて選べるもう2つの規格があります。

 

 

 

 

②更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」

01-002--01

鋼材使用量の図解

そのうちの一つが「強化型らくらくメッキフェンス」です。

従来のらくらくメッキフェンスより鉄鋼材の量を増やすことで

本体パネルの耐久性を強化しています。

 

設置場所の多くはらくらくメッキフェンスと同様に、

あらゆる屋外設備の周囲、道路や線路の境界、私有地、企業の敷地、資材置き場などです。

その中でもフェンスにより耐久性を求める案件において、

強化型らくらくメッキフェンスは多く選ばれています。

 

 

 

 

 

③自然環境の色に馴染みやすい「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

らくらくメッキフェンスの3つ目の規格が、

こちらの「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」です。

 

自治体によっては観光地の周囲において、建造物の色に景観配慮を求める地域があります。

そういった地域などで使われているのが、「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」です。

 

こちらのブラウンフェンスの主な導入目的として、

①景観配慮が必要な地域

②フェンスの照り返しを抑えたい

③近隣への配慮

④山林などへの設置

 

こういった目的が挙げられます。

 

らくらくメッキフェンスは、設置場所の状況や事情によって

設置をする規格を選ぶことのできる便利な防犯フェンスです。

 

施工方法はらくらくメッキフェンスシリーズで共通しており、

各商品ページからダウンロードすることができます。

 

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

 

 

 

 

また、最近はフェンスを搬入する車両が入れない地域へ

フェンスを設置する案件も増えています。

そういった地域には、軽量で運びやすい防犯フェンスをご案内しています。

 

 

 

④軽量で運びやすい&設置しやすい「軽々ブラウン柵」

 

軽々ブラウン柵は、フェンス各資材が軽量な

屋外防犯フェンスです。

写真のように持ち運びがしやすく、

車両が進入できない場所や山林などへの設置に向いています。

また、景観に配慮したブラウン色加工なので、

あらゆる景観に馴染ませることができます。

 

軽々ブラウン柵 施工手順書

 

 

 

当店では防犯フェンス以外にも、防犯カメラやセンサーライトなど、

屋外の防犯に適した製品を数多く揃えています。

各製品についてのお問い合わせは、フリーダイヤルや問い合わせフォームにて

承っていますので、お気軽にご相談ください。

軽量で運びやすい&設置しやすい景観フェンス「軽々ブラウン柵」

当店Fieldsaver.comでは、

軽量で運びやすく、設置のしやすい

ブラウン色の新規格フェンスを販売しています。

 

 

軽量で運びやすい&設置しやすい「軽々ブラウン柵」

 

 

 

景観に馴染みやすい色合いの軽々ブラウン柵は、

国土交通省「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」

に対応しています。

 

お見積もりは商品ページの見積依頼フォームより、

フェンスの高さ、長さ、門扉の数、発送予定先などを入力して

送信してください。

 

 

 

 

 

Fieldsaver.comでは、新たなブラウン色フェンスの商品として

「軽々ブラウン柵」の販売を開始しました。

 

 

軽量で運びやすい&設置しやすい「軽々ブラウン柵」

 

軽々ブラウン柵は、その名前のとおり、

軽くて設置のしやすい新タイプのフェンスです。

 

 

フェンス本体パネルの長さは一枚10mととても長いです。

しかしパネル自体は軽量で、かつ折りたたまれた状態で納品されます。

本体パネルの重量は13kg(高さ1.2m規格)なので、

フェンス設置場所に運びやすいのが特長です。

 

 

※フェンス資材は軽量なので運びやすいです。

 

 

 

フェンスの設置も、基礎工事不要なので

短期間でコストを抑えつつ設置ができます。

 

 

※支柱の設置風景。

 

 

 

 

折りたたまれている本体パネルを広げると、

ロールフェンスのような巻きぐせがついていないので

すぐに設置をすることができます。

 

 

※本体パネルの設置風景。

 

 

 

支柱と本体パネルの固定には、ワンタッチクリップを使用します。

ワンタッチクリップの取り付けは工具を使わずにできるので、

施工時間の短縮にもなります。

 

 

※ワンタッチクリップで本体パネルを固定。

 

 

 

このように軽々ブラウン柵はシンプルな工法のため、

フェンスの設置に特別な工具を使いません。

ホームセンターで購入できるハンマーやペンチ、ハッカーやスコップなどの

工具があれば簡単に設置をすることができます。

 

 

また、軽々ブラウン柵は、

国土交通省「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」

に対応しています。

自然環境の中でも目立ちづらい色なので、

周囲への配慮が必要な地域においても導入されています。

 

 

※黄色の部分に「軽々ブラウン柵」が設置されていますが・・・

 

 

※手前の白いフェンスに比べて、目立ちづらいのが分かります。

 

 

通常の色のフェンスでは設置が難しい場所でも、

軽々ブラウン柵はおススメです。

 

軽々ブラウン柵についてのお問合せは

当店フリーダイヤル、もしくはメールフォームにて承っています。

ご質問等あれば、お気軽にご相談ください。

また、見積依頼も随時承っております。

指定の見積依頼フォームかフリーダイヤルにお問合せ頂ければ、

見積書の発行をいたします。

道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止するフェンス

当店では、道路沿いに設置されている

人や野生動物の立ち入りを防止するフェンス

「らくらくメッキフェンス」を販売しています。

 

 

道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止する「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスは基礎工事不要の

打ち込みタイプのフェンスです。

短期間で設置ができるため、

施工費用を抑えつつ速やかに侵入防止フェンスを導入したい場所におススメです。

 

また、資材価格も安く、

長距離のフェンス設置にも向いています。

 

 

 

 

 

 

地域によって、道路沿いにはフェンスやガードレールが

設置されている場所が多くあります。

主な設置目的は、人であったり野生動物が走行車両と接触しないための措置です。

 

ドライバーにしてみれば、急に道路へ動物等が出てきたら

接触や急ハンドルの危険があります。

そういった危険もあるため、

フェンスは安全管理上とても重要な役割を果たします。

 

 

 

 

 

イノシシやシカ、キツネやタヌキなど、

道路上で車と接触する事故は毎年多く発生しています。

山の近くの道路や森を通り抜ける道路では、

道路そのものが生息地域の中に通っているので、

接触事故は多くなりがちです。

 

道路や線路の存在は、

野生動物の共存においてとても難しい問題なのです。

 

 

 

 

 

そういった車両との衝突リスクを減らすために、

当店のらくらくメッキフェンスは屋外設備の防犯だけでなく、

道路沿いの侵入防止フェンスとしても利用されています。

 

 

 

 

道路沿いに設置できる侵入や立ち入りを防止する「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

らくらくメッキフェンスは道路沿いや線路沿いの侵入防止フェンスとして

数多く導入されています。

容易に進入できないようにするだけでも、

車両への接触リスクを減らすことができるからです。

 

 

 

 

 

道路沿いなどに多く設置されている理由としては、

フェンスの施工方法がシンプルであることが挙げられます。

 

基礎工事が不要で、杭パイプを直接地面に打ち込む施工方法は、

省コストかつ短工期でフェンスを設置することができます。

 

 

 

 

らくらくメッキフェンス 施工手順

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

 

 

設置が簡単なので、フェンス本体価格以外に発生する「施工費用」も、

効果的に抑えることができます。

 

 

 

【道路沿いに設置できる「らくらくメッキフェンス」 施工費用例】

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

 

らくらくメッキフェンスは、1mあたり約2,000円~3,000円前後で

設置工事をしてくれる工務店が多いです。

施工にはコンクリートブロックやモルタルなどの基礎部材費用を使わないので、

施工費用を割安にできるメリットがあります。

 

また、フェンス本体も格安のため、

従来のフェンスに比べて約半分程度の費用に抑えることができます。

 

 

 

【道路沿いや線路沿いの侵入防止「らくらくメッキフェンス」 本体価格】

 

 

 

省コスト&高耐久という利点があるため、

屋外におけるあらゆる場所にらくらくメッキフェンスは導入されています。

 

・道路沿いの侵入防止フェンス

・線路沿いの侵入防止フェンス

・太陽光発電所の防犯フェンス

・屋外設備周囲の防犯フェンス

・企業敷地や資材置き場の盗難防止フェンス

 

 

 

 

今では太陽光発電所を中心に、全国400ヶ所以上に導入されています。

 

 

らくらくメッキフェンスに関する質問等につきましては、

フリーダイヤルや問い合わせフォームにて承っております。

 

製品についてご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

自然環境の色に馴染みやすいブラウン色フェンス

当店で販売中の「らくらくメッキフェンス」シリーズの新商品として、

自然環境の色に馴染みやすいブラウン色フェンス、

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」をご案内しています。

 

 

自然環境の色に馴染みやすい「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

らくらくメッキフェンスにブラウン塗料を施し、

自然環境に多い木や土のような色合いを再現しました。

メッキ使用の本体は耐久性にも優れており、

景観と耐久性の双方に優れたブラウン色フェンスです。

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

自然環境の豊かな場所や景観に配慮が必要な場所に

防犯フェンスとして多く利用されています。

 

 

見積もり発行もとてもらくらくです。

商品ページに見積依頼フォームやフリーダイヤルにて受け付けていますので、

お気軽にお問合せください。

 

「らくらくブラウンフェンス」お見積りフォームへ

 

 

 

住宅や学校、屋外設備や公園など

私たちの身の回りの施設の多くには

周囲にフェンスが設置されています。

 

フェンスを設置する主な理由として、敷地の外周を視覚的に示すことや、

安易に敷地内に立ち入れないようにする防犯目的での設置が多いです。

 

 

 

太陽光発電所などの屋外設備や、駐車場や資材置き場など、

資材の盗難の危険性がある場所においては、

その周囲に防犯フェンスが設置されていることがとても多いです。

 

高価な機材を用いている場所ほど、イタズラや盗難のリスクは高いため、

予めの対策が必要となっています。

 

最近では改正FIT法の施行により、

太陽光発電所のほとんどにはフェンスが設置されています。

 

参考ブログ:改正FIT法によるフェンスの設置に「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

最近ではこういったフェンスの設置において、

ブラウン色のフェンスを導入する現場も

徐々に増えてきました。

 

 

周囲の自然環境や景観に配慮するため、

明るい色を抑えた看板などを推奨する地域も増えています。

また、そういった条例の無い地域であっても、

近隣に配慮をするために

あえてブラウン色のフェンスを導入することもあるそうです。

 

 

また、山や森などの自然環境豊かな場所へフェンスを設置する際にも、

写真のようにブラウン色のフェンスを設置することで

自然環境に馴染むようにするケースが増えています。

一部の地域では、農村部や山林における防犯および獣害対策の双方を兼ねて、

フェンスが設置されている場所も多くあります。

 

 

しかしフェンスを設置するためには、想像以上に費用が掛かるものです。

フェンス本体資材、基礎部材、基礎工事、人件費、

これらをすべて含めると、侵入防止フェンスを100m設置するために

¥1,000,000くらい掛かってしまうケースもあるそうです。

参照ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

参照ブログ:フェンスの設置にかかる基礎工事などの費用

 

 

 

できる限り費用を抑えてブラウン色のフェンスを設置したい場合、

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」はとてもおススメです。

 

 

自然環境の色に馴染みやすい「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

 

らくらくメッキフェンスシリーズは、省コスト&高耐久の防犯フェンスです。

施工費用を抑えてフェンスを設置できるため、

全国各地で導入が進められています。

 

 

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

自然環境が豊かな地域に多く導入されています。

 

 

※私有地の周囲(傾斜地)

 

※耕作地の周囲

 

自然環境における景色への馴染みやすさ、

メッキフェンスの強度を併せ持った

設置場所を問わないブラウンフェンスなので、

屋外設備の周囲や自然環境の豊かな場所、

農園などの設置におススメです。

 

 

※本体パネルの色を比較(奥がブラウンコート仕様)

 

 

※支柱パイプの色を比較(左がブラウンコート仕様)

 

 

 

通常色のらくらくメッキフェンスに比べ、

色の違いは一目瞭然です。

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」は、

ブラウン色の塗料をフェンス資材に施すことで

自然環境に馴染みやすい色合いを実現しています。

 

 

もちろん、従来のらくらくメッキフェンスシリーズと同様に、

施工のしやすさも特徴です。

施工方法はとても簡単なので、

短工期で導入ができ施工費用を抑えることができます。

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

※写真は通常色(メッキ色)のらくらくメッキフェンスの施工風景です。

 

 

 

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートについてのお問い合わせは、

フリーダイヤルや問い合わせフォーム等で受け付けています。

見積依頼も指定のフォームから簡単にできますので、

ご不明な点などはお気軽にご相談ください。

改正FIT法によるフェンスの設置に「らくらくメッキフェンス」

全国各地の太陽光発電所に

導入されている防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

当店Fieldsaver.comにて生産・販売・納品を行っています。

 

 

 

 

 

 

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

 

 

 

ここ数年で、太陽光発電所は全国各地に普及しました。

「再生可能エネルギー」と呼ばれる環境負荷の少ない発電方法として、

総発電量の最も多いのが太陽光発電です。

 

 

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(メガソーラー)

 

再生可能エネルギは環境への負荷が少ないエコなエネルギーとして、

企業や個人を問わずに多くの方々が設置をしています。

 

そんな太陽光発電ですが、ここ数年の急速な普及に伴い、

固定価格買取制度が変更となりました(改正FIT法)。

 

改正FIT法によって太陽光発電所の設置や運営に

必要なルールにも追加および変更がありました。

 

【資源エネルギー庁 改正FIT法 新制度に関するよくある質問】

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/fit_2017/faq.pdf

 

 

 

改正FIT法による変更点の一つとして、

太陽光発電所には敷地外周を囲うフェンス(柵塀)が必要になりました。

 

 

参考としまして、資源エネルギー庁の改正FIT法のリンクより

フェンスに関するQ&Aを掲載しました。

 

 

Q:柵塀にはどのような素材を用いればよいですか。また、第三者が入れないようにするためには、柵塀の高さや発電設備との距離はどうしたらよいですか。

ANS:

柵塀の素材は、ロープ等の簡易なものではなく、フェンスや有刺鉄線等、第三者が容易に取り除くことができないものを使用してください。また、第三者が容易に乗り越えられたり、柵塀の外部から発電設備に容易に触られたりしない高さ・距離で設置してください。

 

 

柵塀を設置することが困難な場合や第三者が発電設備に容易に近づくことができない場合にも、柵塀の設置は必要ですか。

ANS:

柵塀の設置が困難な場合(屋根や屋上に発電設備を設置する場合等)、第三者が発電設備に容易に近づくことができない場合(塀に囲われた庭に発電設備を設置する場合、河川や崖に面した場所に設置する場合等)には、柵塀の設置は不要です。
また、ソーラーシェアリング等を実施し、柵塀の設置により営農上支障が生じると判断される場合にも、柵塀の設置は不要ですが、容易に第三者が近づき事故等が起こることを防ぐため、発電設備が設置されていることについて注意喚起を促す標識を別途掲示するようにしてください。

 

 

既に運転開始している発電設備等にも柵塀の設置は必要ですか。その場合、いつまでに設置すればいいですか。

ANS:

平成28年度までに認定を受けた太陽光発電設備についても、新制度の基準が適用され、柵塀等の設置が必要です。この場合には、経過措置として新制度の施行から1年以内(平成30年3月まで)に設置を行ってください。

 

 

太陽光発電設備の場合で、太陽電池とパワーコンディショナーの設置場所が離れていますが、それぞれに柵塀の設置が必要ですか。また、それらを一括りで囲う必要はありますか。

ANS:

柵塀の設置は、第三者がみだりに発電設備に近づいたり、触れたりすることによって危害が及ぶことを防ぐための措置です。大抵の場合、パワーコンディショナーのような収納箱等により囲われている設備については、柵塀を設置する必要はありません。

 

 

旧制度で認定を受けた低圧の発電設備が複数隣接している場合、1つの発電設備ごとに柵塀の設置が必要ですか。

ANS:

本来は発電設備ごとに柵塀等を設置するものです。ただし、過去に低圧分割で認定を受けた場合については、保守管理の実施に配慮し、複数の発電設備をまとめて柵塀等を設けることとしても構いません。

 

 

柵塀の設置をしたことはどのように確認されますか。

ANS:

認定後において、認定事業者の方々に提出していただく費用報告の中で、柵塀を設置したことについて、何らかの資料・データ等を報告していただくことを想定しており、詳細は今後検討します。

 

 

柵塀の設置が必要な場合に設置をしないと、どうなりますか。

ANS:

指導・助言や改善命令、認定取消しの対象となります。

 

 

以上【資源エネルギー庁 改正FIT法 新制度に関するよくある質問】より引用。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/fit_2017/faq.pdf

 

 

このように、太陽光発電所の周囲にはフェンスなどを設置する必要があります。

これから作られる太陽光発電所はもちろんですが、

既に運用されている太陽光発電所も例外ではありません。

※一部立ち入りが難しい地形やフェンスの設置に適さない土地を除く。

 

ただ、改正FIT法の前から、

太陽光発電所の多くにはフェンスが設置されていました。

その理由として、太陽光発電設備の盗難やイタズラを防止するためです。

 

今後は太陽光発電所にはフェンスの設置が義務付けられますが、

一般的に屋外設備の多くにはそもそもフェンスが設置されていることがほとんどです。

 

 

 

そのため、あまり手間や費用において負担にならないレベルで、

防犯フェンスを設置することがおすすめです。

 

 

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

 

 

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」

 

 

景観に配慮したブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

 

 

 

 

当店のらくらくメッキフェンスシリーズは、

太陽光発電所などの屋外設備周囲に設置をする防犯フェンスです。

改正FIT法の前も後も含め、

全国各地の太陽光発電所に導入されています。

 

 

雨風に強く耐久性が高いため、長期間運用を続ける

屋外設備のフェンスに適しています。

改正FIT法が施行される前から、全国各地の太陽光発電所に導入されており、

敷地内への侵入や設備盗難の対策として活用されています。

 

 

 

 

 

【らくらくメッキフェンス 施工手順】

フェンス設置の主な4工程①~② フェンス設置の主な4工程③~④

 

らくらくメッキフェンスの設置は、

大きく4つの工程に分かれています。

基礎工事不要でフェンスが設置できるため、

施工に掛かる時間や費用を抑えることができるのです。

らくらくメッキフェンス施工手順

専用門扉施工手順

 

 

 

 

 

 

当店のらくらくメッキフェンスシリーズは、

「省コスト&高耐久」という屋外設備に適した特長を持つ防犯フェンスです。

 

改正FIT法により、太陽光発電所にフェンスを設置することが求められているので、

これからもFieldsaver.comは

太陽光発電所の侵入や盗難を防止するためにサポートを続けていきます。

侵入防止フェンスの新商品「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

このたび、侵入防止フェンス「らくらくメッキフェンス」の新規格商品として、

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」の販売を開始しました。

 

 

ブラウン色の侵入防止フェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

メッキフェンスにブラウン塗料を施しており、

景観に馴染みやすく設置場所を問いません。

メッキ使用の本体は耐用年数が長く、

景観と耐久性の双方に優れた侵入防止フェンスです。

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

太陽光発電所や耕作地の周囲、屋外設備の侵入防止フェンスとして、

多くの場所に利用されています。

 

見積もり発行もとてもらくらくです。

商品ページに見積依頼フォームやフリーダイヤルにて受け付けていますので、

お気軽にお問合せください。

 

「らくらくブラウンフェンス」お見積りフォームへ

 

 

私たちの生活圏には、建物や屋外設備が多く存在します。

太陽光発電所、駐車場、貯水池、変電施設、倉庫、資材置き場など、

屋外設備の周囲には侵入防止フェンスが多く設置されています

 

 

 

 

侵入防止フェンスはその名の通り、

敷地内への人の侵入を防ぐために設置されています。

 

 

 

侵入防止フェンスには多くの種類がありますが、

例えば公園内などの意匠を凝らした侵入防止フェンスや、

私有地をのぞき込まれないようにするための侵入防止フェンスもあります。

 

しかしフェンスを設置するためには、想像以上に費用が掛かるものです。

フェンス本体資材、基礎部材、基礎工事、人件費、

これらをすべて含めると、侵入防止フェンスを100m設置するために

¥1,000,000くらい掛かってしまうケースもあるそうです。

 

参照ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

参照ブログ:フェンスの設置にかかる基礎工事などの費用

 

 

 

 

 

ここ数年では太陽光発電所などの屋外設備が多くなりましたが、

こういった高価な設備を多く用いている場所では、

侵入防止フェンスは必須と言えます。

※改正FIT法により一部例外を除いてフェンスの設置が義務付けられました。

 

 

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

 

侵入防止フェンスは各設備へのイタズラや盗難を防ぐことが主ですが、

こういった機材に触れることや崩落によって

怪我をされることを防ぐ意味合いもあります。

 

 

 

 

最近の侵入防止フェンスには、

耐久性や施工性以外にも、

景観に配慮した規格が多くなりました。

侵入防止フェンスを設置する場所の事情に合わせて、

フェンスの色を選択するのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

ブラウン色の侵入防止フェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

当店では侵入防止フェンス「らくらくメッキフェンス」の新商品、

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」の販売を開始しました。

 

 

らくらくメッキフェンスシリーズは、省コスト&高耐久の侵入防止フェンスです。

施工費用を抑えて侵入防止フェンスを設置できるため、

全国各地で導入が進められています。

 

 

 

また、らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

景観への配慮が必要な地域にも導入されています。

 

 

※私有地の周囲(傾斜地)

 

※耕作地の周囲

 

景観への馴染みやすさと強度を併せ持った

設置場所を問わない侵入防止フェンスなので、

屋外設備や農園などの設置におススメです。

 

 

※支柱パイプの色を比較(左がブラウンコート仕様)

 

※本体パネルの色を比較(奥がブラウンコート仕様)

 

 

通常色のらくらくメッキフェンスに比べ、色の違いは一目瞭然です。

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」は

ブラウン色の塗料をフェンス資材に施すことで、

周囲に馴染みやすい色合いを実現しています。

 

 

 

 

また、従来のらくらくメッキフェンスシリーズと同様に、

施工のしやすさも特徴です。

 

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

※写真は通常色(メッキ色)のらくらくメッキフェンスの施工風景です。

 

 

施工方法はとても簡単なので、

短工期で導入ができ施工費用を抑えることができます。

 

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートについてのお問い合わせは、

フリーダイヤルや問い合わせフォーム等で受け付けています。

見積依頼も指定のフォームから簡単にできますので、

ご不明な点などはお気軽にご相談ください。

太陽光発電所などの屋外設備に「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

先日の改正FIT法の施行にあたり、

太陽光発電所の周りにフェンスの設置が進められています。

 

 

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

Fieldsaver.comにて生産・販売・納品を行っている太陽光発電所などの

屋外設備向け防犯フェンスです。

 

 

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

太陽光発電所はもちろんですが、屋外設備の周囲や私有地の外周など、

多くの場所に設置可能な防犯フェンスです。

 

見積書の発行はとても簡単です。

商品ページの見積依頼フォームに、フェンスの高さや長さなどを入力して送信してください。

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート商品ページ

 

ライン 黄緑①

 

近年は防犯意識の高まりによって、

屋外設備の周囲ではあらゆる対策が施されています。

 

 

TREL3G-R 夜間に撮影

太陽光発電所や屋外設備、資材置き場や私有地など、

不法侵入によるイタズラや盗難が発生することがあります。

 

そういった場合、よく使われているのは防犯カメラです。

しかし防犯カメラは、イタズラや盗難の現場を撮影できる可能性がある一方で、

人の敷地内への侵入を防止するものではありません。

 

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(両開き門扉)

そのため、人に敷地内へ侵入させず、

かつ機材へのイタズラや盗難を防ぐためには、

外周に防犯フェンスを設置するのが効果的です。

物理的に立ち入れないことは、何よりも防犯効果の高い方法だからです。

 

 

しかし一方で、自然環境が豊かな場所にて屋外設備を運用している場合、

地域によって事情が異なるようです。

 

それは地域の景観保護のため、できるだけ自然に近い色の

設備環境が求められることがあるからです。

 

このように建物一つにも、

ブラウン色や木に近い茶色が推奨されている地域があります。

主には文化遺産の多い地域などですが、

自治体によっては細かく地域が指定されている場所もあるそうです。

 

 

そういった場所にも設置が進められているのが、

当店の「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」です。

 

 

このフェンスの大きな強みは、

全国で数多く導入されている防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」の

規格で作られた製品ということです。

 

【らくらくメッキフェンスは全国各地に導入されています】

 

 

基礎工事不要で設置ができる、杭を直接地面に打ち込む工法のため、

通常の基礎有りフェンスに比べて

施工費用を大きく抑えることができるのです。

 

【らくらくメッキフェンスブラウンコートは施工費用を抑えられます】

 

 

らくらくメッキフェンスブラウンコートはその色合いで

多くの場所に導入されていますが、

フェンスを設置する意味はもちろん色合いだけではありません。

 

 

例えば敷地内に高電圧の設備があったり、

とても重い機材が積まれていた場合、

万が一にも人が立ち入って感電事故が起こったり、

もしくは機材が崩落して人が怪我をするようなことがあれば一大事です。

 

そのような懸念もあったのか、

今年からは改正FIT法により太陽光発電所のほとんどには

敷地外周にフェンスを設置する必要があります。

地形的に立ち入る事自体が難しい場所ではフェンスの設置が免除される場合もありますが、

それ以外の発電所では基本的にフェンスは設置することとなっています。

 

 

このように、太陽光発電所や電気系統が設置されている屋外設備など、

周囲に危険が及びそうな機材を扱っている場所には

フェンスの設置がとても重要視されています。

 

そのうえで、景観に配慮したフェンスが必要な場合、

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」は

長期間の運用に耐えられるフェンスです。

 

本体資材には溶融亜鉛メッキを用いており、雨風にも強い防犯フェンスです。

 

 

強度試験の様子

【らくらくメッキフェンス 強度試験の様子】

 

らくらくメッキフェンスシリーズでご不明な点などありましたら、

お気軽にご相談ください。

フリーダイヤルや問い合わせフォームにて逐一対応をしております。

 

また、製品に関する資料は各商品ページよりダウンロード可能です。

お気軽にご利用ください。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>