全国の太陽光発電所(500ヵ所以上)に導入されているフェンス

 

全国の太陽光発電所や屋外設備の周囲、私有地の防犯や道路や線路沿いの侵入防止など、

当店のらくらくメッキフェンスは全国数多くの現場に導入されています。

Fieldsaver.comは、らくらくメッキフェンスの生産と納品をつうじて、

屋外防犯のサポートを行っています。

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

更に高強度「強化型らくらくメッキフェンス」

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

 

 

 

全国各地に増えている太陽光発電所は、

再生可能エネルギーの分野で最も発電量が伸びています。

 

その理由として、他の再生可能エネルギーに比べ(水力、風力、バイオマスなど)

コストを抑えて発電所を作れることにあります。

また、近年の太陽光パネルの高性能化により、

発電効率が向上したことで初期コストの回収が容易になったのも挙げられます。

 

太陽光発電所を作るのに掛かった総コストを

売電により10年前後で回収できる運用モデルが多く、

低リスクな投資ビジネスとして参入している企業が全国に数多くあります。

 

 

太陽光発電所を設置する場合、誰もが考えるのは

コストを抑えることだと思います。

太陽光パネルやパワコンの性能は年々向上し、生産コストも低くなりつつあります。

それでもある程度の規模の太陽光発電所を作ろうとすれば、

一千万円以上の費用が掛かってしまいます。

 

太陽光パネルやパワコンといった主要な機材や、

架台や防草シート、防犯フェンスや防犯カメラなどの資材も

揃える分だけ費用がかさみます。

 

 

改正FIT法により、太陽光発電所にはフェンスの設置が義務付けられました。

重量があり電気の通っている機材を扱っている以上、

太陽光発電所にむやみに近づけてしまう環境は危険だからです。

 

周囲に住んでいる人や子供などの安全を考えたうえでも、

フェンスの設置はとても重要です。

また、太陽光パネルや電源ケーブルの盗難や、機材へのイタズラなど、

そういったものを防ぐ意味でもフェンスは欠かせません。

 

しかしフェンスなら何でもいいわけではありません。

網やアニマルネットでは耐久性が弱いため、すぐに壊されたり外されたりするリスクがあります。

 

 

 

※外側から曲げられてしまったアニマルフェンス

 

※破れてしまったネット

 

※壊れてしまったフェンス

 

 

このように、強度の弱いフェンスでは

太陽光発電所に設置された高価な機材を守るには不安があります。

また、壊れたすき間から人が侵入してしまう危険性もあります。

 

しかし強度の高いフェンスを設置しようとすると、

想定していたよりも費用が高くなることもあります。

 

一般的には、フェンスを1m設置するのに掛かる費用は、

フェンス資材と基礎資材などを含めて¥10,000程度と言われています。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

フェンスは必ず設置しなければならないのですが、

できる限り費用は抑えたい。

かといって強度の無いフェンスは不安がある。

 

太陽光発電所については、こういった悩みが多くあるそうです。

そのため、当店の「らくらくメッキフェンス」は

全国数多くの太陽光発電所に導入されています。

 

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスは、当店Fieldsaver.comで生産と販売を行っているフェンスです。

主な設置先は太陽光発電所などの屋外設備周囲、私有地や企業用地、道路や線路沿いなど

全国のあらゆる場所に導入されています。

 

らくらくメッキフェンスの特長としては、

強度の高いメッキフェンスでありながら、

通常のメッキフェンスに比べて格安であることが挙げられます。

 

 

らくらくメッキフェンスは他社フェンスより格安です③

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

らくらくメッキフェンスの安さは、当店の工場(関西)の一ヶ所で大量に生産することで、

原料のコストや保管のコストを抑えていることで実現しています。

 

また、らくらくメッキフェンスは

コンクリートブロックやモルタルを使った基礎工事を必要としません。

地面に杭パイプを打ち込み支柱を設置することで、

フェンスの設置に掛かる費用を大幅に抑えることができるのです。

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

なお当店では設置施工工事は行っておりません。

その理由は、フェンス設置場所に近い施工店様や工務店様に依頼をするのが

最も設置費用を抑えることができるからです。

 

そのため施工を依頼される場合は、

施工手順書を併せて提出されるとスムーズです。

 

 

 

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスの施工方法

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

 

 

らくらくメッキフェンスをご検討の際は、

各商品ページの見積依頼フォームをご利用ください。

フェンスについてのご質問につきましては、

フリーダイヤルや問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

更に高強度「強化型らくらくメッキフェンス」

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

低コストで設置ができる格安防犯メッキフェンス

低コストで設置ができ、本体価格も格安な防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は、

当店Fieldsaver.comで購入することができます。

 

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

更に高強度「強化型らくらくメッキフェンス」

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

屋外設備の周囲や私有地などに防犯フェンスを設置する際、

どの程度のコストが掛かるのか気になる人は多いと思います。

 

一般的には、フェンスを1m設置する場合のコストは、

フェンス資材+基礎工事+人件費等で¥10,000程度かかると言われています。

 

フェンスの設置に掛かるコストにつきましてはこちらのブログでも詳しく説明していますので

ご参考ください。

フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

フェンスを設置するのであれば、強度はもちろんのこと、

できれば低コストで設置できるに越したことはありません。

 

フェンス1mに¥10,000が必要であれば、

100m分のフェンス設置をしたら100万円くらいコストが掛かってしまうのです。

太陽光発電所や屋外設備などの周囲にフェンスを設置する必要がある場所は、

広い敷地で運営していることがほとんどです。

そのため、フェンスもある程度の距離を設置することが求められ、

結果としてフェンス設置に掛かる費用は大きくなりがちです。

 

 

コストを抑えるために手っ取り早いのが

安価なフェンスやネットを使用することです。

 

一方で、フェンス資材のコストを下げ、

安価に済ませようとするのには大きなリスクがあります。

 

 

※単管パイプとネットでフェンスを自作

 

 

※塗料だけの鉄製フェンス(経年劣化で破損)

 

 

※通常のメッシュフェンス(破損)

 

 

フェンス本体資材を安価に済ませようとすれば、

安いフェンス資材や支柱を仕入れて、自分で設置をすれば

コストは大幅に抑えることは簡単です。

 

一方で、強度が無いフェンスを設置してしまうと

上の写真のように数年で破損や劣化を起こしてしまいます。

そうなるとフェンスを撤去し、再度設置しなおすという

結果的にコストが大きくなってしまう状況に陥ります。

 

そのためコストを抑えてフェンスを設置する場合、

 

・フェンス資材は強度の高いものを選ぶ

・フェンスの設置施工に掛かる費用を抑える

 

この2点がとても重要になるのです。

 

 

 

 

当店のらくらくメッキフェンスは、

屋外環境での雨風に強い、高強度のメッキフェンスです。

 

メッキフェンスでは格安の価格帯で、

かつ基礎工事不要で設置施工ができるので、

フェンスの設置に掛かるコストを大幅に抑えることができます。

 

 

①低価格&高強度のメッキフェンス

 

 

 

メッキフェンスは通常の塗料を用いたフェンスに比べ、

耐久性に優れています。

雨風による風化や錆に強いため、屋外での使用に適しているからです。

一方で、溶融亜鉛メッキ等の原料を使用するため、一般的なフェンスよりは

資材価格が高くなる傾向にあります。

 

らくらくメッキフェンスは一般的なメッキフェンスに比べ、

本体価格を格安に設定しています。

その理由として、国内一ヶ所で集中的に大量生産をすることで

生産コストを削減しているからです。

 

コストを削減していますが、もちろん強度や耐久性にも優れています。

※強度試験の様子

 

らくらくメッキフェンスは強度試験も行っているので、

様々な場所に防犯フェンスとして導入されています。

 

 

 

 

②設置施工のコストを抑えられる

 

らくらくメッキフェンスは、コンクリートブロックやモルタルを使わずに

設置施工のできる「基礎工事不要タイプ」のフェンスです。

 

そのため、短工期で設置施工ができ、かつ基礎資材を仕入れる必要がありません。

結果として、通常のメッキフェンスなどに比べて

施工コストを約半分程度に抑えることができるのです。

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

強度の高いメッキフェンスで、かつ格安に抑えたい場合や、

設置施工のコストも併せて抑えたい場合に、

らくらくメッキフェンスはおススメです。

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」   価格表はこちらから

 

 

 

 

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」   価格表はこちらから

 

 

 

 

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」  価格表はこちらから

 

 

 

 

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」   価格表はこちらから

頑丈・安い・設置が簡単な屋外防犯フェンス

頑丈・安い・設置が簡単な屋外防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は、

Fieldsaver.comで生産と販売をしています。

 

 

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」

更に高強度「強化型らくらくメッキフェンス」

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

全国500ヵ所以上の導入実績があるらくらくメッキフェンスは、

屋外の防犯フェンスとして様々な場所に設置されています。

 

 

 

らくらくメッキフェンスシリーズの特長の一つとして挙げられるのが、

基礎工事をせずにフェンスを設置できることです。

 

 

 

コンクリートブロックやモルタルを使わずにフェンスが設置できるため、

資材のコスト削減や施工に掛かる時間を短縮することができます。

一般的な防犯フェンスは1mあたりの設置におよそ¥10,000近くの費用が掛かりますが、

らくらくメッキフェンスの場合、本体資材の価格を含めても

その半額程度で設置をすることができるのです。

参考ブログ①:フェンスの基礎工事に掛かる費用

参考ブログ②:フェンスの工事費を抑えることのできる「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

また、フェンス本体資材は溶融亜鉛メッキが施されているので、

雨風によるサビにとても強く頑丈です。

本体資材は強度試験も行っており、屋外環境で25年間の使用を想定した

設計となっています。

屋外で長期間フェンスを設置し続けたい場合は、

頑丈なフェンスを選ぶことがオススメです。

 

 

らくらくメッキフェンス 強度試験の様子

 

 

 

また、従来のメッキフェンスに比べて

フェンス価格が安いのも特長です。

その理由として、当店の工場は国内一ヶ所で全国分のフェンスを生産しています。

工場の運営費用を抑え、かつ大量に生産をすることで、コストを抑えることを可能にしました。

 

 

 

 

 

頑丈・安い・設置が簡単な屋外防犯フェンスなので、

全国500ヵ所以上の導入実績があります。

あらゆる場所の防犯フェンスとして、

皆さんの安全をサポートしています。

 

【主なフェンス設置場所】

・太陽光発電所(個人向けからメガソーラーまで)

・私有地(住宅や別荘)

・資材置き場

・工場

・道路沿いや線路沿い

・貯水池

・田んぼや畑

・ドッグラン

・駐車場

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスは、設置予定場所へ直送することが可能です。

通常は2週間程度でお届けできますが、

ご注文の多い時期は最大で4週間程度お時間を頂いております。

ご注文の際は、ある程度時期に余裕を持ってご連絡を頂けると助かります。

 

 

当店フェンスにつきましてご不明な点などございましたら、

フリーダイヤルや問い合わせフォームより

お気軽にご相談ください。

 

DIYフェンス・簡単設置・高強度・低価格の「らくらくメッキフェンスシリーズ」

当店Fieldsaver.comでは、

簡単設置の高強度&低価格のDIYフェンス

「らくらくメッキフェンスシリーズ」を生産&販売しています。

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」   価格表はこちらから

 

 

 

 

更に高耐久「強化型らくらくメッキフェンス」   価格表はこちらから

 

 

 

 

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」  価格表はこちらから

 

 

 

 

高さ30cmの低丈仕様「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」   価格表はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

当店では基礎工事不要で簡単に設置ができるDIYフェンスとして、

「らくらくメッキフェンスシリーズ」を生産&販売しています。

 

基礎工事不要で簡単に設置ができるため、

コンクリートブロックやモルタルを使わずに設置することができます。

また、フェンス本体資材には溶融亜鉛メッキ(3種)を使用した高耐久仕様です。

屋外環境で25年以上の使用を想定した作りとなっています。

 

らくらくメッキフェンスは、通常のメッキフェンスよりも低価格となっており、

長い距離を設置する場合にもおすすめです。

 

 

 

らくらくメッキフェンスには、現在4種類の製品があり、

どういった目的でDIYフェンスを設置するかで選ぶことができます。

 

 

 

①シンプルなDIYフェンス「らくらくメッキフェンス」

使用例①:太陽光発電所

使用例②:屋外設備の周囲

使用例③:資材置き場

使用例④:田んぼや畑などの農地周囲

使用例⑤:道路や線路沿い

使用例⑥:私有地の侵入防止

 

 

 

 

②更に高耐久なDIYフェンス「強化型らくらくメッキフェンス」

使用例①:太陽光発電所

使用例②:屋外設備の周囲

使用例③:資材置き場

使用例④:田んぼや畑などの農地周囲

使用例⑤:道路や線路沿い

使用例⑥:私有地の侵入防止

 

 

 

③ブラウン色のDIYフェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

使用例①:景観保護等の条例がある地域

使用例②:屋外設備の周囲

使用例③:田んぼや畑などの農地周囲

 

 

 

 

④高さ30cmのDIYフェンス「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

使用例①:企業敷地内の区画フェンス

使用例②:屋外施設の導線を表示

使用例③:花壇や芝生の周囲

 

 

 

 

このように、らくらくメッキフェンスは

あらゆる用途に応じて設置ができるDIYフェンスなのです。

 

らくらくメッキフェンスは、すべて当店工場からの直送販売となります。

発送はすべてチャーター便トラックや運送会社を利用することとなりますので、

お見積りの際に送料を併せてご案内となります。

 

 

 

※らくらくメッキフェンス、強化型、ブラウンコートの荷姿。

 

 

 

   

※らくらくメッキフェンスシンプルミニの荷姿(一箱20枚入り)。

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスの見積依頼につきましては、

各商品ページにある見積依頼フォームよりお問い合わせください。

 

 

らくらくメッキフェンス 商品ページ

強化型らくらくメッキフェンス 商品ページ

らくらくメッキフェンス|ブラウンコート 商品ページ

らくらくメッキフェンス シンプルミニ 商品ページ

 

 

また、当店フェンスにつきましてご不明な点等ございましたら、

問い合わせフォームやフリーダイヤルなどで

お気軽にご相談ください。

 

 

高耐久のメッキフェンスで屋外設備の周囲を防犯

高耐久のメッキフェンス「らくらくメッキフェンス」は、

太陽光発電所などの屋外設備周囲に多く導入されています。

 

 

高耐久のメッキフェンスで屋外設備の周囲を防犯

 

 

 

 

太陽光発電所などの屋外設備の周囲や、資材置き場、私有地、駐車場、貯水池など、

あらゆる場所に防犯フェンスは設置されています。

 

 

このように屋外に設置されるフェンスには、

日差しや雨風にさらされる状態が続きます。

当然ながら鉄の強度が強かったり、メッキ加工がされていたほうが

長期間使い続けることができます。

 

しかし、フェンスといっても色々な種類があり、

屋外での設置に向いているフェンスも用途によりそれぞれです。

 

「ネットフェンス」

「メッシュフェンス」

「アルミ・ステンレスフェンス」

「目隠しフェンス」

「防風柵」

 

屋外で使えるフェンスには様々な種類がありますが、

単純に長期間使い続けていきたいのなら、

メッキフェンスと呼ばれる

表面にメッキを施した錆に強いフェンスを使うのがいいでしょう。

 

 

 

 

屋外設備や太陽光発電所などは、数十年の期間で運用が継続されます。

そうなると周囲に設置をするフェンスにも、

それと同じくらいの耐用年数や強度が必要になります。

 

以前にメッキフェンスの生産と販売を手掛ける企業の担当者様へ

メッキフェンスの特徴について話を聞くことができましたので、

その内容をまとめてみました。

 

 

 

Q:メッキフェンスは錆びづらいのですか?

はい、とても錆びづらいです。

通常の塗料等を施したフェンスと亜鉛メッキ加工のフェンスを比べた場合では、

約2~3倍の期間は耐久性に差が出ます。

耐久性の低いフェンスは数年から十数年で取り換えなくてはならず、

再購入、再設置、フェンスの処分に費用が掛かります。

そのため、メッキフェンスのような高強度のフェンスを最初から導入するほうが、

結果的にコストを抑えられると思います。

 

 

Q:錆びることによってフェンスが壊れるのですか?

錆による腐食でフェンスの鉄線が細くなり、

とても壊れやすくなります。

フェンスが錆びて赤茶けたり、破損したりすると、

その場所の管理が行き届いていない印象を周囲に与えてしまいます。

管理の行き届いていない場所で起こりやすいのは、侵入やイタズラ、不法投棄などです。

人が出入りしていないであろう印象を持たれてしまった土地には、

それらの修繕や修理や処分といった余計な費用が発生してしまう危険性があるのです。

 

 

Q:メッキにはいくつかの種類があるのですか?

鉄線の太さ(線径)とメッキの付着量により、

メッキフェンスに使われるメッキ鉄線は、1種~4種で区分けされています。

数字が大きくなるほどメッキ付着量が多くなり、長期間錆を防ぐことができます。

 

 

Q:メッキは剥がれて無くなるのですか?

メッキは屋外の環境(雨に含まれる酸や潮風)でだんだんと腐食していきます。

剥がれるというより溶け落ちるといった表現が正しいかもしれません。

腐食のスピードとしては、

田園地帯 < 都市・工業地帯 < 海岸地帯

このようになっています。

海岸地帯での腐食進行スピードが速い理由は、潮風による腐食のためです。

 

 

Q:メッキフェンスを選ぶ際に注意することは何ですか?

メッキの付着量により、屋外での耐用年数に差が出ますので、

そのメッキフェンスが何種のメッキであることを調べるのがいいでしょう。

耐食性では、メッキの付着率が最も高い4種が優れています。

ただ、メッキの付着量が多いほど製品単価はもちろん上がります。

なので屋外での耐久性とコストのバランスを考えるのであれば、

3種以上の亜鉛メッキフェンスであることが一つの目安となるでしょう。

 

 

亜鉛メッキのメッキ付着量については、

下記のサイトで詳しく書かれています。

 

一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会

https://www.aen-mekki.or.jp/

 

 

 

 

 

当店で生産販売を行う「らくらくメッキフェンス」は、

フェンス資材の表面にメッキが施されており、

なおかつコストパフォーマンスに優れたメッキフェンスとして、

全国各地に導入されています。

 

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

高耐久のメッキフェンスで屋外設備の周囲を防犯「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスはフェンス本体価格が安く、

基礎を使わず設置をすることができます。

そのため、一般的なフェンスに比べ

およそ半額で設置することができる

メッキフェンスです。

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

 

太陽光パネルなど屋外設備の周囲に設置されていることが多く、

農園などの獣害対策や貯水池の侵入防止にも設置されています。

 

田んぼ沿いへ設置

 

亜鉛メッキ鉄線3種なのでメッキ付着量も多く、長持ちします。

(田園地帯で25年以上の使用を想定)

 

また、本体価格が安く施工が簡単なため

設置に掛かるコストを大きく削減できます。

 

 

らくらくメッキフェンスは他社フェンスより格安です③

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

メッキ仕様で耐久性が高く、かつ省コストで設置ができるため、

 

・太陽光パネル、太陽光発電所の防犯メッキフェンス

・屋外施設の防犯メッキフェンス

・ゴルフ場などの敷地の侵入防止用メッキフェンス

・私有地など侵入防止の防犯メッキフェンス

・田畑の獣害対策用メッキフェンス

・資材置き場の防犯メッキフェンス

 

あらゆる場所の侵入や防犯用として、多く設置されている

高耐久のメッキフェンスなのです。

 

 

コストパフォーマンスに優れた省コスト&高耐久防犯フェンス

頑丈で価格が安く設置がしやすい、

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は

Fieldsaver.comで生産と販売を行っています。

 

 

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

一般的なメッキフェンスに比べて資材はとても安く、それでいて耐久性に優れています。

基礎工事無しで設置ができるタイプなので、工期を短くできるため

省コストで設置をすることができます。

 

らくらくメッキフェンスは見積書の発行もとてもらくらくです。

商品ページの見積依頼フォームやフリーダイヤルにて

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

太陽光発電所の周囲など、屋外設備の周囲には

必ずと言っていいほど防犯フェンスが設置されています。

 

防犯フェンスを設置する理由は、もちろんイタズラや資材盗難を防ぐためにあります。

しかし太陽光発電所では、2016年度より改正FIT法が施行されており、

フェンスの設置が必須になっています。

こうなってくると、フェンスの設置をするしないではなく、

必ずフェンスを設置しなくてはなりません。

 

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

また、太陽光発電所に限らず、

一般的な発電所や変電所などにもフェンスは設置しなくてはなりません。

イタズラや盗難対策というより、人が近づいたら危険なのが大きな理由です。

 

しかし単純にフェンスを設置するといっても、

敷地を囲うにはある程度の距離のフェンスを購入しなくてはなりません。

 

 

50kw野立て設置イメージ図①

例えば50kw分の野立て太陽光発電所の場合、

周囲にフェンスを設置すると、

およそ100m程度のフェンスが必要になることが多いです。

参考ブログ:50kw太陽光発電所のフェンス設置距離

 

また、フェンスを設置するための基礎工事として、

基礎ブロックやモルタルといった基礎資材に費用が掛かります。

 

 

基礎資材の費用だけではなく、

基礎ブロックを地面に埋めたりモルタルを乾燥させるなど、

施工費用も発生します。

 

そのためフェンスを1m設置するためには、

10,000円ほどの費用が掛かってしまうことが多いのです。

参考ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

いかにしてフェンス設置費用を抑えるかは、

どなたでも考えることだと思います。

 

 

かと言って安価なフェンスを購入すると、

明らかに強度が弱かったり、すぐに錆びたりするため、

とてもコストパフォーマンスが悪くなります。

 

フェンスを設置して7~8年で取り換えると、

新たなフェンス設置費用に加えて

フェンス撤去費用も必要となるからです。

 

 

「できるだけ費用を抑えて防犯フェンスを設置したい」

「できるだけ頑丈なフェンスがいい」

 

 

そういった場合、当店のらくらくメッキフェンスは

とてもコストパフォーマンスに優れている防犯フェンスとして

コストを抑えて設置をすることができます。

 

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

当店のらくらくメッキフェンスは、基礎工事不要で設置ができる防犯フェンスです。

そのため、一般的なフェンスに比べ

およそ半分程度の費用で設置をすることができます。

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

杭パイプを地面に直接打ち込み、支柱を固定するタイプなので、

基礎工事をせずにフェンスを設置できます。

 

 

 

また、一般的なメッキフェンスに比べて本体価格が安く、

かつ強度に優れています。

 

らくらくメッキフェンスは他社フェンスより格安です③

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

※らくらくメッキフェンス 強度試験の様子

 

低価格なメッキフェンスで強度に優れ、

かつ設置費用を抑えられるため、

とてもコストパフォーマンスに優れた防犯フェンスです。

 

費用を抑えてコストパフォーマンスを重視する企業様や個人様の注文により、

らくらくメッキフェンスは全国各地の太陽光発電所や

屋外設備の周囲に導入されています。

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスについてのお問い合わせは、

当店のフリーダイヤルや問い合わせフォームをご利用ください。

屋外防犯用トレイルカメラ「トロフィーカム」シリーズ【乾電池式】

Fieldsaver.comでは、

屋外防犯用トレイルカメラ「トロフィーカム」の

販売を行っています。

 

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカムXLT 24MPローグロウ

 

 

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカム 20MPノーグロウ

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカム 20MPローグロウ

 

 

Bushnell(ブッシュネル)トロフィーカムHD3エッセンシャル

 

 

 

現在はオフィスやマンションだけでなく、

あらゆる場所で防犯カメラを見かけるようになりました。

特に最近では警察でも防犯カメラの写真や動画を証拠として重視しており、

あらゆる場所への防犯カメラ導入が進んでいます。

 

 

 

 

特に屋外においては、イタズラや盗難といったリスクを感じてしまう場所が多いはずです。

駐車場や資材置き場、

私有地の畑や山林などの人目の少ない場所、

太陽光発電所や屋外設備の周囲など、挙げればたくさんあります。

特に高価な機材が屋外に置かれている環境下では、

フェンスが設置されていたり防犯ライトが設置されていたりと、

その周囲には何かしらの対策はされているかと思います。

 

 

しかしそういった場所では、必ずしも都合よく電源が取れるわけではありません。

特に山林や自然の多い場所では電柱や街灯も少なく、防犯カメラへの給電がとても難しいです。

たまたま住宅の近くであったりすればコンセントを利用することもできますが、

そもそも電源の取れない場所にこそ防犯カメラを設置したいというシチュエーションが

とても多くあるのです。

 

 

 

電源の取れない環境=人が少なく人目につきづらい

そのような環境下では不法投棄なども発生しやすい条件が揃っています。

一度不法投棄やイタズラが行われた場所は、その後も犯罪が行われやすい傾向にあるそうです。

そういった場所には防犯カメラを設置し、取り締まる自治体も多くなりました。

 

 

電源の取れない環境で防犯カメラを設置したい場合や、

コストを抑えて防犯カメラを導入したい場合など、

当店の屋外防犯用トレイルカメラ「トロフィーカム」が

とても便利です。

 

 

屋外防犯トレイルカメラ「トロフィーカム」

 

 

トロフィーカムは、乾電池で作動するタイプの屋外防犯トレイルカメラです。

人勧センサー(赤外線パッシブセンサー)の範囲内で熱を感知すると、カメラが作動します。

撮影方法は、静止画や動画、あるいはそのどちらも撮影する静止画+動画モードがありますので、

設置環境に応じた設定が可能です。※機種によっては静止画+動画モードは備わっていません。

 

昼間の撮影はもちろんですが、光が不十分な場所や夜間には

ナイトビジョンフラッシュ機能により、モノクロ撮影を行うことができます。

 

 

自動撮影カメラ(トレイルカメラ)の仕組み

※画像はトロフィーカム XLT4MPの説明内容となります。

 

 

日中撮影(カラー)

日中、光のある場所での撮影(カラー)

※上記画像はトロフィーカムXLT 24MPノーグロウの撮影画像です。

 

 

夜間撮影(モノクロ)

日中、光のある場所での撮影(カラー)

※上記画像はトロフィーカムXLT 24MPノーグロウの撮影画像です。

 

 

センサーが感知する有効距離は約30mです。

前方約48°の角度に入った人や動物にセンサーが反応し、瞬時に撮影を行います。

 

センサー反応とトリガースピードに優れているため、

撮り逃しを少なくすることができます。

 

※屋外防犯トレイルカメラ「トロフィーカム」撮影イメージ

 

 

トロフィーカムは電源不要の乾電池タイプです。

乾電池は単三を8本使用してください。

電源の無い場所でも簡単に防犯カメラを導入することができるので、

手間や設置コストを抑えることができます。

 

※トロフィーカムHD3 エッセンシャルの写真

 

 

当店で取り扱っている屋外防犯トレイルカメラの機種では、

特にセンサーやリカバリータイムに優れた機種です。

スペック比較表を確認して頂き、

より使いやすいタイプを選ぶことができます。

 

 

当店で販売中の屋外防犯トレイルカメラの性能比較表です。

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

トロフィーカムは、優れた光学機器を取り扱う北米の老舗メーカー

「Bushnell(ブッシュネル)」の製品です。

 

製品につきましてご不明な点などございましたら、

当店までお気軽にご相談ください。

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」は、

全国の太陽光発電所など

あらゆる場所の防犯フェンスに導入されています。

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」

 

当店ではらくらくメッキフェンスの生産と納品を行っており、

北は北海道から南は九州まで

あらゆる場所へフェンスを発送しています。

 

近年はあらゆる場所で防犯に向けた動きが活発となっており、

先日の改正FIT法の施行では

太陽光発電所の周りにはフェンスや柵塀を設置することが必要になりました(一部例外有り)。

 

 

らくらくメッキフェンスは、見積書発行もとても簡単です。

商品ページの見積依頼フォームに、フェンスの高さや長さなどを入力して送信してください。

また、フリーダイヤルでも見積依頼を承っております。

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電所のような屋外設備の周囲には、

必ずと言っていいほどフェンスが設置されています。

 

フェンスを設置する主な理由は、

資材や機材へのイタズラや盗難を防ぐことにあります。

また、発電設備などの場合は周りの人の安全を守るために

設置されるケースもあります。

 

2017年の改正FIT法による太陽光発電所へのフェンス設置については、

まさに防犯と安全を兼ねた施策と言えるでしょう。

 

 

 

※らくらくメッキフェンス 設置写真

 

 

フェンスを設置することは、防犯や安全を考えると

とてもシンプルで分かりやすい対策方法です。

しかしフェンスを設置するためには、基礎工事や施工をしてもらう業者の方が必要になるなど、

意外と多くの費用が掛かってしまいます。

フェンスの設置に必要な費用につきましては、

当店のブログにて情報を掲載しています。

参照ブログ:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

フェンスの設置にできるだけ費用を掛けないためには、

簡単な施工方法で設置ができるタイプがおススメです。

 

特に基礎工事が要らない、支柱を地面に直接打ち込む工法であれば、

コンクリートやモルタルといった基礎資材が必要ありません。

更にコンクリートを乾燥させる手間も無いので、

とても工期を短くすることができます。

 

 

少しでもフェンス設置費用を抑えたい場合、

基礎不要の簡単設置で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」が

適しています。

 

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」

 

らくらくメッキフェンスは、基礎が要らないタイプの

短工期&省コストフェンスです。

 

 

独立基礎固定  img_4773_thumb SONY DSC

一般的なフェンスでは、

写真のような独立基礎、モルタルといった部材で

フェンスの支柱を固定します。

しかしらくらくメッキフェンスは、

杭パイプを地面に直接打ち込み支柱を設置するため、

基礎工事に必要な資材や手間が掛かりません。

 

 

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

 

そのため、基礎資材の材料費やモルタルの乾燥などの手間を省くことができ、

一般的なフェンスの約半分程度の費用で簡単にフェンスを設置することができるのです。

 

 

フェンス本体資材も一般的なメッキフェンスに比べると安く、

フェンスの購入費用と設置費用の両方で費用を抑えることができる

コストパフォーマンスに優れた防犯フェンスなのです。

 

 

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 

 

あらゆる地域において、フェンスを簡単に設置をして

費用を抑えたいという要望を頂くことができました。

そういった積み重ねもあり、

らくらくメッキフェンスは全国500ヵ所以上で

導入がされています。

 

 

 

 

 

らくらくメッキフェンスについてのご質問は、

問い合わせフォームやフリーダイヤルにてお気軽にご相談ください。

 

当店は簡単施工で費用を抑えられる「らくらくメッキフェンス」の生産と納品を通じて、

皆様の屋外における安全に貢献していきます。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>