ブラウン色の区画フェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

ブラウン色の区画フェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

当店で販売をしている、らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは、

ブラウン色の区画フェンスとして多くの場所に導入されています。

 

ブラウン色の区画フェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

メッキフェンスにブラウン塗料を施しているため、

耐久性に優れた区画フェンスです。

太陽光発電所や耕作地の周囲、屋外設備の区画フェンスなど、

多岐に渡って使用されています。

 

見積もり発行もとてもらくらくです。

商品ページに見積依頼フォームやフリーダイヤルにて受け付けていますので、

お気軽にお問合せください。

 

「らくらくブラウンフェンス」お見積りフォームへ

 

屋外設備などにおいて、その周囲には区画フェンスが多く設置されています。

 

区画フェンスが設置される理由の多くは、

敷地内への人の侵入を防止するためです。

また、簡易的なフェンスであっても、

敷地や区画を示すために設置する場合も多く、

フェンスの性質も設置場所によって異なります。

 

 

特に太陽光発電所など、大きな機材を扱っている屋外設備においては、

区画フェンスの重要性が高まります。

 

屋外設備の多くは非常に高価な機材を使用しているため、

盗難やイタズラといったリスクが存在します。

区画フェンスは、そういったことを防止するためにも使用されます。

 

また、強風などにより太陽光パネルなどの機材が崩落することや、

地震によって設備が倒壊する可能性があります。

そういった場合、敷地内に人が居るとそれに巻き込んでしまう

ことも考えられます。

 

このように区画フェンスとは、

あらゆる事態を想定した上で設置をされているのです。

設備の安全と人間の安全、その双方を守るために

区画フェンスなどは設置されています。

 

 

最近の区画フェンスには、耐久性や施工性以外にも、

景観に配慮した規格も多くなりました。

上の写真のようなブラウン色であれば、周囲の景色に馴染みやすく、

景観に対する条例がある自治体でも使用することができます。

そういった景観条例のある自治体のほとんどは、

茶色やブラウン色の建物や看板などを推奨しています。

 

 

ブラウン色の区画フェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

当店ではブラウン色の区画フェンス

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」の販売を行っています。

 

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」の特徴は、

周囲の景観に馴染みやすい色にあります。

 

※支柱パイプの色を比較(左がブラウンコート仕様)

 

※本体パネルの色を比較(奥がブラウンコート仕様)

 

 

通常色のらくらくメッキフェンスに比べ、

色の違いは一目瞭然です。

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートは

濃いブラウン色の塗料をフェンス資材に施すことで、

照り返しを防ぎ周囲に馴染みやすい色を実現しました。

 

 

【フェンスと支柱の仕様】

 

基本資材:フェンス本体パネル

JIS G3547 SWMG H-3 【3種亜鉛鍍金鉄線】 3.2Φ 幅2150mm

下部6段メッシュ幅 75mm×150mm  上段メッシュ幅 150mm×150mm

上記規格にアクリル樹脂塗料を焼き付け塗装でブラウンを着色

マンセル値:5YR-1/3から5YR-1/2の中間色

※塗装方法とマンセル値は変更となる場合があります。

 

基本資材:支柱用丸パイプ

JIS G3302 SGC570 【亜鉛鍍金】 厚み0.5mm×太さ38.1Φ

上記規格にポリ塩化ビニル樹脂を樹脂コーティングでブラウンを着色

マンセル値:9.32YR.1.62/0.79

※塗装方法とマンセル値は変更となる場合があります。

 

 

そのため、あらゆる場所に導入することができる

汎用性の高い区画フェンスなのです。

 

※私有地の周囲(傾斜地)

 

※耕作地の周囲

 

 

 

また、従来のらくらくメッキフェンスシリーズと同様に、

施工のしやすさも特徴です。

 

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

※写真は通常色(メッキ色)のらくらくメッキフェンスの施工風景です。

 

 

施工方法はとても単純なので、

短工期で導入ができ施工費用を抑えることができます。

 

らくらくメッキフェンスは、省コスト&高耐久なので、

全国各地で設置が進められています。

 

 

らくらくメッキフェンス|ブラウンコートについてのお問い合わせは、

フリーダイヤルや問い合わせフォーム等で承っています。

見積依頼も指定のフォームから簡単にできますので、

ご不明な点などはお気軽にご相談ください。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>