「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」は屋外環境に馴染む茶色のフェンスです | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」は屋外環境に馴染む茶色のフェンスです

全国の屋外設備や私有地の周囲に導入されている「らくらくメッキフェンス」に

このたびブラウン色の新たな規格が追加されました。

 

屋外環境に馴染む茶色のフェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

 

らくらくメッキフェンスの資材に、

屋外環境に馴染みやい茶色の塗装を施したブラウンフェンスです。

 

景観条例によりブラウン色のフェンスを導入した居場所や、

周囲に配慮の必要な屋外環境において、

ブラウン色のフェンスが多く採用されています。

 

お見積もりもとってもらくらくです!

商品ページの見積依頼フォームに、

フェンスの高さ、長さ、門扉の数、発送予定先などを入力して

送信してください。

ご指定の宛先(メール・FAX・郵送)へ後日見積書をお送りします。

「らくらくブラウンフェンス」お見積りフォームへ

 

 

屋外では設備の周囲や私有地、駐車場や墓地など、

ありとあらゆる場所にフェンスが設置されています。

 

屋外設備の周囲において、フェンスの設置は必須とも言えます。

 

その理由は、多くの屋外設備には電力等を使用しており、規模が大きく重量があります。

うかつに他者が触れられる環境下では、感電や崩落といった危険を伴いかねないからです。

そのため、屋外設備の多くには周囲にフェンスが設置されているのです。

 

 

今年の改正FIT法により、

太陽光発電所の周囲にもフェンスの設置が必要になりました。

当店では多くの太陽光発電所にフェンスを納入することで、

再生可能エネルギー事業をサポートをしてきました。

その数は300ヶ所以上の太陽光発電所となり、

ありとあらゆる発電所に当店のフェンスは設置されています。

 

 

一方で、屋外設備は都心だけでなく

地方や山林といった自然豊かな環境でも多く設置されています。

 

 

 

自然の多い場所や神社仏閣の多い地域などは、

その景観を大事にするために自治体ごとにルールが決められています。

代表的な例として、

屋外環境において馴染む色の設備や看板などを設置することが挙げられます。

 

 

通常駐車場にはドライバーが探しやすいよう、

赤や黄色の看板が設置されていることが多いです。

しかし景観条例のある地域では、写真のように落ち着いた色の看板になっています。

この傾向は設備にしてもフェンスにしてもあるそうで、

周囲の景観を損なわないレベルのものが事実求められているのです。

 

 

当店でもそういった問い合わせを受ける事が多くなり、

このたび景観に優しい色のフェンスをリリースすることとなりました。

 

屋外環境に馴染む茶色のフェンス「らくらくメッキフェンス・ブラウンコート」

 

 

らくらくメッキフェンス・ブラウンコートは、当店で生産と販売を行っている

らくらくメッキフェンスにブラウン色の塗装を施した製品です。

茶色は屋外環境に馴染みやすい色なので、景観に配慮をした場所への設置に適しています。

 

※フェンス本体パネルの色を比較

 

従来のらくらくメッキフェンス(メッキ色)と比べると、

茶色で落ち着いた風合いになっていることが分かります。

 

 

 

※支柱パイプの色を比較

 

支柱パイプもこのように、土や樹木に近い色合いとなっています。

そのため、環境豊かな場所へ設置をしても景観を損ないづらいのです。

 

 

 

山林などへ設置した場合、このように景観に馴染んでいます。

傾斜地にも設置ができるタイプの基礎無しフェンスなので、

あらゆる場所への設置に適しています。

 

 

日が差す場所では、フェンス本体の照り返しを抑えることができます。

亜鉛メッキの上にブラウン塗装を施しているので、

メッキよりは光を反射しづらくなっています。

 

このように、らくらくメッキフェンス・ブラウンコートは

設置する場所を問わない優しい色合いのフェンスなのです。

 

また、強度にも優れているため、

雨風といった屋外環境でも長期間使用することができます。

※強度試験の様子

 

導入しやすい屋外の防犯フェンスとして、

らくらくメッキフェンスシリーズは全国各地の屋外設備の周囲に導入されています。

 

全国300ヶ所以上の太陽光発電所に導入されています

 

らくらくメッキフェンス・ブラウンコートについてのお問合せは

当店フリーダイヤル、もしくはメールフォームにて承っています。

ご質問等あれば、お気軽にご相談ください。

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>