産業用太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

産業用太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

太陽光パネルの設置場所として、

まずは住宅の屋根が挙げられます。

 

 

自宅で使用する電力を賄う方法として、

太陽光発電システムを設置していることが多いです。

また、建物の屋上スペースを利用して太陽光パネルを設置するケースもあります。

 

ビルの屋上や店舗の屋上などでも太陽光パネルは多く設置されています。

 

しかし、屋上スペースで発電される電力はあまり多くないため、

発電による収入を見込めるほどではありません。

 

 

発電による収入を得るためには、

ある程度広い土地に太陽光パネルを設置する必要があります。

写真のように、大量の太陽光パネルにより発電所を運営している場所も、

ここ数年で多くなりました。

 

ケースが多いですが、

それ以外にも、遊休地や企業敷地内の地面へ設置されていたり、

ビルの屋上や工場の屋根などに設置されている風景も

多く見られるようになりました。

このように、家庭消費用以外の太陽光発電システムは、

「産業用太陽光発電」と呼ばれています。

 

2012年にFIT(全量固定価格買取制度)という

発電した電力を電力会社に買い取ってもらうシステムが生まれたことで、

産業用太陽光発電には、

一般企業や個人事業主が事業者となるケースが近年続々と増えました。

 

 

発電により売電収入を得ることが、産業用太陽光発電の目的です。

一つの企業で複数の太陽光発電所を運営していることも多く、

日本の再生可能エネルギーで最も多くの発電を実現しています。

 

2017年からは改正FIT法が施行され、

より長期的に太陽光発電所を運営するためのルールが組み込まれました。

 

※らくらくメッキフェンス 設置写真

 

改正FIT法の内容には、

太陽光発電所の周囲にフェンスや柵を設置することが明記されています。

また、発電所であることを示す看板などの設置も必要となり、

より安全な運営を要求されることとなりました。

 

※フェンスの設置されていない太陽光発電所

 

既に稼働している太陽光発電所であっても、

これからはフェンスを設置しなくてはなりません。

フェンスといっても色々と種類がありますが、

どのようなフェンスが産業用太陽光発電に

向いているのでしょうか?

 

今までのブログでも参考にさせていただいた

フェンスのメーカーや販売担当者の方々の話をようやくすると、

 

 

「フェンスの耐用年数」

「フェンスの本体価格」

「フェンスの設置コスト」

この3つが特に重視される傾向が強いです。

 

産業用太陽光発電所は、短くても20年程度は運用を前提としています。

そのため、産業用太陽光発電所の周囲に設置するフェンスには、

ある程度の期間でも問題無い耐久性が求められているです。

 

 

これら3つの特長を持ち合わせたフェンスとして、

「らくらくメッキフェンス」が全国多くの太陽光発電所に設置されています。

 

らくらくメッキフェンスは、耐用年数が約25年と長く、

かつ基礎が要らないタイプの短工期&省コストフェンスです。

 

独立基礎固定  img_4773_thumb SONY DSC

一般的なフェンスでは、

写真のような独立基礎、モルタルといった部材で

フェンスの支柱を固定します。

 

らくらくメッキフェンスは基礎資材を使わず、

杭パイプを地面に直接打ち込んで施工を行います。

そのため、基礎資材の材料費やモルタルの乾燥などの手間を省くことができ、

施工費用を大幅に抑えることができます。

 

フェンス設置に掛かる総コストが安いため、

費用対効果が高い屋外設置に向いたフェンスです。

多くの産業用太陽光発電所の周囲に設置されており、

イタズラや盗難の防止に貢献しています。

 

産業用太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>