メッキ仕様のフェンスは耐久性が高いです | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

メッキ仕様のフェンスは耐久性が高いです

防犯フェンスの設置場所のほとんどが、

屋外設備や私有地の周囲などになります。

こういった場所ではフェンスが雨風にさらされ続ける環境にあり、

フェンスの劣化やサビなどが気になります。

 

 

_19-101692

フェンスは錆びると支柱や鉄線がこのように赤茶けた色になります。

色が変わるだけならいいのですが、こういうフェンスはとても壊れやすい状態なのです。

人が寄りかかったりよじ登ったりするだけで破損する恐れがあり、大変危険です。

また、こういった色のフェンスは管理が行き届いていない印象を与えてしまい、

侵入やイタズラを助長してしまう危険性もあります。

 

 

 

※らくらくメッキフェンス設置写真

 

そのため、屋外で防犯目的でフェンスを設置する場合は、

メッキ加工のされたフェンスが適しています。

錆びに強く耐久性に優れていて、長期間の設置に向いているからです。

表面のメッキは経年により徐々に溶けてしまいますが、

ある程度のメッキが施されたフェンスであれば

数十年以上耐えうる製品もあります。

 

 

例えば通常の塗料などを施したフェンスと

メッキフェンスを比べた場合では、

約2~3倍の期間は品質が長持ちします。

塗装処理だけのごく一般的なフェンスでは

7年未満の耐久年数表示であることがほとんどですが、

メッキフェンスであれば耐久性が高く

屋外環境で20年~25年使用できる規格も多いです。

 

 

メッキフェンスには、フェンス本体の鉄線の太さ(線径)と

それらに付着する亜鉛メッキ量が記載されていることもあります。

亜鉛メッキは1種~4種で区分けされていて、

数字が大きくなるほどメッキ付着量が多く

長い期間錆を防ぎます。

ただ、どれだけ多くのメッキを施されていても

屋外の環境(雨に含まれる酸や潮風)で

だんだんと腐食は進んでいきます。

腐食のスピードとしては、

田園地帯 < 都市・工業地帯 < 海岸地帯

このようになっています。

 

 

フェンスについては、できる限り耐久性の高いものを選ぶほうが

取り換えや修理の手間を抑えることができ、

結果的にコストを抑えられることが多いです。

メッキについて詳しい説明がされているHPがありますので、

参考までにご覧ください。

<一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会>

http://www.aen-mekki.or.jp/

 

 

当店の販売するらくらくメッキフェンスは、

基礎の要らないタイプの高耐久メッキフェンスです。

基礎資材や工機を使わずに設置ができるタイプなので、

費用を抑えて導入することができます。

 

省コストで高耐久のメッキフェンス!「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

メッキフェンス本体は雨風にも強く、

屋外環境で約25年を想定した

設計となっています。

強度試験の様子

※強度試験の様子

 

 

メッキ仕様で耐久性が高く、かつ省コストで設置ができるため、

 

・太陽光発電所などの屋外施設周囲の防犯フェンス

・ゴルフ場などの敷地の境界フェンス

・私有地などの侵入防止フェンス

・資材置き場の侵入防止フェンス

・墓地などの境界フェンス

 

このように、多くの場所に導入されています。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>