景観に優しい茶色のフェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

景観に優しい茶色のフェンス「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

全国各地に設置されている防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」に

ブラウン色の新商品が追加されました。

 

景観に優しい茶色のフェンス「らくらくメッキフェンス・ブラウンコート」

 

らくらくメッキフェンスの資材に、

周辺環境に馴染みやすい茶色の塗装を施したブラウン色のフェンスです。

 

メッキ色が苦手な方や、周囲に配慮の必要な環境で設置を予定している方など、

ブラウン色のフェンスが多く採用されています。

 

お見積もりもとってもらくらくです!

商品ページの見積依頼フォームに、

フェンスの高さ、長さ、門扉の数、発送予定先などを入力して

送信してください。

ご指定の宛先(メール・FAX・郵送)へ後日見積書をお送りします。

 

 

 

ライン オレンジ①

 

 

 

一般的な街の景色①

都心など商圏のある場所では、街にはあらゆる色やデザインの看板で溢れています。

いかに人目について注目をされるかが、看板や広告の大きな役目です。

こういったものは基本的に派手な意匠になることがほとんどです。

 

 

一方、観光地や神社仏閣の多い地域については、

こういった看板は景観保護のために色を抑えている場合があります。

 

 

景観に配慮した色の看板①

京都府にある駐車場ですが、看板の色が茶色にしている場所が多いです。

他にもコンビニの看板なども茶色を基調としたデザインであることが多いです。

周辺環境に調和しやすい、茶色のような落ち着いた色合いが好まれているそうです。

 

 

自治体の条例により、

景観を保護するために屋外での広告やそれらの配色を制限する場所が増えています。

こういった世情もあるのか、屋外に設置されるものに対して

色を茶色などの落ち着いた色にする動きは徐々に増え始めています。

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(両開き門扉)

らくらくメッキフェンスを太陽光発電所に導入

当店Fieldsaver.comでは、

屋外設備の周囲に設置する防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」の

販売を行っています。

 

多くの導入実績がある一方で、ここ数年は

フェンスの色に茶色やブラウン色を希望される方も増えてきました。

その理由は様々ですが、

 

・自治体の景観条例で茶色やブラウン色のフェンスが推奨されている

・近隣住民への配慮

 

こういった理由で茶色やブラウン色のフェンスを検討しているケースが多いです。

 

今まではオーダー品としてブラウン色に塗装をしたらくらくメッキフェンスを

販売していましたが、この度皆様の要望を受けてブラウン色のフェンスを

新商品として販売開始しました。

 

 

景観に優しい茶色のフェンス「らくらくメッキフェンス・ブラウンコート」

 

 

らくらくメッキフェンス・ブラウンコートは、

らくらくメッキフェンスの資材にブラウン塗装を施した

景観に優しいフェンスです。

らくらくメッキフェンスの設置しやすさはそのままに、

ブラウン色での設置を希望される方にオススメです。

 

 

 

01-004--5 

※フェンス本体パネル(アクリル樹脂塗料を焼き付け塗装)

 

ブラウン色とメッキ色の比較

※支柱パイプと杭パイプ

※支柱パイプはポリ塩化ビニル樹脂を樹脂コーティングでブラウンを着色

 

01-004--2

※らくらくブラウンフェンス 設置写真

 

 

上の写真のように、

通常のらくらくメッキフェンスの資材にブラウン塗料を施しました。

今までの簡単な施工性はそのままなので、

短工期でコストを抑えてフェンスを設置したい場合にもオススメです。

 

 

※本体パネルの色を比較。

 

※支柱パイプの色を比較。

 

従来のらくらくメッキフェンスと比べると、

色の違いは一目瞭然です。

 

 

【製品の注意点】

・当製品は従来のらくらくメッキフェンスにブラウン塗料をコーティングしたものとなります

・製品には多少の色ムラや塗りムラがあり完全な塗装コーティングを保証するものではありません

・経年劣化によりブラウン塗料から先に剥がれていきます

 

 

<塗装されるフェンス資材の仕様>

 

【基本資材:フェンス本体パネル

JIS G3547 SWMG H-3 【3種亜鉛鍍金鉄線】 3.2Φ 幅2150mm

下部6段メッシュ幅 75mm×150mm  上段メッシュ幅 150mm×150mm

上記規格にアクリル樹脂塗料を焼き付け塗装でブラウンを着色

マンセル値:5YR-1/3から5YR-1/2の中間色

 

【基本資材:支柱パイプ

JIS G3302 SGC570 【亜鉛鍍金】 厚み0.5mm×太さ38.1Φ

上記規格にポリ塩化ビニル樹脂を樹脂コーティングでブラウンを着色

マンセル値:9.32YR.1.62/0.79

 

【オプション資材:専用門扉

各門扉資材にアクリル樹脂塗料を焼き付け塗装でブラウンを着色

マンセル値:5YR-1/3から5YR-1/2の中間色

※ブラウン色仕様の門扉資材は、単管キャップ、ワイヤーロープ、ワイヤークリップ以外はブラウン色の塗装が施されます。

 

【オプション資材:スカートパネル】

JIS G3547 SWMG H-3 【3種亜鉛鍍金鉄線】 3.2Φ 幅2100mm(亜鉛メッキ鉄線3種)

上記規格にアクリル樹脂塗料を焼き付け塗装でブラウンを着色

マンセル値:5YR-1/3から5YR-1/2の中間色

 

【オプション資材:補強パイプ

JIS G3302 SGC570 【亜鉛鍍金】 厚み0.5mm×太さ15.0Φ×2,000mm

上記規格にポリ塩化ビニル樹脂を樹脂コーティングでブラウンを着色

マンセル値:9.32YR.1.62/0.79

 

 

※塗装されない資材

 

【基本資材:杭用角パイプ(メッキ色)】

 STKMR400  長さ990mm 厚み1.6mm 25mm×25mm角

※支柱パイプを被せてしまうため塗装の必要がありません。

 

【基本資材:パネル留め金具(メッキ色)】

鉄製(亜鉛鍍金)

 

【基本資材:支柱キャップ(黒色)】

ポリアセタール樹脂

 

【基本資材:プラアンカー(黒色)】

ABS樹脂

 

【基本資材:結束線(ステンレス色)

ステンレス製(SUS304) #16 500mmカット

 

 

 

 

らくらくメッキフェンス・ブラウンコートは基礎工事不要の簡単施工なので、

施工費を抑えて設置することができます。

※当店はフェンスの生産と納品のみの対応が可能です。

 

一般的なフェンスは基礎ブロックやコンクリートなどの基礎資材が必要で、

 

それらを流し込むための地面の掘削や乾燥など、

フェンスの工期が長くなる傾向にありました。

 

らくらくブラウンフェンスは杭パイプを地面に直接打ち込む工法なので、

基礎資材の費用が掛からず、かつ短工期でフェンスを設置することができるのです。

 

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

※写真は通常タイプのらくらくメッキフェンス(通常タイプ/メッキ色)を設置している様子です。 

※100mあたりの設置は5人工と算出(1日8時間の作業)

 

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

 

らくらくブラウンフェンスは傾斜地にも施工をすることができます。

山林や私有地内など、景観を損ねたくない場所は意外と起伏の多い土地が多いため、

そういった場所にもらくらくブラウンフェンスは設置されています。

 

※らくらくメッキフェンス・ブラウンコートは傾斜地にも設置できます。

 

らくらくメッキフェンス・ブラウンコートの特長として、

・安いフェンス価格

・高強度

・施工のし易さ

・短工期

こちらの4つが挙げられます。

 

このような特長があるので、導入しやすい屋外の防犯フェンスとして、

らくらくメッキフェンスシリーズは全国各地の屋外設備の周囲に導入されています。

 

全国300ヶ所以上の太陽光発電所に導入されています

 

らくらくメッキフェンス・ブラウンコートについてのお問合せは

当店フリーダイヤル、もしくはメールフォームにて承っています。

ご質問等あれば、お気軽にご相談ください。

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>