屋外設備の周囲には防犯フェンスを設置することが重要です | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

屋外設備の周囲には防犯フェンスを設置することが重要です

先日の改正FIT法の施行にあたって、

太陽光発電所周囲へのフェンスの設置が進んでいます。

特に耐久性の強い防犯フェンスは、

太陽光発電所に限らずあらゆる屋外設備等の周囲に設置されています。

 

らくらくメッキフェンスを太陽光発電所に導入

省コスト&高耐久の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」設置写真

 

耐久性の高いメッキフェンスの主な設置場所は、

・屋外設備の周囲

・企業敷地や工場などの外周

・私有地

・資材置き場

・墓地の外周

 

以上のような場所に設置されていることが多いです。

 

太陽光発電所のようにフェンスの設置義務のある(一部例外有り)場所では、

耐久性の高いメッキフェンスを設置することが多いです。

その理由は、太陽光パネルやパワコンなどの機材の耐久年数が高いので、

フェンスも長持ちするものが好まれているからです。

 

しかし、フェンスを設置するにはある程度の費用が発生します。

通常の防犯フェンスは、100mを設置する場合基礎工事込みで

およそ100万円程掛かると言われています。

 

フェンスそのものは、太陽光パネルやその他設備とは違い、

利益を生み出すものではありません。

もちろん盗難やイタズラのリスクを減らせることを考えれば、

損害を回避する意味でフェンスの設置は利のあるものとも言えます。

ただ、フェンスの設置くらいは少しでも費用を抑えたいと皆さんが思っています。

 

 

そういった声もあり、

コストを抑えつつ簡単に設置できる防犯メッキフェンス「らくらくメッキフェンス」は、

多くの屋外設備などの周囲で導入が進んでいます。

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

省コスト&高耐久の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

らくらくメッキフェンスは、設置費用を抑えることのできる

屋外設備向けの防犯フェンスです。

 

名前のとおり、フェンス本体にはメッキ加工(亜鉛メッキ三種)されており、

雨風による腐食に強い仕様です。

屋外環境で約25年の使用を想定した設計となっており、

あらゆる屋外設備の防犯フェンスとして長期間の運用を見込むことができます。

 

特に太陽光発電所などの屋外設備は、長期間運用することが前提となっています。

らくらくメッキフェンスのように高強度なメッキフェンスであれば、

そういった場所にも安心して導入することができます。

 

フェンスの設置はとてもシンプルな工程なので、

短工期で設置ができます。

そのため、人件費や施工費用といったコストを抑えられるのも

らくらくメッキフェンスの大きな特長です。

 

 

<らくらくメッキフェンスの設置方法>

 

フェンス設置の主な4工程①~②

 

フェンス設置の主な4工程③~④

 

通常のフェンスでは必要な基礎工事も、

らくらくメッキフェンスであれば

支柱を土に打ち込むだけなので

コンクリートや基礎ブロックなどの資材費も掛かりません。

フェンスの基礎 写真(×印)

 

一方で、通常のコンクリート基礎などを使った工事にも

対応しています。

設置場所の状況に応じた設置を選べるのも

らくらくメッキフェンスの特長と言えます。

01-002--02

※基礎工事での設置にも対応。

 

太陽光発電所や資材置き場などは盗難の被害が発生しやすい場所なので、

何も対策をしないのは大変危険です。

また、屋外設備などには高価な機材が設置されていることも多く、

ちょっとしたイタズラも回避しなくてはなりません。

 

防犯フェンスを設置する意味は、

侵入やイタズラ、盗難などの被害を未然に防ぐことです。

長く運用する場所だからこそ、防犯フェンスを設置することが

とても大事なのです。

 

当店では防犯フェンスや防犯カメラなどで、

屋外設備周囲の防犯をサポートしています。

製品について不明な点などありましたら、

フリーダイヤルや問い合わせフォームにてお問合せください。

 

 

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

PCからのお問合せ

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>