改正FIT法によりフェンス設置が進められています | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

改正FIT法によりフェンス設置が進められています

先日の改正FIT法の施行にあたり、

太陽光発電所の周りにフェンスや柵塀の設置が進められています。

 

「らくらくメッキフェンス」

Fieldsaver.comにて生産・販売・納品を行っている太陽光発電所の防犯フェンスです。

改正FIT法の前から全国の太陽光発電所に導入が進められています。

 

 

らくらくメッキフェンス 紹介画像①

 

らくらくメッキフェンスは、太陽光発電所はもちろんですが、

屋外設備の周囲や私有地の外周など、多くの場所に設置されている防犯フェンスです。

 

見積書の発行はとても簡単です。

商品ページの見積依頼フォームに、フェンスの高さや長さなどを入力して送信してください。

「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

ライン 黄緑①

 

近年は防犯意識の高まりによって、屋外設備の周囲で

防犯フェンスや防犯カメラを見かけることが多くなりました。

 

TREL3G-Rセキュリティパッケージ 設置写真

TREL3G-R 夜間に撮影

防犯カメラはイタズラや盗難の現場を撮影できる可能性がある一方で、

人の敷地内への侵入を防止するものではありません。

 

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(両開き門扉)

そのため、人に敷地内へ侵入させず、機材へのイタズラや盗難を防ぐためには、

外周に防犯フェンスを設置するのが効果的と言えます。

物理的に立ち入ってはいけないことを示すことで、

とても防犯効果が高いからです。

 

また、このようなフェンスには防犯以外にも大きな役割があります。

それは、太陽光発電所などの発電設備による事故を防ぐことにあります。

 

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(メガソーラー)

 

近年は再生可能エネルギーの普及により、

全国各地で太陽光発電所を見かけるようになりました。

 

環境的に優れた発電設備ではありますが、

太陽光発電所はその名のとおり、電気を扱う設備の集合体です。

万が一にも人が立ち入って感電事故が起こったり、

もしくはパネルが崩落して人が怪我をするようなことがあれば一大事です。

 

今年からは改正FIT法により、太陽光発電所のほとんどには

敷地外周にフェンスを設置する必要があります。

地形的に立ち入る事自体が難しい場所ではフェンスの設置が免除される場合もありますが、

それ以外の発電所では基本的にフェンスは設置することとなっています。

 

こういった場合、もともとフェンスを設置していなかった管理者からしてみれば、

少しでもフェンスの設置費用を抑えたいと思うのが普通です。

 

また、これから太陽光発電所を設置しようとする方々も、

できれば太陽光パネルやパワコンに費用をかけたいという考えが最もだと思います。

 

そういった場合は、当店の「らくらくメッキフェンス」がオススメです。

らくらくメッキフェンスの商品ページへ

省コスト&高耐久の太陽光発電所フェンス「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

らくらくメッキフェンスは、基礎工事不要で短工期の屋外防犯フェンスです。

基礎部材の費用が要らず、短期間で設置ができるため、

多くの太陽光発電所に導入されています。

 

 

【らくらくメッキフェンス 施工費用一例】

フェンス施工に掛かる費用の試算資料④

らくらくメッキフェンスは、基礎工事不要で設置ができる防犯フェンスです。

そのため、通常のフェンスに比べ施工費用を抑えて設置をすることができます。

 

 

【フェンス本体価格一例】

らくらくメッキフェンスは他社フェンスより格安です③

また、フェンス本体価格も一般的なメッキフェンスに比べて割安となっています。

施工費用を安く、かつフェンス本体も安く購入したい場合、

らくらくメッキフェンスはコスト面に優れたフェンスと言えます。

 

また、耐久性も高く、屋外環境で25年間使用する想定で設計がされています。

本体資材には溶融亜鉛メッキを用いており、雨風にも強い防犯フェンスです。

 

【らくらくメッキフェンス 強度試験の様子】

強度試験の様子

 

こういったことから、改正FIT法の施行に関わらず、

らくらくメッキフェンスは多くの太陽光発電所に設置して頂いています。

 

 

 

改正FIT法によりあらゆる制約が増えた一方で、

今後も太陽光発電所は更に増えていくと思われます。

 

太陽光パネルやパワコンの性能向上は、

発電量の増加にも寄与しています。

これから太陽光発電所を長期的に運用するためにも、

防犯フェンスの設置がより重要になると思われます。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>