太陽光発電の再生可能エネルギーにおける重要性 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電の再生可能エネルギーにおける重要性

太陽光発電所(メガソーラー)

再生可能エネルギーの一つとして、太陽光発電所が年々増えています。

環境負荷の少ない発電方法として、太陽光発電や風力などが特に注目されています。

 

2014年から2016年の2年間で、国内における太陽光発電によるエネルギー供給量は

約2倍に伸びたそうです。

現在は日本国内の再生可能エネルギー全体発電量の半分以上が、

太陽光発電によってもたらされています。

 

一方で、風力や地熱、小水力といった再生可能エネルギーの発電量は、

2014年から2016年の2年間で微増にとどまっています。

 

その原因の大きな部分として、これらの発電所は設置する場所がとても限られることが挙げられます。

 

風力発電に適した風の強い場所は、沿岸地域など一部の場所に限られます。

また、小水力発電や地熱発電に適した場所は、河川や国有地であったりと、

簡単に設置ができない状況であることが少なくありません。

 

 

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入

その点太陽光発電所は、ある程度の広さの土地があれば設置をすることができます。

太陽光パネルや架台は多くのメーカーが生産をしており、他の再生可能エネルギー資材に比べて

比較的安価なのも導入をしやすい要因です。

 

再生可能エネルギーによるエネルギー自給率と、食料自給率を

地域別にまとめた資料があります。

とても参考になる資料だったので、

下記にリンクを貼らせて頂きました。

 

「永続地帯2016 年度版報告書」の公表

https://www.isep.or.jp/archives/library/10172

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>