太陽光発電所を設置する土地に必要な許認可 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所を設置する土地に必要な許認可

草原の写真

農地を転用したり、林地開発などにより

太陽光発電所を設置するケースは、ここ数年も多く見受けられます。

 

しかし、太陽光発電所を設置するには、その土地に対して

国や自治体の許認可手続きが必要となります。

期間に余裕があればいいのですが、もし短期間で太陽光発電所を設置したい場合は、

専門知識やノウハウが無いと開発が遅れてしまう可能性もあります。

 

改正FIT法によると、10kw以上の太陽光発電所の場合

認定から3年以内に運転開始をしなければならない規定があるため、

土地の許認可や太陽光パネルの設置等を速やかに行う必要があります。

 

また、太陽光発電所の敷地内に簡単に立ち入れないよう、

周囲にフェンスを設置することも求められています。

イタズラや盗難対策も兼ねて太陽光発電所にフェンスを設置することで、

長期間の運用を実現することができます。

 

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

太陽光発電所の土地に設置されている防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

当店のらくらくメッキフェンスは、

屋外向け防犯フェンスとして

太陽光発電所や太陽光パネルの周囲に設置されております。

 

コストを抑えて耐久性の高いフェンスを設置できることから、

全国各地の太陽光発電所で利用されています。

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>