太陽光発電所の事業化事例【被災地域の遊休地活用】 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所の事業化事例【被災地域の遊休地活用】

草原の写真

 

東日本大震災において、避難指示が解除される区域が徐々に増えています。

ただ、その区域は今までのように利用できるかは別問題のようです。

 

もともと農業や酪農に利用されていた土地において、

事業の継続が困難となるケースも多いそうです。

 

そういった土地の再利用として、

太陽光発電所を設置する事業が最近になって行われたそうです。

 

銀行の創業支援において資金を調達し、太陽光発電所を設営し、

収益の一部は地元のバス運行に充てるそうです。

 

事業と復興を両立した画期的なモデルと言えるでしょう。

 

 

 

 

【当店の防犯フェンス】

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

太陽光発電所の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

 

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:https://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>