太陽光発電所の事業化事例【複数の太陽光発電所を運営】 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所の事業化事例【複数の太陽光発電所を運営】

太陽光発電所にらくらくメッキフェンスを導入(メガソーラー)

 

太陽光発電所を運営する際には、

写真のような広い土地に多くの太陽光パネルを設置するのが

最も効率的であるとされています。

 

一方、広大な土地ほど確保することがとても難しいのが実情です。

 

そのため、数十ヶ所の土地で太陽光発電所をまとめて運営をすることで

総発電量を大きくする事業形態も、最近では増えてきました。

 

前例として、東北地方のとある企業では、

電力会社とグリーンファンドの共同出資で

合計20ヶ所の太陽光発電所を建設した例があるそうです。

総発電量は1000kw以上となり、発電量だけを見れば

メガソーラー規模を運営していることとなります。

 

今後の太陽光発電所は、

このように小規模多設置の運営が

主流となっていくかもしれません。

 

 

らくらくメッキフェンス 紹介画像①

省コスト&高耐久の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:https://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>