フェンスの設置にかかる基礎工事などの費用 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

フェンスの設置にかかる基礎工事などの費用

太陽光発電所や屋外設備周囲などで

多く導入されている

基礎工事不要&短工期「らくらくメッキフェンス」

当店Fieldsaver.comで販売しています。

 

らくらくメッキフェンス 紹介画像

基礎工事不要の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

太陽光発電所などの屋外設備の周囲に設置することで、

機材の盗難やイタズラの対策、敷地内への侵入対策となります。

 

お見積もりもとってもらくらくです!

商品ページの見積依頼フォームに、

フェンスの高さ、長さ、門扉の数、発送予定先などを入力して

送信してください。

ご指定の宛先(メール・FAX・郵送)へ後日見積書をお送りします。

 

 

ライン 水色①

 

01-001--05

01-001--01

012

 

屋外設備の敷地周りには、防犯フェンスが多く設置されています。

高価な機材が多いため、機材の盗難やイタズラ対策を目的として設置されます。

 

一方で、発電所などは設備によっては感電の恐れもあるため、

侵入対策として周囲にフェンスを設置する意味も強くあります。

 

そんな防犯フェンスには様々な種類があります。

 

DIYフェンス?目隠しフェンス(他社) spay

フェンスの価格もまちまちで、価格を調べるためには販売店へ直接問い合わせるのが確実です。

メッキフェンスのような耐久性の高い防犯フェンスの場合、

フェンス1mあたりの価格は¥4,000~¥7,000であることが多いようです。

 

一方で、フェンスの設置に掛かる費用は、

フェンス本体の購入費用だけではありません。

 

フェンスの価格は分かるが、

フェンスの設置に掛かる基礎工事の工事費用は分からない

という方は意外と多いです。

 

実際にフェンスを設置工事する際の費用について、

当店ではフェンス販売先の企業様や地元の工務店様のご協力の下、

情報をまとめることができました。

 

 

ライン 黄①

 

 

320_photo_dokuritsukiso

多くのフェンスには、

支柱を固定するためにコンクリートブロックやモルタルを使った

基礎工事がされています。

 

実は基礎工事には、フェンス本体価格まではいきませんが

それなりに多くの費用が発生してしまいます。

 

 

いつもはフェンス本体価格ばかりが注目されていますが、

今回はフェンスの基礎工事や設置に掛かる費用について

フェンスの施工会社様や地域の工務店の方より

情報を頂きました。

 

 

①フェンスを設置する際に行う基礎工事について教えてください。

フェンスを設置する場合、独立基礎と呼ばれる

コンクリートブロックをよく使用します。

コンクリートブロックはホームセンターなどで

誰でも購入することのできる資材です。

 

item11-img01 SONY DSC

フェンスの支柱を固定する場合は、

写真のようにコンクリートやモルタルを流し込んで

固定をします。

 

【独立基礎とは?】

1本ずつの柱の位置に、その柱だけを支えるように単独で設けられた基礎。

屋外設備の防犯フェンスなどに、独立基礎を使った基礎工事が多く見られる。?

 

 

②基礎ブロックやコンクリートはどれくらいの価格ですか?

形や大きさによってまちまちですので、

都度工務店などに問い合わせるのが良いでしょう。

あるいはホームセンターなどで事前に調べておくことで

相場観があった方が良いかもしれません。

参照ブログ:DIYフェンスの設置に掛かる時間と費用

 

 

 

③フェンス設置にはどの程度の基礎資材が必要ですか?

フェンスの規格によって変わりますが、

フェンス2m毎に基礎を設置することが多いように感じます。

そのため、100mのフェンスを設置するのであれば、

基礎が40ヶ所~60ヶ所程度になる見込みです。

基礎の数量が多いほど基礎資材の費用が高くなり、

かつ工事に時間が掛かります。

 

 

④フェンスの基礎工事や設置工事の費用はどれくらいですか?

地域やサービス内容によって、価格には差があります。

参考としては、基礎工事1ヶ所あたり¥3,000~¥5,000くらいの

相場で案内されることが多いのではないでしょうか。

また、基礎工事に掛かる時間やフェンスの設置に掛かる時間も加味されますので、

更に追加の費用が掛かります。

 

 

いくつかのフェンス施工会社様や工務店様からは、

以上のようなお話が聞けました。

 

上記の情報から仮計算をし、

フェンス100mを設置することで

フェンス施工に掛かる費用をシミュレーションしてみます。

 

 

【メッキフェンス本体価格】

1mあたり ¥4,000~¥7,000

フェンスの価格を¥5,500として

100mフェンスの価格は¥550,000と計算。

 

【フェンス100mの基礎工事】

100mのフェンスを設置する際の基礎数を50ヶ所と試算。

基礎一ヶ所の費用を¥4,000と試算。

基礎50ヶ所×4,000=¥200,000と計算。

 

【人件費】

フェンスの設置には基礎の固定などに時間が掛かるため、

2~3日程度で設置完了をすると試算。

諸経費を併せ、¥150,000~250,000くらいが

追加で掛かると計算。

 

かなり限定的なシミュレーションですが、

結果としてフェンス100mを設置するための費用は

およそ100万円ほど掛かる見込みとなってしまいます。

 

----------------------

フェンス1mあたりの平均価格=¥5,500

フェンス設置距離=100m

独立基礎50ヶ所設置の基礎工事費用=¥200,000

フェンス施工費=¥200,000

(5,500×100)+250,000+200,000=1,000,000

----------------------

 

フェンスの価格だけならまだしも、

やはりある程度の距離のフェンスを設置するとなると、

フェンス1mあたりのコストは約1万円程になります。

 

こんな費用が掛かってしまうと、

フェンスの設置がとても負担になる方も多いのではないでしょうか?

 

一方で、屋外設備の周囲にフェンスを設置しないことは

防犯上も安全上もよくありません。

そうなると、フェンス設置に掛かる費用をいかに抑えられるかが

重要となってくるのです。

 

フェンス本体価格

フェンス施工費用

 

その両方を抑えたフェンスが

当店の防犯フェンスなのです。

 

 

012 SN3U0416

 

フェンス設置費用を抑える防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

当店の「らくらくメッキフェンス」は、

基礎工事不要で設置することのできる

省コストの防犯フェンスです。

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

らくらくメッキフェンス施工手順-PDF

専用門扉施工手順-PDF

 

杭パイプを地面に直接打ち込み、

地面そのものを基礎とします。

その上から支柱を被せるカンタンな工法なので、

基礎工事をせずにフェンスが設置できます。

 

基礎が要らず短工期なので、フェンス設置にかかる費用が抑えられます その②

基礎工事が不要なので、基礎資材に掛かる費用が無くなり、

かつ基礎工事に必要な時間も掛かりません。

そのため、工期の短縮をすることができるので、

工事に掛かる諸経費を全体的に抑えることができるのです。

 

 

 

らくらくメッキフェンスは他社のメッキフェンスよりも格安です その③

 

らくらくメッキフェンスは、耐久性の高い

溶融亜鉛メッキ3種を使用したメッキフェンスです。

生産量を多くすることで、他のメッキフェンスに比べて

本体価格が格安なのも特長です。

 

 

01-002--02

※基礎工事での設置にも対応。

 

どうしても基礎工事を行いたい場合は、

基礎工事にも対応している規格なので

問題無く設置をすることができます。

設置場所の状況に合わせて基礎有り基礎無しを選択できる

汎用性のある防犯フェンスなのです。

 

 

梱包写真①

フェンス設置場所に直接納品することが可能なので、

届いたその日から設置を開始できます。

 

らくらくメッキフェンスは費用を抑えて設置できることから、

 

◆太陽光パネル周囲や太陽光発電所の防犯フェンス

◆屋外施設の防犯フェンス

◆ゴルフ場などの敷地の侵入防止用フェンス

◆私有地など侵入防止フェンス

◆資材置き場の防犯フェンス

 

こういった場所に多く設置されています。

 

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>