小型の乾電池式防犯カメラ

小型の乾電池式防犯カメラ「ハイクカムSP4G」は、

画像の送信機能を付加した乾電池式の防犯カメラです。

 

ハイクカムSP4G トップ絵

小型の送信機能付き防犯カメラ「ハイクカムSP4G」

小型なので、屋外のあらゆる場所に設置をすることができます。

 

 

 

ハイクカムSP2 商品ページ画像

送信機能無しの廉価版「ハイクカムSP2」商品ページ

 

ライン 灰色①

 

 

防犯カメラの設置場所は、今までオフィスや店舗などへの設置が主流でした。

その一方で、屋外における防犯カメラの設置場所も年々増え続けており、

今ではあらゆる場所で防犯カメラを見かけるようにもなりました。

防犯カメラ本体の大きさも徐々に小型化する傾向にあり、

あらゆる場所へ設置しやすい構造になっています。

 

 

03-011--06

最近では私有地への不法侵入などの物騒な事例も多くなり、

住居の周りでも防犯カメラの設置場所が増えています。

私有地の入り口や裏手の勝手口などに小型の防犯カメラを設置をして、

不審者に気づかれないようにして侵入対策をすることも多いそうです。

 

 

ターゲットスカウト 夜間に撮影②

また、車両での不法侵入や無断駐車なども多いため、

私道や私有地でも防犯カメラの設置場所が増えています。

最近では店舗の駐車場でも長時間駐車をする迷惑なドライバーもいるため、

そういった対策にも防犯カメラは使用されています。

 

 

不法投棄写真

そして屋外で防犯カメラが多く設置される場所として、

不法投棄発生現場なども挙げられます。

人通りの少ない河川敷や山に面した道路など、特に不法投棄が多いそうです。

ゴミがあると、更にその場所にゴミを捨てられることもあり、

不法投棄には速やかな対応が必要とされています。

 

 

002_s

また、ゴミの集積所に無断で粗大ごみが出されたり、

ゴミ捨てのマナー違反も多くあります。

こういった場所にも防犯カメラの導入が進められています。

 

 

このように、今やあらゆる屋外の場所において防犯カメラの導入が進んでいるのです。

 

 

乾電池式防犯カメラのブログ写真⑧ 乾電池式防犯カメラのブログ写真⑪

 

当店「Fieldsaver.com」では、最近では主流になりつつある

小型で取り付けやすいタイプの防犯カメラを多く扱っています。

乾電池で稼働するタイプの防犯カメラなので、電源の取れない場所でも設置をすることができます。

 

 

 

ハイクカムSP4G その⑫

ハイクカムSP4G その⑲

小型の送信機能付き防犯カメラ「ハイクカムSP4G」

 

ハイクカムSP4Gは2017年1月にリリースされた、

小型の自動撮影カメラです。

本体の重量は410g(乾電池含まず)と、小型でかつ軽量な作りとなっています。

 

ハイクカムSP4G その⑳ ハイクカム 昼間投棄④ - コピー

SIMカードを利用することで、動画や静止画を指定のメールアドレスに送信することができます。

格安SIMカードを利用することで、月額¥900~で利用をすることができるため、

ランニングコストを抑えて運用をすることができます。

 

 

ハイクカム 防犯対策②

04-005--05

本体は小型なので、あらゆる場所への設置ができ、

設置箇所の移動も簡単に行うことができます。

 

・不法投棄発生現場

・資材置き場

・私有地内

・山道や林道の入り口

・屋外設備の周囲

・河川監視

・道路監視

 

そのため、上記のようなあらゆる屋外環境で設置をすることができます。

また、防犯カメラの設置場所を短期間で変更したい場合にも便利です。

カメラが小型なので取り回しがしやすく、短時間で取り付けができるからです。

小型の送信機能付き防犯カメラ「ハイクカムSP4G」

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:http://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>