分散型の太陽光発電所が増えています

01-001--05

太陽光発電所の形として、

分散型の太陽光発電所が増えています。

 

上の写真のように、一ヶ所に集中して太陽光パネルを設置できるのが、

最も手間が掛からない太陽光発電所です。

しかし実際は、いくつかの土地を組み合わせることで

多くの太陽光パネルを設置する方法が主流になりつつあります。

 

 

太陽光パネルを分散して設置

 

いくつかの土地を複合的に組み合わせてメガソーラー規模まで太陽光パネルを設置しているケースもあり、

限られたスペースをいかに有効活用できるかが最近の太陽光発電所のテーマとなっています。

 

いくつかに分かれた太陽光発電所には、それぞれに防犯フェンスを設置しなければなりません。

そのため、当店の「らくらくメッキフェンス」のように

短工期&省コストで設置ができる防犯フェンスが多く導入されています。

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

省コスト&高耐久「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

 

 

省コストで防犯フェンスを設置できるため、

太陽光発電所の初期コスト削減にも大きく貢献することができます。

省コスト&高耐久ならくらくメッキフェンスは太陽光発電所だけでなく、

多くの屋外設備や資材置き場などでも導入されています。

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:http://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>