地盤の弱い土地は太陽光パネルの設置に不向きです | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

地盤の弱い土地は太陽光パネルの設置に不向きです

地盤が弱い土地①

地盤が弱い土地②

 

以前のブログでも掲載しましたが、

建物の立てづらい傾斜地を使って太陽光発電所を設置するケースが多くなっています。

 

遊休地の有効活用として前向きな取り組みだと思いますが、

地質などの事前調査をせずに設置をしてしまい、

上の写真のように斜面の崩落を起こしてしまうことがあるそうです。

 

斜面の崩落などで太陽光パネルや防犯フェンスが損傷した場合は

保証の適用外になることがあります。

特に傾斜地などに太陽光パネルを設置する際は、

まずは地質の調査をするのが良いと思われます。

 

安全な環境で太陽光パネルを設置するからこそ、

長期間の発電を実現することができるからです。

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:https://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>