太陽光パネルの不調の原因

太陽光パネルの不調①

太陽光パネルの不調②

 

太陽光パネルの不良として、セルの異常発熱があります。

このような状態では発電効率が悪くなるのはもちろんですが、

セル全体の故障につながります。早めに交換を行うのが良いでしょう。

 

こういったセル異常の原因はいくつかありますが、

その大半は初期不良が原因のようです。

また、太陽光パネル設置中に衝撃が加わったり、設置後に落下物がぶつかるなど

外的な原因も少なくありません。

 

また、フェンスの一部に影が差し続けることで

太陽光パネル全体に負荷が掛かってしまうこともあるそうです。

 

メガソーラーに設置1

 

太陽光パネルの周囲に防犯フェンスを設置する場合は、

上の写真のようにやや距離を話して設置するのが望ましいです。

太陽光パネルの負担を減らし、かつ太陽光が安定的にパネル全体へ届きます。

 

少しでも長い期間の発電を維持するために、

太陽光パネル周囲の環境には気を使いましょう。

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:http://www.choujuhigai.com/

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>