太陽光発電所を設置する際の注意点

住宅の屋根に太陽光パネルを設置

SN3U0414

 

民家の屋根や屋外の遊休地に多く設置されている太陽光発電所。

2011年の震災以降、再生可能エネルギーへの関心が強まり、

太陽光発電所は今まで以上のペースで各地に設置されています。

 

そんな太陽光発電所ですが、

それらの設置後に周囲の人を巻き込んでしまう被害も出てきているそうです。

それらを予見することはとても難しいことですが、

太陽光発電所を設置する際は、事前に事細かく調査をすることが今まで以上に重要となっています。

 

問題その①

太陽光パネルの照り返し

IMGP1432

太陽光パネルを設置すると、太陽光がパネル表面に反射します。

それらが民家や施設を照らすことで、周囲の人に迷惑が掛かる事例が発生しているそうです。

 

太陽光パネルを設置する際は、発電量だけでなく、周囲の環境をしっかり把握しておくことが重要です。

 

 

 

問題その②

設置場所の斜面が崩れる

DSC_0378

 

太陽光発電所の設置場所として、傾斜の土地や斜面が使われていることは

以前のブログでも書きました。

 

しかし、太陽光パネル等の重い資材を設置したことで、

斜面の土が落ちてくるなどの現象も発生しているそうです。

 

土の斜面はがけ崩れなどの危険性もありますので、

太陽光発電所を設置する際は細心の注意を払いたいものです。

 

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:http://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>