らくらくメッキフェンスの設置工事に必要な工具 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

らくらくメッキフェンスの設置工事に必要な工具

基礎工事不要で、フェンスの工事費を抑えて設置ができる、

設置工事費を抑える!「らくらくメッキフェンス」の商品ページは

こちらから入れます。

 

屋外設備の周囲や、敷地の不法投棄対策など、

侵入・盗難・イタズラ対策が必要な場所に多く設置されています。

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

 

 

ライン 黄①

 

らくらくメッキフェンスは、基礎工事無しで設置することができます。

基礎を使わずに地面に杭を直接打ち込むことで、支柱を設置することができるので、

省コスト&短工期を実現した導入しやすい防犯フェンスなのです。

 

 

 

パネル式・簡易区画フェンス-001--06

①杭パイプを地面に打ち込む

 

パネル式・簡易区画フェンス-001--07

②杭パイプに支柱を立てる

 

パネル式・簡易区画フェンス-001--08

③本体パネルを支柱パイプに設置する

 

設置写真6

④本体パネルと支柱パイプを結束線で固定する

 

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

 

こういったフェンスであれば

コンクリート等を使用せず簡単に設置できるため、

短期間で設置することができます。

 

当店のらくらくメッキフェンスを設置する際は、

いくつかの工具が必要となります。

 

 

 

 

必要な工具は、こちらの4つになります。

①ハンマー(杭パイプを地面に打ち込むため)

図2

 

②シノもしくはハッカー(結束線で本体パネルを固定するため)

図4

 

③ワイヤーカッター(必要に応じて本体パネルを切断するため)

図3

 

④スコップ(杭パイプを打ち込む際、地中の石を取り除くため)

スコップで石を取り除く

 

これら工具に共通していることは、

ホームセンターや通販等ですべて揃えられることです。

 

 

 

杭パイプを打ち込む①

※杭パイプの上に打ち込み用ボルトを差し込みます

 

パネル式・簡易区画フェンス-001--06

 

 

まずはハンマーで杭パイプを打ち込んでいきます。

杭パイプにはフェンス資材と同梱の

打ち込み用ボルトを差し込み、ボルトの真上をハンマーで叩いてください。

打ち込む深さは40~60cm位が目安となります。

 

 

パネル式・簡易区画フェンス-001--07

パネル式・簡易区画フェンス-001--08

図1

 

杭パイプに支柱パイプを被せ、

本体パネルを結束線で固定します。

このとき写真のようにシノやハッカーを使うと、

手早くフェンスを固定することができます。

結束線は支柱の上中下3か所に設置してください。

 

 

石の多い地面

石の多い地面にフェンスを設置する場合は、スコップを使い地中の石を除いてから

杭パイプを打ち込んでください。

 

 

フェンスパネルを切る

SN3U0676

フェンスパネルを切断する場合は、ワイヤーカッターを使ってください。

 

パネルを切断することにより、

傾斜などに合わせて設置することができます。

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:http://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>