太陽光発電所と農業の共存

DSC_2894 - コピー

農地の上部に太陽光パネルを設置し今まで通り農業を行う取り組みが、

ここ数年で増えているそうです。

 

しかし、太陽光パネルを設置すると農地には影が差すことになります。

 

農作物がしっかり育つか心配の声もありますが、

実際は太陽光パネルの設置を工夫することで、

農地への遮光率を30%以下にすれば農作物への影響は最小限とのことです。

 

更には、ホウレンソウやレタスといった

あまり日照が必要無い農作物もあるため、

太陽光パネルによる日陰がそれほど影響を及ぼさないケースもあるそうです。

 

食料自給率の増加や、再生可能エネルギーの比率増加は、

これからの日本のテーマでもあります。

農地の上部を利用した太陽光発電所は、

それぞれの取り組みに適したこれからの太陽光発電所となるかもしれません。

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:https://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>