太陽光発電所に適したフェンスの規格とは? | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所に適したフェンスの規格とは?

012

省コストで高耐久の太陽光パネル用フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

太陽光発電所には、太陽光パネルの盗難やイタズラを防止するための

防犯フェンスが設置されています。

 

防犯フェンスと言っても、その種類は様々です。

太陽光発電所にとって向き不向きもあるため、

選ぶ際は以下の3点を優先した方が良いです。

 

①敷地内が見えやすい

②高さ1.2m以上

③耐久性がある

 

 

太陽光発電所の敷地は、

誰からも見えやすい方がいいです。

 

目隠しフェンス(他社)

例えばこのような目隠しフェンスが設置されていると、

太陽光パネルの盗難やイタズラの現場を周囲から見えなくしてしまう危険性があります。

そのため、フェンスは網目状のメッシュフェンスなどを選び、

太陽光発電所内を見渡せる状態にするのが望ましいです。

 

 

01-001--02

また、フェンスの高さが低すぎると、

防犯効果も低くなります。

人が簡単に乗り越えづらい高さである、

高さ1.2m以上が望ましいです。

 

そのうえで、フェンス本体が頑丈であれば

言うことはありません。

太陽光発電所は数十年の稼働が前提となりますので、

防犯フェンスもそれ相応の強度が必要となります。

強度試験の様子

 

フェンスの表面に亜鉛メッキ加工がされていると、

風雨による劣化に強くなります。

また、強度試験を行っているフェンスであれば

そうそう簡単には壊れません。

 

上記3つの条件を満たしている当店のらくらくメッキフェンスは、

溶融亜鉛メッキ加工の頑丈な防犯フェンスなので、

全国の太陽光発電所に導入されています。

 

 

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>