太陽光発電所の将来的な設置場所

SN3U0689

太陽光発電所には、メガソーラーと呼ばれる大規模発電所(1000kw以上)があり、

日本国内にも50ヶ所ほどあると言われています。

 

大規模の太陽光発電所を運営するためには、

広い敷地が必要となります。

 

遊休地に余裕があればいいのですが、

将来的には大規模の太陽光発電所を設置する土地が不足する懸念もあるそうです。

 

そのため、近い将来に大規模太陽光発電所を設置する場所の候補として、

人の住みづらい土地の利用が検討されています。

 

砂漠

例えば砂漠などは、人が住むには適さない環境です。

一方で、周囲に遮るものが無い環境は、

太陽光発電所には適した環境と言えます。

 

雪原

また、極寒地域なども人が住みづらい場所ですので、

太陽光発電所を設置することができます。

 

現在一部の太陽光パネルメーカーでは、

太陽光パネルの耐久性をより強いものにして、

過酷な環境下でも長期間使用できる製品に改良を進めているそうです。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>