太陽光発電所のフェンスに適した耐久性 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所のフェンスに適した耐久性

太陽光発電所の周囲や屋外設備の周囲に多く導入されている、

省コスト&高耐久の「らくらくメッキフェンス」の商品ページは

下のバナーより入ることができます。

 

らくらくメッキフェンスの商品ページへ

低価格、短工期、高強度の「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

お見積りもとってもらくらくです!

rakuraku_form_bt

 

 

ライン 水色①

 

太陽光発電所のような屋外設備には、

高価格の機材などが多く使われております。

 

最近では少しずつ安くはなっていますが、

太陽光パネル等の機材は一枚あたり

数万円~数十万円と高価格です。

また、配電設備などに使われる銅線も高価で取引されており、

資材置き場で盗難をされる被害も時々あるそうです。

 

 

01-001--05

そのため、太陽光発電所の規模の大小を問わず、

太陽光発電所の周囲はフェンスが設置されていることがほとんどです。

 

 

SN3U0414

フェンスを設置する目的は、

太陽光パネル等の機材の盗難防止です。

人や車が敷地内に安易に立ち入れないよう、

太陽光発電所の外周をフェンスで囲います。

 

 

太陽光パネル(フェンス無し②)

また、太陽光パネルに人が近づくことで、

パネルの崩落や感電といった可能性もあります。

太陽光発電所は、電気を扱う「発電所」です。

周囲に危険が及ばないようにする意味でも、

防犯フェンスを設置することが望ましいです。

 

 

しかし、フェンスを設置するからには、

簡単に外されたり壊されたりすると意味がありません。

 

ある程度の強度が無いと、防犯にも安全にも繋がらないからです。

 

DSC_2882 - コピー

※フェンスが曲がってしまう

 

_19-101692

※フェンスが錆びてしまう

 

DSC_0566

※フェンスが壊れてしまう

 

上の写真のように、耐久性が弱いフェンスも多くあります。

 

太陽光発電所は20年以上稼働をさせる場所も多いため、

フェンスにも同様に耐久性が求められています。

 

 

強度試験の様子

当店のらくらくメッキフェンス

雨や風に強い溶融亜鉛メッキ加工はもちろんですが、

曲げや折れといった耐久試験も行っております。

 

そのため、低価格でありながら

屋外での長期間の使用に耐えられる耐久性を持ち合わせています。

 

SN3U0634

そのため、太陽光発電所などのあらゆる屋外設備の周囲など、

あらゆる場所の防犯フェンスとして多く導入されています。

 

01-002--09

 

 

 

設置方法も、とてもらくらくです。

設置は短工期で、コンクリート等の基礎工事も必要ありません。

そのため、人件費費や施工費といったコストも抑えることができます。

 

 

設置手順

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

通常のフェンスでは必要な基礎工事も、

らくらくメッキフェンスであれば

支柱を土に打ち込むだけなので

コンクリートや基礎ブロックなどの資材費も掛かりません。

 

 

一方で、らくらくメッキフェンスは

基礎工事での設置にも対応をしています。

フェンス設置場所の状況に応じて、

基礎の有無を選ぶことができるのです。

 

01-002--02

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>