太陽光発電所は斜面を利用して設置されることも多いです | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所は斜面を利用して設置されることも多いです

DSC_0378

太陽光発電所の設置場所として、

傾斜地への設置案件がとても多くなったようです。

 

傾斜地に建物を建てる際は、整地工事などをして

通常であれば地面を平らにしないといけません。

 

図1 図2

 

一方、太陽光パネルであれば、

傾斜をそのまま利用して設置することができるので、

整地の費用を発生させずに傾斜地を有効活用することができます。

 

最近では太陽光パネルの架台の性能も高くなり、

平地でも傾斜地でも問題無く使える規格が多くなりました。

 

また、当店のらくらくメッキフェンスも、

平地でも傾斜地でも簡単に設置ができるフェンスなので、

傾斜の有無に関わらず設置をすることができます。

 

急な斜面

 

線路沿いへ設置1

 

らくらくメッキフェンスは基礎工事が必要無いため、

短工期でフェンスの設置をすることができます。

 

そのため、太陽光発電所などの屋外設備の周囲に

防犯フェンスとして導入されています。

 

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>