太陽光発電所のフェンスに求められるスペック | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所のフェンスに求められるスペック

太陽光発電所の周囲に多く導入されている、

短工期&省コストの「らくらくメッキフェンス」の商品ページは

下のバナーより入ることができます。

 

らくらくメッキフェンスの商品ページへ

太陽光発電所の省コスト&高耐久フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

お見積りもとってもらくらくです!

rakuraku_form_bt

 

ライン 黄緑①

 

太陽光発電所などの屋外設備の周囲には、

人の侵入を防ぐための防犯フェンスを設置することが推奨されています。

 

しかし、フェンスであれば何でもいいというわけではないのです。

防犯フェンスとしての適性はもちろんですが、

耐久性や施工費用なども重要な条件となります。

 

 

01-001--02

防犯フェンスである以上、

人が簡単に侵入しづらい高さであることが重要です。

 

そのため、当店のらくらくメッキフェンスは、

高さ1.2m~2.0mまでの4規格の高さを用意しています。

 

設置場所の条件によって、求められるフェンスの高さも変わってくるので、

その場所に適した高さのフェンスを設置する必要があります。

 

 

01-001--03

また、防犯フェンスは風雨に長期間あたり続ける環境に設置されます。

そのため、できるだけ錆びや破損に強い規格が求められます。

 

らくらくメッキフェンスはフェンス本体や支柱パイプに

溶融亜鉛メッキを施しているため、屋外での長期間の使用に耐えられる

仕様になっています(屋外で25年以上の設置を想定)。

 

 

 

01-001--06

※杭パイプを打ち込む

 

01-001--07

※支柱パイプを立てる

 

01-001--08

※本体パネルを固定する

 

上の写真のように、らくらくメッキフェンスは基礎工事無しで設置できるため、

短工期かつ省コストでフェンスを導入することができます。

 

以上のように、屋外設備の周囲に設置する防犯フェンスとして

らくらくメッキフェンスは全国各地に設置されています。

 

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>