ターゲットスカウト(乾電池式)の主な設置場所 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

ターゲットスカウト(乾電池式)の主な設置場所

不法投棄、不法侵入、資材盗難などの対策に設置されている

屋外用防犯カメラ「ターゲットスカウト」の商品ページはこちらから

 

ターゲットスカウトの商品ページへ

屋外用防犯カメラ「ターゲットスカウト」商品一覧

 

 

ライン 青①

 

屋外防犯カメラ「ターゲットスカウト」の設置場所として一番多いのは、

不法投棄の発生現場などの周囲への設置です。

 

 

03-013--04

一度不法投棄がされると、いつの間にかゴミ捨て場のようにゴミだらけになってしまう

場所も多くあります。

誰かがゴミを捨てたから、自分も捨ててしまおう・・・

こういった負の連鎖は未然に防ぐ必要があります。

 

 

不法投棄が発生する現場で多いのは、

管理の行き届いていない空き地や、人通りの少ない道路脇、河川敷など、

普段あまり人を見かけることの無い場所への不法投棄が多く見受けられます。

 

こういった場所に防犯カメラを設置する際は、

カンタンに電源を取ることのできない環境であることがとても多いです。

 

電柱や街灯などがあれば電源を運んでこれるかもしれませんが、

人通りの少ない場所は得てして灯りの少ない場所なのです。

 

 

乾電池で運用することのできる屋外防犯カメラ「ターゲットスカウト」は、

あらゆる環境下で活用することができます。

そのため、多くの不法投棄発生現場などに

屋外防犯カメラとしてに導入されているのです。

 

同様の使い方として、

違法駐車や敷地への不法侵入対策にも導入されており、

ターゲットスカウトの利用方法は多岐におよびます。

 

 

ターゲットスカウトは

ご注文より1ヶ月程でお送りすることができるため、

ご要望の際は、フリーダイヤルや問い合わせメールにて

お気軽にお問合せください。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>