太陽光パネル表面の汚れ対策について

01-001--01

 

太陽光パネルの発電効率を落とす要因として、

パネル表面の汚れが挙げられます。

 

太陽光パネルは屋外に設置されているので、雨風の影響をそのまま受けてしまいます。

砂埃が積もったり、泥が付着したり、

長期間放置するとセメントのように石灰化してしまうこともあるそうです。

 

そういった太陽光パネルの汚れ対策に、

大手の太陽光パネルメーカーなどは対策製品の開発をしているようです。

 

・雨水を貯めて定期的に太陽光パネルに放水をする

・太陽光パネルの表面を清掃する自動ロボット

・夜間は太陽光パネルを下向きにして塵や砂の堆積を防止

 

あらゆるアイディアが形となり、太陽光発電所に導入が進んでいるそうです。

 

 

少しでも多くの発電を、より長期間実現をすることで、

太陽光発電所などの再生可能エネルギーは、今以上に身近なものになっていくと思います。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>