太陽光発電が見込む国内の総発電量

日本では、再生可能エネルギーの割合を今後更に増やしていく方針のようです。

 

再生可能エネルギーとは、

太陽光発電をはじめ、風力発電、地熱発電、バイオマス発電、水力発電などの

環境負荷の掛からないタイプの発電エネルギーを指します。

 

経済産業省によると、

2030年までに日本の総発電量の20%を

再生可能エネルギーにする見通しを発表しました。

20%のうち、太陽光発電は7%程度と目されています。

 

01-001--05

現在多くの場所に太陽光発電所が設置されていますが、

この状態でも、まだ2%に満たない程度の発電量のようです。

 

今後は再生可能エネルギーの更なる普及のため、

多くの太陽光発電所が設置されていくと予想されます。

 

周辺環境や自然と共有をする形で、

今後も多くの太陽光発電所が設置されることを期待したいですね。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>