太陽光パネルを工場の屋根に設置する案件が増えています | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光パネルを工場の屋根に設置する案件が増えています

工場の屋根

太陽光パネルの設置場所として、

工場の屋根や整備場の屋根など、

いわゆる平たい屋根のスペースに設置する案件が徐々に増えているそうです。

 

昨今では、太陽光パネルを固定する架台の性能が良くなったため、

太陽光パネルを設置する際に

設置場所が必ずしも平らである必要はありません。

 

 

工場の屋根に太陽光パネルが設置される理由としては、

もちろん日々の収支が大きな要因となっています。

 

工場の屋根を、太陽光発電所にしてしまうことで、

発電量の分だけ事業者は収入を得ることができます。

普段使われていない屋根のスペースを、

いわば収入を得るための手段として利用しているのです。

 

また、屋根に太陽光パネルを設置することで、

建物に差す直射日光を抑える働きもあります。

結果として建物内の空調効率が改善され、

電気代の削減にもつながるのです。

 

そういった背景もあり、

今後も工場などの屋根に太陽光パネルが多く設置されると予測されています。

 

太陽光パネルの性質の理解が進むことや、

太陽光パネル自体の性能向上が今後も進むことで、

太陽光発電の多様性も更に広がっていくと思います。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>