太陽光パネルの新たな設置場所

住宅の屋根に太陽光パネルを設置

 

太陽光パネルの設置場所として、

住宅の屋根に設置されているのを多く見かけるようになりました。

こういった家庭用太陽光発電は、

その手軽さから多くの住宅に普及し、再生可能エネルギーの代名詞となりました。

 

一方、住宅の屋根のスペースは限られているので、

設置したくてもそれほど多くの太陽光パネルを設置できないケースもあります。

 

そういった場合、住宅の駐車場(カーポート)に

太陽光パネルを設置するケースが多くなりつつあります。

 

 

住宅のカーポートに太陽光パネルを設置

太陽光パネルの設置面積を増やすことにより、

より発電量を多くすることができます。

また、住宅のデッドスペースを有効活用することによる

資産価値の向上なども期待できるため、

今後の住宅販売のスタンダードになる可能性があるそうです。

 

今では太陽光パネルの重みに耐えられるカーポートの生産や、

太陽光パネル自体の軽量化なども行われており、

今後の普及が期待されています。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>