太陽光発電所の省コスト化が進んでいます | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所の省コスト化が進んでいます

現在の日本における産業用太陽光発電の買取価格は、

1kwhあたり24円となっています。

 

この価格は太陽光発電所の普及により、年々減少すると予測されています。

 

あまり買取価格が下がると利益が出ないのでは、と考える人は多いと思います。

 

しかし、買取制度が始まった当初に比べ、太陽光パネルは海外製の

安価な製品も増えてきました。

当初の太陽光パネルに比べると、約30~40%ほど価格は下がってきているそうです。

 

同様にパワコンも海外製が普及しており、こちらは当初に比べると半額以下も珍しくありません。

 

太陽光発電所の設営自体が省コスト化しているので、

結果として利益は今までと同様に確保されると思われます。

 

また、太陽光発電所の保守管理の充実や、

当店のらくらくメッキフェンスのような、

省コストで設置できる資材も多くなりました。

 

いかに省コストで太陽光発電所を設営するかが、

今後の大きなテーマとなっています。

 

これからもFieldsaver.comは、

省コストで設置ができる高耐久の防犯フェンス?「らくらくメッキフェンス」?

太陽光発電所などの屋外設備のサポートをしていきます。

 

 

 

らくらくメッキフェンスの商品ページへ

省コストで高耐久の防犯フェンス!「らくらくメッキフェンス」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>