太陽光発電をしながら農業を続ける

DSC_2893 - コピー

 

太陽光パネルを設置する場所として、

農地の上が注目されています。

 

と言っても、農地に直接太陽光パネルを設置するわけではありません。

農地に足の長い架台を設置し、「農地の頭上の空間」に太陽光パネルを設置するのです。

 

こういった太陽光発電と営農を併せて行う取り組みは「ソーラーシェアリング」と呼ばれ、

現在は千葉県などを中心に普及が進みつつあるそうです。

 

しかし、太陽光パネルで日の遮られる農地で、農作物が育つのでしょうか?

 

答えとしては、農作物にはそれほど日光を必要としない種類もあり、

そういった作物を育てることで太陽光発電と農業を両立させるそうです。

作物の例としては、

しそ、にら、ミョウガなどはあまり多くの太陽光を必要としないそうです。

 

 

そういったソーラーシェアリングの現場では、

太陽光パネルの防犯と併せて、動物の侵入による農作物の被害を防ぐ必要があります。

 

 

SN3U0261 ????????

 

当店のらくらくメッキフェンスは、

猿や鹿のよじ登りや飛び越えを防ぐため、

フェンス上部に電気柵を設置することができます(オプション)。

 

そのため、防犯フェンスとしても、獣害対策としても利用をすることができるのです。

 

これからは更にソーラーシェアリングの太陽光発電が増えていき、

防犯と獣害対策の双方が必要となっていくと思います。

 

Fieldsaver.comは、太陽光発電所などの屋外設備の保守を、

フェンスや防犯カメラの販売でサポートをしていきます。

 

 

らくらくメッキフェンスの商品ページへ

省コストで高耐久の防犯フェンス!「らくらくメッキフェンス」

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>