太陽光パネルの設置前にフェンスを設置 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光パネルの設置前にフェンスを設置

IMGP1423ファイル縮小

太陽光発電所に設置されている主な設備は、

太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの

高価な設備が多いです。

そのため、太陽光パネルやその銅線などを狙った盗難や、

パネルの破壊などのイタズラが時々発生するそうです。

 

太陽光発電所を運営する際には、

防犯フェンスや防犯カメラの設置などをし、

あらゆる対策をしていくことが重要です。

 

しかし、太陽光発電所の設置後に

侵入防止などの対策をする人が多い一方、

太陽光発電システムのイタズラや盗難は、

それらを設置する前に発生することも

多いそうです。

 

関東地方で太陽光発電所の設置を手掛けている企業の方も、

太陽光発電所の資材を持ち込んだ直後に

盗難の被害に遭ったそうです。

 

空き地や遊休地に太陽光発電所を設置する際、

太陽光発電の各設備(太陽光パネル、架台、フェンス等)が

一時的に野ざらしで置かれてしまう時期が発生するそうです。

まさにそのタイミングを狙われてしまったと話していました。

 

IMGP1453 - コピー

この写真のような状況が、とても危ないとのことです。

既に設置されている太陽光パネルの周囲にはフェンスが設置されていますが、

まだ設置されていない資材は、ビニールシートが被せてあるだけです。

 

この状態では、トラックなどの車両でも近くに寄りやすいうえ、

誰が資材に触れても不思議ではありません。

 

 

太陽光パネルが設置されていない状況、

つまり、太陽光発電資材が運ばれてきたばかりの状態は、

他人にとっても「運び出しやすい」状態なのです。

 

実際に盗まれてしまった事例での目撃談によると、

犯人は作業着やヘルメット姿で

堂々と盗難をしていたそうです。

 

 

このように、太陽光発電を始める前から、

上記のような盗難やイタズラのリスクは存在します。

 

実際に太陽光発電システムを販売している

企業の担当者より、こういったことの対策を聞くことができました。

 

 

対策①:先に敷地の周囲にフェンスを設置してしまう

012

敷地内に太陽光発電設備を運び込む前に、

前もってフェンスを設置してしまうのはとても効果的です。

あるいは、資材搬入の直後にフェンスを設置すれば、

資材の運び込みもスムーズに行えます。

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

対策②:防犯カメラを設置する

03-009--06

資材置き場の周囲などに防犯カメラを設置することで、

侵入者や不審者の撮影をすることができます。

その際、乾電池式の防犯カメラを使えば

設置工事をせずにスムーズな対策をすることができます。

AC電源と乾電池のどちらでも使える屋外用防犯カメラ「TRELシリーズ」

 

防犯フェンスと防犯カメラの良い所は、

太陽光パネルの設置前設置後に関わらず、

継続的に防犯ができることです。

 

毎日のように太陽光発電所を見回ることができればいいですが、

住居から離れた場所に太陽光発電所を設置している方も多くいます。

 

長期間安定的に発電を継続するためには、

盗難やイタズラの対策はし過ぎると言ったことはありません。

 

防犯にかけられる費用などを計算したうえで、

実施可能な対策を早めのタイミングで導入するのが良いのだと思われます。

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>