メッキフェンスを低コストで設置できます | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

メッキフェンスを低コストで設置できます

最近では各地に多くの太陽光発電所が設置され、

再生可能エネルギーの発電量は過去最高の水準となっています。

一般家庭では、電気代節約の目的で導入したり、

法人では売電による収益目的で導入するなど、

あらゆる方面の関心を集めています。

 

そういった活況とは裏腹に、太陽光パネルやその銅線を狙った盗難事件も発生しています。

 

盗難被害のほとんどは、

周囲にフェンスを設置していないなど、防犯を怠ったケースです。

そのため、太陽光発電所周囲における盗難対策が日々求められています。

 

太陽光パネルに限りませんが、屋外の設備周りにおいて、

防犯フェンスの設置は必要不可欠です。

設備へのイタズラや盗難を防ぐには、

設備の近くに寄らせないことが一番効果的だからです。

 

 

しかし、ただフェンスを設置するだけでは意味がありません。

屋外設備の周囲にフェンスを設置するうえで問題となるのは、

雨風などによりフェンスが錆びてしまうことです。

 

_19-101692

フェンスは屋外に設置するかぎり、

雨風にさらされ続ける状態にあります。

 

その場合、鉄製のフェンスは錆びることで壊れやすくなります。

 

壊れやすいということは、敷地内へ侵入されやすくなってしまい、

防犯としての効果が低くなります。

 

また、錆びたフェンスの欠点は強度だけではありません。

錆びたフェンスは、管理が行き届いていない印象を与えてしまうのです。

そうなると、フェンスを設置しているにも関わらず、

資材盗難の被害に遭うケースもあるそうです。

 

そのため、太陽光発電所などの屋外設備周囲にフェンスを設置する場合は、

高強度かつメッキ仕様のフェンスが適しています。

 

 

ただし、メッキフェンスなど強度に優れたフェンスほど、

本体価格は高い傾向にあります。

 

通常のメッキフェンスは、

1mあたりの価格が¥7,000~10,000ほどの製品が多く。

100m設置すると、工事費を含め¥1,000,000以上掛かってしまうこともあります。

 

いくら防犯のためとはいえ、

防犯フェンスの設置コストが掛かりすぎるのも問題です。

 

 

 

一方で、

表面にメッキ加工がされた高強度のメッキフェンスでも、

本体価格が安く、かつ低コストで設置ができる製品もあります。

SN3U0416

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

 

らくらくメッキフェンスは、

鉄線に溶融亜鉛メッキ3種を塗布した、高強度のメッキフェンスです。

通常の塗料などを施したフェンスと

メッキ加工のフェンスを比べた場合では、

約2~3倍の期間、品質が長持ちします(屋外で25年の使用を想定)。

 

 

また、らくらくメッキフェンスの設置には、基礎工事が要りません。

地面に杭パイプを打ち込み支柱を固定することで、

短工期かつ低コストでフェンスを設置することができます。

特集ページ:防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は省コスト&短工期で設置できます

 

 

また、海岸地帯や都市部においては、

フェンスはより早く劣化する傾向があります。

劣化の早いフェンスではなくメッキフェンスを設置することは、

その後に掛かるフェンス取り換えなどを低コストで抑えることができるのです。

 

 

そのため、らくらくメッキフェンスの導入されている場所として、

屋外の設備周りなどが多いです。

SN3U0414

メガソーラーに設置1

特に太陽光発電所の周囲や屋外設備などは、

長期間運用することを前提に運営をしています。

つまり、フェンスにも耐久年数を求められることが多いのです。

 

フェンスは住宅で言うところの玄関ドアです。

不必要な立ち入りを防止するためにも、設備の周囲に設置して対策をするのが望ましいでしょう。

 

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>