防犯フェンスを省コストで設置

【Fieldsaver.comで販売している防犯フェンスはこちらから】

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

省コストで高耐久な防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

ライン 青①

 

屋外の設備周りの多くには、

周囲に防犯フェンスが設置されています。

また、資材置き場や私有地の周囲にも

防犯フェンスが設置されているのをよく見かけます。

 

防犯フェンスの役割は、

敷地内に安易に侵入できないようにすることです。

 

そんな防犯フェンスが必ずと言っていいほど設置されているのが、

太陽光発電所の周囲です。

太陽光パネルやパワコンなどは高価な設備なので、

盗難やイタズラの対策をする意味でも

防犯フェンスは欠かせないものとなっています。

 

 

01-001--05

 

それにしても、日本ではここ数年で多くの太陽光発電所が誕生しました。

太陽光発電が広く日本に普及した理由は色々とあるかと思います。

その一因として多く挙げられているのは、

売電における収益が安定していることです。

住宅の屋根やビルの屋上に設置され、自家発電で消費電力を賄うことも多くなりました。

 

また、上の写真のように、ある程度の敷地があれば、

たくさんの太陽光パネルを設置し、売電で安定した収益を見込むことができます。

かつて個人向けの自家発電が多かった太陽光発電は、

近年は一つの事業としても注目されています。

 

しかし、安定した収益を見込める一方で、

FIT(固定価格買い取り制度)の金額は年々減額されています。

平成28年度の買取価格は、

10kW以上の太陽光発電が「24円/kWh」

10kW未満の太陽光発電が「31円/kWh」(⇒出力制御対応機器設置義務ありは33円となっています)

 

 

これだけを見ると、今後太陽光発電では収益が見込めないようにも感じます。

 

 

しかし太陽光発電モジュールは、

今まで以上の発電効率の実現あるいは、モジュール価格が値下がりするなど、

年々性能が年々向上しています。

つまり、売電価格は安くなっていますが、

その一方で太陽光発電所の初期導入コストも下がっているのです。

 

 

今後、太陽光発電所を運営するのであれば、

太陽光発電所の設営に掛かる諸々の初期コストを抑えることで

今までと同じくらいの期間で初期コストの回収ができるそうです。

 

 

ただし、安定した発電を継続するには、

太陽光パネル周囲の防犯が必要不可欠となります。

 

 

01-001--02

防犯フェンスを設置し、太陽光パネルの盗難やイタズラの対策をすることで、

長期間の運用を実現することができます。

 

産業用太陽光発電設備の設置には、広い土地を利用するため、

防犯フェンスもそれなりの距離が必要となります。

今までは防犯フェンス100m設置するのに、

材料費と施工費を合わせて

¥800,000~¥1,000,000くらいの

費用が掛かっていました。

 

しかし、今では耐久性の高い防犯フェンスでも

安く購入することができます。

さらに、施工に掛かる費用を抑えられる製品もあるので、

広い土地を囲うための長距離の設置にも向いています。

 

 

 

メガソーラーに設置1

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

 

 

らくらくメッキフェンスは溶融亜鉛メッキ加工なので、

耐久性がとても高いのが特長です(屋外で25年の使用を想定)。

そのため、長期間運用をする太陽光発電と相性が良いのです。

 

 

?SN3U0414

パネル式・簡易区画フェンス-002--06 パネル式・簡易区画フェンス-002--08

また、らくらくメッキフェンスは

本来フェンスの設置に必要な基礎工事が必要無いため、短工期かつ省コストで設置できるのが強みです。

 

省コストで設置ができるため、

材料費と施工費を含め、通常の防犯フェンスの約半額で

設置をすることができます。

 

 

太陽光発電システムは

太陽光パネルやパワコンといったものだけでなく、

架台や防犯フェンス、メンテナンスサービスなど

様々なものに費用が掛かります。

 

そのため、初期コストを抑えることのできる防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」は

各地の太陽光発電所や屋外設備の周囲に多く導入されています。

 

 

FIT(固定価格買い取り制度)の価格が下がっている今だからこそ、

太陽光発電所に必要なあらゆるコストを削減することが求められています。

省コストで高耐久の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>