太陽光パネルの盗難をフェンスで防ぎましょう | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光パネルの盗難をフェンスで防ぎましょう

【Fieldsaver.comの販売している太陽光パネルの盗難防止フェンス】

 

太陽光パネルの盗難防止フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

ライン 青①

 

今回は、太陽光パネルの「盗難」とその対策について、

太陽光発電設備の販売店さんと

お話をした内容をまとめました。

 

 

太陽光パネルの設置後は、その周囲に可能な限りの

盗難対策をすることが大事だそうです。

 

 

太陽光パネル(フェンス無し①)

【写真①】太陽光パネルの設置現場 周囲にフェンス無し

 

 

今ではあらゆる場所で太陽光パネルが設置されています。

写真のように、野立ての太陽光発電所も多くなり、

ここ数年で急速に普及しました。

 

一方で、太陽光パネル本体や銅線などの盗難事件も多くなり、

太陽光パネルの周囲には盗難対策が常に必要とされています。

 

 

 

太陽光パネル(フェンス無し②)

【写真②】太陽光パネルの設置現場 周囲にフェンス無し

 

 

【写真①】は、太陽光パネルの周囲にフェンスが設置されておらず、

近づけば誰でも簡単に太陽光パネルに触れることができる状態です。

その結果、【写真②】のようにこんな目の前まで近づくことができてしまいました。

 

この状態では、せっかく設置をした太陽光パネルがいつ盗難されてもおかしくありません。

 

また、太陽光パネルの販売店さんが言うには、

盗難が起こるタイミングは

太陽光パネルが設置される前にも

時々あるそうです。

 

一体どういうことでしょうか?

 

 

IMGP1453 - コピー

【写真③】太陽光パネルの設置現場 資材がフェンス外に

 

私有地や遊休地に設置する際、

太陽光発電の各資材(太陽光パネル、架台、フェンス等)は

ひとまとめにされています。

しかし、【写真③】のように

資材が防犯フェンスの外に置かれていることがあります。

このタイミングで、太陽光パネルや銅線といった資材を

をまとめて盗難されてしまうケースが珍しくないそうです。

 

 

 

f799cf864d10aae65d192bfd0698c6b9_s

こういった場所は、トラック等の車両を近くに乗り付けやすい環境なので、

重い資材も易々と運ばれてしまいます。

その際、犯人は作業着やヘルメットで

施工業者に成りすましているパターンが多いそうです。

 

 

せっかく太陽光発電を始めようとしている人や企業からしてみれば、

水を差されるどころの問題ではありません。

何か良い盗難対策ははないのでしょうか?

 

 

販売店の方に聞くと、

太陽光パネルの設置前は販売店や施工店が協力して盗難対策をし、

設置後には、太陽光発電設備の管理者がしっかり盗難対策をすることが

必要だと感じているそうです。

 

 
対策その① 販売店と施工業者の連携

太陽光発電設備の販売と設置で、

担当する店舗や企業が違うのは珍しくありません。

双方が納品や施工のスケジュールを綿密に調整することで、

設置現場に人の行き来を絶やさないようにすることが

盗難の対策に繋がるそうです。

 

 

対策その② 敷地へのフェンス設置

012

敷地内に太陽光発電設備を運び込む前に、

周囲に盗難防止フェンスを設置してしまうのも

盗難対策として効果的とのことです。

太陽光パネルの設置後もフェンスは盗難対策として使い続けられるので、

長期間運用する太陽光発電とも相性が良いと言っていました。

太陽光パネルの盗難防止フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

 

対策その③ 防犯カメラの設置

ハイクカム 防犯向け設置写真

資材置き場の盗難対策には、

屋外用防犯カメラを設置する方法も効果的です。

画像送信機能付きの屋外用防犯カメラ「ハイクカムSP158-J」

 

 

ハイクカム 夜間盗難③ - コピー

盗難の現場を撮影することができ、

写真はパソコンやスマートフォンに送信されるので

遠くに居ても現場の状況を把握することができます。

 

 

盗難防止フェンスや防犯カメラは、

太陽光パネル設置後にも継続して盗難対策に使うことができるため、

できれば早めに設置をしてもらいたいと

太陽光パネル販売店の方は言っていました。

 

長期間使い続ける設備だからこそ、

効果的な盗難対策を検討しましょう。

 

太陽光パネルの盗難防止フェンス「らくらくメッキフェンス」

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>