防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」で太陽光発電をサポート | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」で太陽光発電をサポート

【Fieldsaver.comの販売している防犯フェンスはこちらから】

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

省コストで高耐久な防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

ライン 灰色①

 

 

屋外設備や私有地への侵入を防ぐために、

防犯フェンスはあらゆる場所に設置されています。

 

特に太陽光発電所のような高価な設備の多い場所には、

侵入やイタズラの対策として、ほとんどの場所に防犯フェンスが設置されています。

 

そんな防犯フェンスですが、いくつか種類があります。

防犯フェンスの特徴より、設置に適した場所も変わります。

 

太陽光発電システムの販売店さんや、

太陽光発電所の設営をされる施工業者さんなどから

今まで聞き取ってきた情報をもとに、

防犯フェンスごとに適切な設置場所をまとめてみました。

 

 

 

防犯フェンスとして使われるフェンスは、大きく分けて

「メッシュフェンス」「目隠しフェンス」「格子フェンス」

これら3種類が主となります。

 

SN3U0416

金網が交差して組まれている

「メッシュフェンス」「ネットフェンス」

 

 

目隠しフェンス(他社)

パネルで敷地内を見えづらくする

「目隠しフェンス」

 

 

spay

パイプが縦組みされている

「格子フェンス」

 

 

防犯フェンスとして、このような形状のフェンスが

多く使われています。

 

それぞれの防犯フェンスは見た目が違うのはもちろんですが、

設置する際により効果的な場所もそれぞれ違います。

 

SN3U0416

「メッシュフェンス」や「ネットフェンス」は、

フェンスの中では本体価格が安いので、

広い敷地を囲う長距離の設置に向いている防犯フェンスです。

また、防犯フェンス越しに敷地内が見えやすいので、

太陽光発電所などの屋外設備周りに設置することで、

敷地内でのイタズラや盗難を抑止する効果があります。

 

 

目隠しフェンス(他社)

「目隠しフェンス」は

敷地内を見えづらくすることができるので、

住宅や学校などの

プライバシー保護に使われることが多いです。

一方で、敷地内が見えづらくなるため

イタズラや盗難の現場を隠してしまう危険性もあります。

なので屋外設備周りや駐車場などでは

あまり導入されていません。

 

 

spay

「格子フェンス」は、よじ登りづらい形状をしているため、

公園や福祉施設など

子供やお年寄りの多い場所に設置されることが多いそうです。

また、格子部分が太く強度があるため、

道路の近くでの設置や、

企業や学校の入口門扉も格子であることが多いです。

 

 

このように、フェンスの形状により

防犯対策として設置に適した場所は変わります。

 

侵入やイタズラを抑止するための方法は

以前のブログにも掲載されていますので、

どうぞご覧ください。

参照ブログ:防犯フェンスをより効果的に設置する

 

 

近年は太陽光発電設備など、屋外に設置する高価な設備も多くなり、

周囲の侵入やイタズラ対策がより重要になってきました。

 

こういった屋外設備周りでは、

資材の盗難やイタズラによる機器の破損といった事例も

少なくありません。

 

cea3be7033489c63fed35f8bd8fe4ee8_s

※野立て太陽光発電所。周囲に防犯フェンス無し。

 

周りに防犯フェンスが設置されていないと、近くに車を乗りつけられて

機材を運ばれてしまう危険性もあります。

足を踏み入れてほしくない場所であれば、

防犯フェンスを設置するなどの対策が必要でしょう。

 

太陽光発電システムの周辺であれば、

上で説明した「メッシュフェンス」や「ネットフェンス」が

敷地内を確認しやすい点で設置に適していると言えます。

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」

 

らくらくメッキフェンスは、基礎工事の必要無い

省コストで設置可能な防犯フェンスです。

太陽光発電所の侵入やイタズラ対策の防犯フェンスとして、

各地に設置されています。

 

 

【設置方法】

 

①杭パイプを打ち込みます

パネル式・簡易区画フェンス-001--06

 

②杭パイプに支柱パイプを差し込みます

パネル式・簡易区画フェンス-001--07

 

③支柱にパネル本体をかけます

パネル式・簡易区画フェンス-001--08

 

④結束線でパネルを固定します

パネル式・簡易区画フェンス-001--09

このように、特別な工事は必要ありません。

メッキ加工が施されているため、雨風に強く

長期間の設置に向いている防犯フェンスです。

 

防犯フェンスの設置にかかる大まかな費用については、

こちらのブログで書かれています。

参照ブログ:フェンスの工事費を抑えることのできる製品

 

 

防犯フェンスの種類と特性を把握し、

設置する場所にとって一番効果の見込める防犯フェンスを選ぶことが大事なのだと、

今までの聞き取りで知ることができました。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>