メッキフェンスの優れた耐久性

【Fieldsaver.comの販売しているメッキフェンスはこちらから】

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

省コストで高耐久のメッキフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

ライン オレンジ①

 

 

フェンスは屋外に設置するかぎり、

雨風にさらされる状態であることが

ほとんどです。

 

その場合、鉄製のフェンスは錆びることで

脆く壊れやすくなり、見た目も赤茶けてしまいます。

_19-101692

こういった状態では、

フェンスは非常に壊れやすいです。

また、錆びたままでは、その敷地があまり管理されていない印象を与えてしまい、

侵入やイタズラといった被害に遭いやすいという欠点もあります。

 

一方で、表面にメッキ加工がされたフェンスは、

錆びに強く耐久性に優れていると言われています。

SN3U0416

※らくらくメッキフェンス設置写真

 

メッキフェンスは通常のフェンスに比べ、

どのくらい強度があり、

どのくらいの期間使い続けることが

できるのでしょうか?

 

今回も、フェンスの生産と販売を手掛ける

企業の担当者様にお話を聞くことができました。

 

 

Q:メッキフェンスはどのくらい錆びづらいのですか?

例えば通常の塗料などを施したフェンスと

メッキフェンスを比べた場合では、

約2~3倍の期間は品質が長持ちします。

塗装処理だけのごく一般的なフェンスでは

7年未満の耐久年数表示であることがほとんどですが、

メッキフェンスであれば

耐久年数が20年~25年であることが多いです。

 

 

Q:錆びることによって、フェンスはどうなるのですか?

錆による腐食でフェンスの鉄線が細くなり、

とても壊れやすくなります。

また錆びたフェンスは

その場所の管理が行き届いていない印象を与え、

イタズラや侵入のリスクが上がると言われています。

海外でも、

汚れた電車の車両の方が、

キレイな電車の車両よりも、落書きなどのイタズラが多いとデータが出ています。

 

 

 

Q:メッキフェンスにも耐久性の差はありますか?

メッキフェンスの場合、

鉄線の太さ(線径)と亜鉛メッキの付着量により、

1種~4種で区分けされています。

数字が大きくなるほど、メッキ付着量が多く、

長い期間錆を防ぎます。

ただ、どれだけ多くのメッキを塗布しても、

屋外の環境(雨に含まれる酸や潮風)で

だんだんと腐食はしていきます。

腐食のスピードとしては、

田園地帯 < 都市・工業地帯 < 海岸地帯

このようになっています。

フェンスについては、できる限り耐久性の高いものを選ぶほうが

取り換えや修理の手間を抑えることができ、

結果的にコストを抑えられることが多いです。

メッキについて詳しい説明がされているHPがありますので、

参考までにご覧ください。

一般社団法人 日本溶融亜鉛鍍金協会>

http://www.aen-mekki.or.jp/

 

 

 

また、メッキフェンスの導入されている場所として、

屋外の設備周りなどが多いそうです。

SN3U0414

 

太陽光パネルの周囲や屋外設備などは、

長期間運用することを前提としています。

よって、フェンスにも同等くらいの耐久年数を

求めることが多いからだと説明を頂きました。

省コストで高耐久のメッキフェンス!「らくらくメッキフェンス」

 

 

基礎の要らないタイプのメッキフェンスなので、

重機やドリルといった工機は必要ありません。

(スコップで地中の石を取り除く等の対応が必要な場合もあります)

そのため、基礎工事に必要な部材費や人件費が掛からないので、

メッキフェンスの設置費用を抑えることができるのです。

 

メッキフェンス本体は雨風にも強く、

屋外環境で約25年を想定した

設計となっています。

強度試験の様子

※強度試験の様子

 

 

メッキ仕様で耐久性が高く、かつ省コストで設置ができるため、

 

・太陽光パネルや太陽光発電所周囲の防犯メッキフェンス

・屋外施設の防犯メッキフェンス

・ゴルフ場などの敷地の境界フェンス

・私有地などの侵入防止メッキフェンス

・資材置き場の防犯メッキフェンス

 

このように、多くの場所に導入されています。

 

フェンスには物理的な侵入防止はもちろん、

区画や私有地を分かりやすくすることによる

侵入やイタズラの抑止力になります。

 

フェンスの存在は住宅の玄関ドアのようなものですので、

屋外の設備周りにはできる限り設置することが望ましいですね。

より防犯効果を高めるフェンスの設置方法については

先日のブログに載っていますので、

こちらも参考にしてください。

参考ブログ:防犯フェンスをより効果的に設置する

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>