フェンスの基礎工事に掛かる費用

太陽光パネルや屋外設備周囲の

 

侵入・盗難・イタズラ対策に多く導入されている、

 

基礎工事不要&短工期「らくらくメッキフェンス」の商品ページは

 

下のバナーより入ることができます。

 

 

らくらくメッキフェンス 高さ別価格一覧

基礎工事不要の省コストフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

お見積りもとってもらくらくです!

フェンスの高さ、長さ、発送予定先などを入力して

送信をすると、後日見積書が返送されます。

rakuraku_form_bt

 

 

ライン 緑①

 

 

屋外の設備等の周囲には

防犯目的でフェンスが設置されていることが多いです。

 

フェンスの価格は、販売店に問い合わせる等で調べることができます。

フェンスにも様々な種類があるので、それらの値段については割愛しますが、

それなりに強度のあるフェンスであれば、

フェンス1mあたり¥4,000~¥7,000ほどの本体価格が多いです。

 

しかし、フェンス設置に掛かる基礎工事の工事費は意外と知られていません。

いったいどのくらいの基礎工事費用が掛かってしまうのでしょうか?

 

今回は、フェンスの設置工事にかかる費用を

実際にフェンス設置や基礎工事を手掛けている施工業者さんへの聞き取りや、

いくつかの情報を基に概算してみました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋外設備や駐車場など、

あらゆる場所でフェンスは設置されています。

 

320_photo_dokuritsukiso

どのフェンスにも、支柱を固定するための

こういったコンクリートの基礎工事が施されています

 

今回はこの基礎工事をする際に掛かる費用について、

フェンスの販売や施工など、

実際に基礎工事まで行っている企業の担当者様へ直接お話を聞くことができました。

 

 

Q:新しくフェンスを設置する際には、どういった基礎工事を行いますか?

フェンスを新設する場合、

このような独立基礎を使って基礎工事をすることが多いです。

item11-img01

【独立基礎】

1本ずつの柱の位置に、その柱だけを支えるように単独で設けられた基礎。

屋外設備の防犯フェンスなどに、独立基礎を使った基礎工事が多く見られる。

 

 

Q:他に使用するものはありますか?

独立基礎の基礎工事には、フェンス支柱を固定するためのコンクリートが必要となります。

SONY DSC

 

 

Q:フェンスを設置するにあたり、どのくらいの数の基礎が必要ですか?

フェンスの規格によりまちまちですが、

フェンスの設置距離が100mであれば

40個~60個くらいが目安です。

だいたいフェンス2mごとに、

基礎を一つ設ける形が多いです。

基礎の数量が多いほど、基礎工事の費用も上がります。

 

 

Q:独立基礎工事にはどの程度の費用が掛かりますか?

これも施工業者により差がありますが、

基礎本体の費用を含めて

独立基礎1ヶ所あたり¥3,000~¥5,000くらいが基礎工事の相場かと思います。

 

 

 

そうなると、

100mのフェンスを設置する際、

基礎の設置にかかる平均的な金額は

基礎50個×¥4,000=¥200,000

このくらいは基礎工事の費用が掛かってしまう計算になります。

 

更にフェンス基礎工事に掛かる人件費を含めると、

上記の金額に¥150,000~250,000くらいが

プラスされるとのことです。

 

c1cf2a38ff21bcc39703ed5154dcb502

フェンス本体につきましては、このようなメッシュフェンス本体の価格は、

1mあたり¥4,000~¥7,000が相場で多いそうです。

 

そうなると、

距離100mあたりのフェンスを設置する際、

基礎工事&フェンス施工&フェンス本体価格を含めると、

およそ100万円ほどの費用が

必要となる計算になります。

----------------------

フェンス1mあたりの平均価格=¥5,500

フェンス設置距離=100m

独立基礎50ヶ所設置の基礎工事費用=¥200,000

フェンス施工費=¥200,000

(5,500×100)+250,000+200,000=1,000,000

----------------------

 

 

一言でフェンスといっても、基礎工事を含め、

設置をするにはそれなりの費用が

掛かってしまうものなのです。

 

一方で、

基礎工事をする必要が無く、

本体価格も従来品より安価な防犯フェンスもあります。

 

 

SN3U0414

基礎工事不要&短工期の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

上記写真の、基礎工事不要「らくらくメッキフェンス」は、

一般的なフェンスに比べおよそ半額の費用で設置できるフェンスです。

 

 

フェンス設置の主な4工程①~②

フェンス設置の主な4工程③~④

 

杭パイプを地面に直接打ち込み、支柱を固定するタイプなので、

基礎工事をせずにフェンスを設置できます。

そのため、太陽光発電所や私有地などの防犯フェンスとして設置されることが多いです。

 

また、基礎不要タイプのフェンスである一方、

基礎工事での設置にも対応しています。

らくらくメッキフェンスは、フェンスの設置場所に応じて

設置方法を選ぶことができる防犯フェンスなのです。

 

01-002--02

※基礎工事での設置にも対応。

 

 

らくらくメッキフェンスの導入先としまして、

 

・太陽光パネル、太陽光発電所の防犯フェンス

・屋外施設の防犯フェンス

・ゴルフ場などの敷地の侵入防止用フェンス

・私有地など侵入防止フェンス

・田畑の獣害対策用フェンス

・資材置き場の防犯フェンス

 

こういった場所に多く設置されています。

 

 

 

フェンスと一言で言っても、

設置する場所や用途は様々です。

 

基礎工事が必要な場合とそうでないフェンスがありますが、

工事費用に関わらず、どうしても基礎工事が必要な状況もあると思います。

基礎工事をするべきか、この場所では基礎不要でいいのか、

それが事前に確認できるだけでも

設置費用ある程度把握することができます。

 

らくらくメッキフェンスは、基礎工事をしなくても良い環境下でフェンスを設置する際、

大幅に費用を抑えることのできる防犯フェンスです。

基礎工事不要&短工期の防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>