太陽光発電所に掛かる費用を抑えるフェンスです | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

太陽光発電所に掛かる費用を抑えるフェンスです

太陽光発電所の周囲に多く導入されている、

短工期&省コストの「らくらくメッキフェンス」の商品ページは

下のバナーより入ることができます。

 

太陽光発電所の省コスト&高耐久フェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

お見積りもとってもらくらくです!

rakuraku_form_bt

 

 

ライン 青①

 

再生可能エネルギーの代名詞ともいえる太陽光発電所は、

ここ数年で全国各地に増えました。

 

再生可能エネルギーの中でも導入のしやすいことが追い風となり、

太陽光パネルは私たちの身近でもよく見かけるようになりました。

住宅の屋根だけでなく、ビルの屋上や

農地や空き地にも、太陽光発電所は多く設置されています。

 

 

 

ee985b78637d41fb0e2525c68a4360b6_s

しかし、普及の一方で

太陽光発電所の太陽光パネルやパワコンなどの設備には、

盗難やイタズラの危険性もあります。

上の写真のような太陽光発電所では、

太陽光パネルの周囲にフェンスなどの遮蔽物が無いため、

誰でも太陽光発電所の敷地内に立ち入れる状態になっています。

 

太陽光パネルは、1kwあたり¥200,000~300,000もする高価な設備です。

早々と買い直せるような資材ではありません。

 

太陽光発電所周囲は、できる限り侵入されづらい対策を講じる必要があります。

具体的には、フェンスなどを設置し、侵入・盗難・イタズラ対策をすることで

長期間の運用につなげることが大切です。

 

 

 

P1100399

 

ここ数年で急速に普及した太陽光発電所は、多くの場所で見られるようになりました。

規模の大小にかかわらず、休閑地や私有地を活用して

発電を収益につなげられる新たな資産形成は

多くの人に注目されています。

 

しかし、太陽光発電所の設備のほとんどは、

高価な設備であり、電気を扱うキケンな設備です。

 

安易に他人が触れることのないよう、

太陽光発電所の周りには

立ち入りを制限するフェンスや囲いを設置することが

推奨されています。

 

 

「一般社団法人 太陽光発電協会」

10kw以上の一般用電気工作物太陽光発電システムの

基礎・架台の設計・施工のチェックリストと留意点【第1.6項より】

 

地上設置型は発電所内へ人の立ち入りを制限することが必要です。

ただし、農地に設置する場合は特定行政庁と協議を行ってください。

地上設置の場合「メンテナンスを除いて架台下の空間に人が入らない」

ことが外形的に判断できる場合として

・太陽光発電設備の最高の内法高さが1.4メートル以下である場合

・太陽光発電設備の周囲に囲いが設置される等の

立入り禁止措置が講じられている場合

人の侵入を防止する囲いを設置することが好ましいと言えます。

 

 

このように、10kw以上の地上設置型太陽光パネルにおいては、

周囲にフェンスや柵などを設けることが望ましいとのことです。

太陽光発電所の敷地内に人が立ち入ってしまうと、

感電やパネルの崩落といった重大な事故につながるリスクがあります。

また、太陽光パネルそのものの盗難やイタズラといったリスクもあるので、

双方の対策として、防犯フェンスを設置する等の侵入対策が必要となります。

 

 

 

そして2017年の改正FIT法により、

太陽光発電所の周囲にフェンスを設置することが

義務付けられました。

※太陽光パネルの設置場所により免除されるケースもあります。

 

詳しくは下記ページをご確認ください。

参考ブログ:改正FIT法では敷地周囲にフェンスが必要になりました

 

 

 

 

DIYフェンス

一方で、太陽光発電所の周囲にフェンスを設置するには、

フェンス本体の購入、基礎工事、設置工事など、

それなりの費用が掛かってしまいます

 

フェンスの設置に掛かる費用は

こちらのブログにもまとめてありますので、

参考までにご覧ください。

参考ブログ①:フェンスの工事費を抑えることのできる製品

参考ブログ②:フェンスの基礎工事に掛かる費用

 

 

太陽光発電所の盗難・イタズラ対策としてフェンスは必要ですが、

できれば設置に掛かる諸々の費用を抑えたいと皆さんは考えています。

 

50kwの太陽光発電所を設営するためには、

数百万円といった予算が必要になります。

太陽光パネルの設置枚数を少しでも増やすには、

その他の設備や備品に掛かるコストを

少しでも抑える必要があります。

 

その際、考えられることとしては

 

①フェンス本体の購入費用を抑える

②フェンス設置に掛かる工事費用を抑える

 

この2点をクリアできれば、

太陽光発電所周囲に設置するフェンスの費用諸々を

大幅に抑えることができるのです。

 

一般的なフェンスよりも本体価格が安く、

かつ基礎工事が必要無いタイプの製品は

太陽光発電所の周囲だけでなく、

多くの屋外設備周囲でも設置されています。

 

パネル式・簡易区画フェンス-002--06

パネル式・簡易区画フェンス-002--08

 

SN3U0414

※太陽光発電所に設置されているらくらくメッキフェンスの写真

 

 

「らくらくメッキフェンス」

従来のメッキフェンスに比べ本体価格が安く、

地面に杭を打ち支柱を立てる仕様なので、

基礎工事が必要ありません。

 

そのため、フェンス設置に掛かる費用を

およそ半分程度に抑えることができるのです。

 

 

 

【設置方法】

 

①杭パイプを打ち込みます

パネル式・簡易区画フェンス-001--06

 

②杭パイプに支柱パイプを差し込みます

パネル式・簡易区画フェンス-001--07

 

③支柱にパネル本体をかけます

パネル式・簡易区画フェンス-001--08

 

④結束線でパネルを固定します

パネル式・簡易区画フェンス-001--09

 

らくらくメッキフェンス 施工手順書-PDF

専用門扉 施工手順書-PDF

 

基礎の要らないタイプのフェンスなので、

重機やドリルといった工機は必要ありません。

(スコップで地中の石を取り除く等の対応が必要な場合もあります)

 

そのため、基礎工事に必要な部材費や人件費が掛からないので

設置費用を抑えることができるのです。

 

 

また、らくらくメッキフェンスは基礎工事での設置にも対応しています。

 

01-002--02

 

 

強度テストも実施済みです。

メッキ仕様のフェンス本体は雨風に強く、

屋外環境で約25年を想定した

設計となっています。

強度試験の様子

※らくらくメッキフェンス 強度試験の様子

 

 

本体価格と合わせ、設置工事が簡単で費用を抑えることができることから、

 

・太陽光パネル、太陽光発電所周囲の防犯フェンス

・屋外施設の侵入防止フェンス

・ゴルフ場などの敷地の境界フェンス

・溜め池など侵入禁止区域の転落防止フェンス

・資材置き場の防犯フェンス

 

こういった場所に多く設置されているのです。

省コストで高耐久!「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

 

 

 

 

ライン 黄緑①

 

らくらくメッキフェンスは

太陽光発電所などのあらゆる屋外設備の防犯フェンスとして

数多くの場所に設置されてきました。

 

 

 

 

そんな防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」に、

新商品が加わりました。

 

高強度な防犯フェンス「らくらくメッキフェンス」より、

さらに高強度なフェンスが必要なユーザーに向けて、

Fieldsaver.comが新開発をしました。

 

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

更に高耐久の強化型!「らくらくメッキフェンス」商品ページ

 

 

強化型らくらくメッキフェンスは、従来のらくらくメッキフェンス比べて

約2.2倍の鋼材を使用しています(本体パネル比較)。

 

鋼材使用量の図解

 

 

 

 

また、景観配慮の必要な地域には、

ブラウン塗装を施したらくらくメッキフェンスがおすすめです。

 

※らくらくメッキフェンスはFieldsaver.com(運営:株式会社地域環境計画)の商標登録製品です。【登録第5976345号】

景観に優しいブラウン色「らくらくメッキフェンス|ブラウンコート」

 

 

 

 

本体資材のメッキの上からブラウン色を塗装。

周囲の環境に馴染みやすい色合いを実現しました。

 

 

 

 

 

太陽光発電所内の区画表示をしたい場合には、

高さ30cmの低丈区画フェンスが便利です。

高さ30cmの低丈区画フェンス「らくらくメッキフェンス シンプルミニ」

 

 

 

太陽光発電所、風力発電、地熱発電といった

再生可能エネルギー発電所は、

屋外に規模の大きい施設を設置することがほとんどです。

特に太陽光発電所は各地に増えており、

敷地内の侵入対策や太陽光パネルの盗難対策も必要となっています。

 

こういった太陽光発電所の防犯フェンスとして、

らくらくメッキフェンスは今後も多くの発電所の防犯サポートをしていきます。

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>