不法投棄対策に導入されている防犯カメラです | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

不法投棄対策に導入されている防犯カメラです

ここ最近で起きた不法投棄の中で飛び抜けているのが、

十数年前に岐阜県で起きた企業による大量の不法投棄事件です。

 

その企業が不法投棄をしたゴミの量は、

何と56万トンと言われています。

 

その量がどれほどのものか、

グラフを見れば分かりやすいかと思います。

 

不法投棄量の年度別推移

平成15年のグラフのみ飛び抜けているのが分かります。

 

 

その年に日本国内で確認された不法投棄ゴミの

実に75%がその不法投棄事件によるものだったと言われています。

 

物を作り、人が買い、古くなり、捨てられる。

経済のサイクルの中で、どうしてもゴミは発生してしまうものです。

しかし、それで不法投棄が正当化されるわけではありません。

 

不法投棄は企業だけでなく、個人でも多く行われています。

だいぶ減ってきたとはいえ、

不法投棄は未だに社会問題として残っています。

 

 

k-fuhoutouki02

 

不法投棄されたゴミは、捨てた人が分からなければ

その土地の所有者が処分しなければなりません。

 

 

こういった状況を少しでも解決するべく、

各自治体は不法投棄の現場に防犯カメラを導入しています。

TS560 設置

 

屋外設置型防犯カメラ「ターゲットスカウト」は、

不法投棄の対策をはじめ、

屋外の防犯においてあらゆる自動撮影に対応しています。

 

ts600pro_gi_pic1

ts600pro_gi_pic2

 

昼間でも夜間でも鮮明な画像を撮影できるため、

不法投棄者の特定や車両のナンバー確認などに活用されています。

 

屋外防犯カメラシステム「ターゲットスカウト」商品ページ

 

 

 

 

【運営会社】

株式会社地域環境計画

【関連サイト】

鳥獣被害対策商品の総合販売サイト|鳥獣被害対策.com(URL:http://www.choujuhigai.com/

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>