防犯用DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」 | Fieldsaver.com

Fieldsaver.com

防犯用DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」

屋外の設備周囲や私有地の敷地などの侵入対策として、

自らフェンスを設置する人が増えています。

自分でフェンスを購入し、自分で基礎工事をしフェンスを設置する、

いわゆるDIYフェンスが最近多くなってきました。

 

 

パネル式・簡易区画フェンス-002--07 パネル式・簡易区画フェンス-002--08

※DIYフェンスの設置現場

 

DIYフェンスは、こういった太陽光パネルの周囲だけでなく、

屋外設備、駐車場、資材置き場、私有地など、

あらゆる場所で防犯目的で設置されています。

 

太陽光パネルの周囲に導入されているDIYフェンス「らくらくメッキフェンス」は、

短工期&省コストで設置ができるDIYフェンスです。

コストをかけずに、

太陽光パネルの周囲に自ら防犯DIYフェンスを設置したい方々にオススメです!

 

 

行政・公的機関 らくらくメッキフェンス

防犯用DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

 

ライン 黄①

 

 

783775d0308481a1d035060a57767929_s

太陽光パネルの普及が進み、

再生可能エネルギー界隈は活況になっています。

 

しかしご存じのとおりこのパネルは、とても高価なものです。

最近は少しずつ値下がりしているようですが、

1kwあたり約20~40万円のお値段となっています。

 

そんなものが屋外に堂々と置いてあるわけですから、

太陽光発電所敷地内への侵入・盗難・イタズラの被害は後を絶ちません。

 

また、屋外において被害が発生しやすい場所として

・駐車場、駐輪場

・農園、家庭菜園

・私有地(山林や空き地など)

・資材置き場

これらの場所も挙げられます。

 

上記のような場所は人目につきづらく、

安易に侵入ができてしまう環境が多いのが特徴です。

 

こういった場所での侵入防止対策は

周囲に防犯フェンスを設置することがとても有効です。

 

畑の周囲に設置 - コピー

このように周囲を防犯フェンスで囲ってしまえば、

人の侵入を防止することができます。

 

しかし問題は、

フェンスの設置に多くのコストが掛かってしまうことです。

 

一般的なフェンスの場合、

フェンス100m辺りの価格は

およそで40万円~70万円ほどです。

 

この費用加え、さらに設置工事など人件費が加算されます。

結果的に、約100万円ほどのコストが

防犯フェンスには掛かってしまうのです。

 

しかし、そこまで多くのコストをかけられない人も多く、

防犯フェンスの設置を諦めてしまう人もいます。

その結果、侵入やイタズラがされやすい環境を

放置してしまうケースが少なくありません。

 

少しでもコストを抑えてフェンスを設置をしたい・・・

 

そんな時は、

DIYフェンスを設置してしまう(自分で設置)

方法をオススメします。

 

 

SN3U0634

※防犯用DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」設置写真

 

コストを抑えつつ簡単に設置できる

DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」は、

多くの屋外設備などの周囲で導入されています。

 

その理由は、

屋外環境に強い耐久性と、

設置に掛かる手間が少ないことです。

 

主な使われ方として、

・太陽光パネル周囲に設置する防犯用DIYフェンス

・私有地の侵入防止に設置する侵入防止用DIYフェンス

・駐車場などの区画に設置する区画表示DIYフェンス

・資材置き場の周囲に設置する盗難防止DIYフェンス

・ため池の周囲に設置する転落防止用DIYフェンス

・農地の獣害対策に設置する獣害対策用DIYフェンス

 

このように、あらゆる用途設置されているDIYフェンスなのです。

 

 

省コスト&高耐久のDIYフェンス!「らくらくメッキフェンス」

の大きな特長として、

短期間でコストを抑えて設置ができることが一番の強みです。

 

 

設置方法

 

①杭パイプを打ち込みます

パネル式・簡易区画フェンス-001--06

 

②杭パイプに支柱パイプを差し込みます

パネル式・簡易区画フェンス-001--07

 

③パネル取付けフックに本体パネルを掛けます

パネル式・簡易区画フェンス-001--08

 

④結束線で本体パネルを固定します

パネル式・簡易区画フェンス-001--09

 

 

重機とかドリルとかはまったく必要ありません。

(地面によってはスコップなどで石を取り除く必要があります)

 

ホームセンターで購入できるハンマーを使い、

2~3人で設置作業をすれば、

100m程度の距離で半日~2日間くらいで

設置ができる、簡単施工のDIYフェンスです。

 

また、通常のフェンスでは

設置の際にコンクリートやブロックなどの資材が必要となり、

作業日数や材料費に大きく響きます。

独立基礎固定 img_4773_thumb

 

その点、DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」は

杭パイプを直接土に打ち込むため、

基礎工事が必要ありません。

 

フェンスの基礎 写真(×印)

 

また、DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」本体の値段は

従来のメッキフェンスに比べると半額以下なので、導入費用を大きく抑えることができます。

<従来のメッキフェンス:1mあたり 約4,000円~7,000円>

<らくらくメッキフェンス:1mあたり 約1,600円~2,200円

 

メッキ加工をしているため雨風による腐食に強く、

屋外環境で約25年を想定した

設計となっています。

※強度試験の様子

 

このように、らくらくメッキフェンスは

DIYのフェンスとして、

 

・大規模な産業用太陽光発電所

・50kw以下の太陽光発電所

・小区画の太陽光発電所

・私有地の太陽光パネル周囲

 

太陽光発電所の防犯DIYフェンスとして、多くの場所に導入されています。

 

防犯用DIYフェンス「らくらくメッキフェンス」

 

ページトップ

※お問合せフォームはこちら>>